2018年3月22日木曜日

詩編第113編「主は、あなたと共に」


主はすべての国を超えて高くいます方。恐らく、これは多くの人がキリスト教に対して持っているイメージだ。超越した神。しかし、この詩編は続けて言う。「主は御座を高く置き、なお低く下って天と地をご覧になる。弱いものを塵の中から起こし、乏しい物を芥の中から高く上げ」てくださる。神は高くおられるだけではない。むしろ髙い方だからこそ、誰よりも低くなられる。だからここにもおられる。私のところにさえもいてくださるのだ。

詩編第126編「思いもしない偉大な業」

この詩編はバビロン捕囚からの解放を背景としているのだろう。圧倒的な異国の力に押しつぶされ、解放など考えられもしなかった。しかし「主がシオンの捕らわれ人を連れ帰られると聞いて、私たちは夢を見ている人のようになった。」神の御業は我らの思いを遙かに超...