2018年10月21日日曜日

「今日の福音」のご紹介

*今日10月21日は姉妹教会の成瀬教会との講壇交換のため、「今日の説教」はお休みです。


このブログには掲載していませんが、火曜日から土曜日までの朝8時頃にメールで小説教の配信をしています。交読を希望する方はメールでお申し込みください。サンプルとして、10月19日金曜日に配信したメッセージを掲載します。


ノアは神に従う無垢な人であった。ノアは神と共に歩んだ。(創世記6:9
あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。(マタイによる福音書5:16

ノアは神に従う無垢な人であった、と言います。この「無垢」という言葉は、傷がないとか完全という意味です。神さまに焼き尽くす献げ物としてささげる動物には、傷があってはなりません。そういう「無傷な」動物を現すときにも使われる言葉です。そうすると、自分とは違うノアのような特別に無垢ですばらしい信仰者の話ということになりそうですが、そうではありませんでした。例えば申命記18:13では、「あなたは、あなたの神、主と共にあって全き者でなければならない」と言われています。私たちも、全き者、無垢な者であって欲しいと神さまは命じておられます。主イエスもまた、言われます。「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」光が輝くような立派な行いに生きて欲しいと、主イエスは命じておられる。
こういう言葉を読んで、どうお感じになるでしょうか。怯むような気持ちになったり、土台無理だというような思いになったりすることもあるのではないかと思います。私はそう思い込んでいました。しかし、今朝の主イエスのお言葉を読んで、ハッとしました。主イエスは、私たちにできもしないことを意地悪くおっしゃったり、それで私たちを恥じ入らせようとするような方ではない、と気づいたのです。旧約聖書のイザヤ書にこのような言葉があります。「論じ合おうではないか、と主は言われる。たとえ、お前たちの罪が緋のようでも、雪のように白くなることができる。たとえ、紅のようであっても、羊の毛のようになることができる。」私たちにはそれができなくても、神さまには、私たちを新しくすることもおできになるのです。
「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」そうおっしゃるとき、キリストは、私たちの光をもうすでに与えてくださっています。私たちには輝く光がある。主イエス・キリストの愛の光が、私たちの内に宿っています。私たちの行いを、天の父のすばらしさを証言する証しの言葉として、神さまが用いてくださいます。私たちは、そのことを信じたい。信じて、安心して、今日一日を生きていきたい。そう願います。

詩編第126編「思いもしない偉大な業」

この詩編はバビロン捕囚からの解放を背景としているのだろう。圧倒的な異国の力に押しつぶされ、解放など考えられもしなかった。しかし「主がシオンの捕らわれ人を連れ帰られると聞いて、私たちは夢を見ている人のようになった。」神の御業は我らの思いを遙かに超...