2017年12月24日日曜日

ルカによる福音書2:1〜7「冒険する神さま」

女性会のクリスマス会のときに、出席者からアドベントというのはどういう意味なのかという質問がありました。主イエス様をお迎えする教会の時期という趣旨の説明をしましたが、他の出席者が、アドベントは英語のアドベンチャーの語源で、クリスマスというのは神さまの冒険だと聞いたことがあるという話をしてくださいました。確かにその通りです。一人の女性の胎に宿ったことも、その人が妊娠中に人口調査のための旅を余儀なくされたことも、彼らのための宿屋の場所がなかったことも、生まれてすぐに寝かされたのが飼い葉桶であったことも、どれも危険なこと。まさに冒険、アドベンチャーです。ヨッヘン・クレッパーがクリスマスの素晴らしい詩を残しています。(こちらに全文を掲載しています)。詩の紹介にはふさわしくありませんが、要約するとこのようなことになります。「この夜に先だって、あなたは神の子であられた。この夜に先だって、わたしは闇であり、死であり、夜であった。この夜、あなたはわが夜をともに歩む方となられた。この夜、御子によってわたしは神の子とされた。」神の子でいらした方が私たちの夜の闇の中に来てくださった。これこそ神が冒した危険です。クリスマスの夜は飼い葉桶が舞台になっています。宿屋の家畜小屋の飼い葉桶だと言われます。彼らを迎えた主人は、この日、どういう一日を送っていたのでしょうか。人口調査で旅人が多く、ごった返していたことでしょう。主人からしたら、身重の若い夫婦のことなど大して関心がなく、記憶にも残っていなかったかも知れません。何しろ、忙しい一日です。夜半に子どもを産んだ彼らは、主人の目には厄介者に映ったかも知れません。何しろ、忙しい一日でしたから。「忙しい」。私たちの言い訳の常套句です。忙しいというのは、目の前のことで精一杯ということです。生きていくだけ、責任を果たすだけで精一杯。もしかしたら、忙しくしている内に、目の前の雑事をこなすよりも大切なことを見失っているかも知れません。でも、しかたがないのです。もしかしたら、そんな私たちの目の前にも、今日マリアとヨセフが戸を叩きに来ているかも知れません。助けを求めて、場所を必要としているかも知れません。でも、私たちには関心がなくて、そのことに気づいていないのかも知れない。それも仕方ありません。忙しいのですから。例えば、そういうところにも既に私たちの闇が見えてきています。そして、反対に、相手に関心を持つというのはとても危険なことです。余計なお世話かも知れませんし、自分の心は通じないかも知れません。場合によっては逆恨みされるかも知れない。信じた相手に裏切られるかも知れないですし、自分とは関係なかったトラブルに巻き込まれるかも知れません。・・・そう、主イエスはもうそういう危険を全部冒して私たちのところへ来てくださったのです。クレッパーは言っていました。「あの夜、あなたはわが夜を共に歩む者になってくださった」と。わたしがいる暗闇の中、いやむしろわたしが生み出す暗闇の中にキリストが来てくださったのです。今日は洗礼式です。一年間、ご一緒に聖書の学びをしてきました。熱心に、神さまの愛を求めてこられました。Mさんが神さまを求めるに増して、神さまがMさんを求めていてくださいます。クリスマスにキリストにあってMさんを神の子と呼ぶために。飼い葉桶に灯るほのかなあかりに、私たちは照らされています。

コリントの信徒への手紙一2:6-9「世界が始まる前からの計画」

今日の聖書の御言葉を読んで、何人かの主イエスの弟子たちを思い出しました。まず、シモン・ペトロ。マタイによる福音書第 16 章に登場するエピソードです。主イエスが弟子たちに、「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と尋ねた。ペトロは答えます。「あなたはメシア、生ける神の子です。」主...