2022年8月18日木曜日

2022年8月18日の聖句

主は正義を愛される。(詩編37:28)
それならば、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。(ルカ20:25)

キリスト教会は誕生してすぐに、迫害の時代に突入しました。使徒言行録にも少し書かれているとおり、教会誕生の数年後には殉教者が生まれました。あるいは福音書の背後にも、書かれた時代の迫害の痕跡を確認することができるし、ヨハネの黙示録の背後にも明らかに迫害の強い影響が見られます。そして、聖書が書かれたのよりももう少し後の時代に更にその手は過酷さを増していき、たくさんのキリスト者たちが信仰のために殺されてきました。
しかし、だからといって歴史のキリスト教会はこの世から退却して、閉鎖的で内にこもった集団にはなりませんでした。(修道院は、迫害から逃れるために閉鎖的になったのではなく、むしろもっと積極的に祈りに打ち込むために自分たちを整えたと捉えた方が良いと思います。)キリストの教会は、この世にあってキリストの福音を証しすること、この世の中でキリストの愛を生きることを大切にしてきたと言ってよいと思います。2000年間の歴史の中には数え切れないほどの過ちや失敗がありますが、それでも、主なる神さまの愛と正義に生きることを志してきました。
「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」とキリストは言われます。これは、皇帝に税金を納めてもよいのか、という質問への答えです。硬貨には皇帝の肖像と銘が刻まれている。それならば、皇帝のものは皇帝に返せばいい。ただ、神を信じる者はそこにもっと根本的な基準をもっている。すなわち、神のものは神に返す。私たちは神に似たものとしてつくられたのであって、私たちには神の肖像と銘が刻まれている。神のものは神に返しなさい。私たちは自分自身を神のものとして神に返し、皇帝の正義ではなく、神の愛する正義に従おうと言われるのです。
私たちは、この世で、神に従います。他の場所、別の世界ではなく、この世界で。ここで、神の正義に従う者として生きる道に、私たちは送り出されています。

2022年8月17日水曜日

2022年8月17日の聖句

主を畏れ、主に心から忠実に仕えなさい。というのも、ご覧なさい、どんなに大きな事を主はあなた方にしてくださったことか。(サムエル上12:24)
あなたたちはすべきことに怠惰であってはなりません。霊に燃えてください。主に仕えなさい。(ローマ12:11)

霊に燃えてください。聖書はそのように私たちに告げます。霊に燃えるというのは、「熱心さ」以上のことです。「集中する」とか、「心を込める」以上のことです。霊に燃える。霊は、神さまが人間をお造りになったときに吹き入れた命の息そのものです。復活したキリストが、聖霊を受けなさいと言って吹きかけた息です。神が与えてくださる息吹に、私たちは燃やされる。私たちの内面から湧き上がってくるどのような感情よりも確かで、熱く、消えることのない炎です。
霊に燃えてください。キリストが、私たちのうちに燃やしてくださる炎です。その火を私たちは自分で消してはならない。私たちの神さまを求める思いや、人生を問う疑問や、「なぜ」という問い、それらもすべて神の霊が私たちのうちで燃やす火です。私たちに神を求める思いを心の中で燃やしているのです。それを押しとどめてはいけないのです。
「主に仕えなさい」と、今日の旧約聖書の御言葉も新約聖書の御言葉も口をそろえます。主に仕えるとは、主を礼拝することです。主がしてくださった一つひとつの御業を思い起こし、この方を礼拝し、賛美する。そうやって私たちは主に仕えます。私たちのうちにともしてくださった霊の火に燃やされるままに、私たちは主への愛を献げ、主に仕える。今日もそのような一日でありますように。

2022年8月16日火曜日

2022年8月16日の聖句

私たちは来たるべき世代に、主の栄光と主がなさた力強い不思議とを告げよう。(詩編78:4)
また、明かりをともして升の下に置いたりはしません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいるすべての人を照らします。(マタイ5:15)

ボタン一つで明るくなる懐中電灯の話ではありません。2000年前にどうやって灯の火を点けていたのか、火打ち石か何かだったのか寡聞にして知りませんが、いずれにしても起こすのものたいへんだったに違いない貴重な明かりです。燭台に載せて家を照らすべき光です。その光をわざわざ陰に隠して部屋を暗くするような人は一人もいない。当然のことです。明かりは、照らすためにある。
それと同じように、福音は宣べ伝えられるために私たちの間にあります。「私たちは来たるべき世代に、主の栄光と主がなさった力強い不思議とを告げよう。」主の栄光と主のなさった力強い不思議。それは今ここにいる私たちも分かち合うし、それだけではなく後の世代にも告げ広められなければなりません。それが必然的であり、それが自然なことだ、と聖書は言います。灯に明かりを点けたら燭台にのせるのと同じように。
福音は私たちを照らす、世の光です。主イエス・キリストの愛が私たちを明るくします。この光を掲げるために、私たちも、それぞれの持ち場へと神さまから遣わされているのです。

2022年8月15日月曜日

2022年8月15日の聖句

義しいものの小屋で喜びをもって勝利が歌われる。「主の右の手は挙げられた。主の正しさは勝利を得た。」(詩編118:15,16)
私の魂は主を称え、私の霊は神、私の救い主を喜びます。(ルカ1:46~47)

今日の新約聖書の御言葉は、主イエスさまを胎に宿した母マリアの賛歌です。「私の魂は主を称え、私の霊は神、私の救い主を喜びます。」マリアは、この世界でただひとり、神の子を胎に宿すという恵みの経験をしました。たった一人の特別な存在。しかし、私たちも信仰においてマリアと共にいます。主イエスさまは私たちの間にも聖霊によって宿っていてくださる。私たちはそう信じています。ですから、私たちもマリアと共に神さまを賛美します。「私の魂は主を称え、私の霊は神、私の救い主を喜びます。」
そのような賛美の言葉として、今日は詩編の一節が与えられています。「義しいものの小屋で喜びをもって勝利が歌われる。『主の右の手は挙げられた。主の正しさは勝利を得た。』」これは、勝利の歌です。私たちが主をほめたたえる賛美の歌は、主の勝利を喜ぶ歌。主の勝利とは何か。それは、私たちの罪に打ち勝って私たちを救うキリストの歌です。私たちは歌いつつ主イエスさまをほめたたえ、歌いつつ神を礼拝し、この新しい一日の歩みを織りなしていくのです。
主イエス・キリストの恵みと平和が、今日もありますように!

2022年8月13日土曜日

2022年8月14日の聖句

わたしをお引き留めにならないでください。主がわたしの旅に、祝福をくださったのですから。(創世記24:56)
道を進んでいくうちに、水のある場所に来たので、宦官は言った。「見てください。水があります。私がバプテスマを受けるのに、何か妨げがあるでしょうか。」(使徒8:36)

妨げは、ないのです。私たちのために御子をさえ惜しまずに与えてくださった方の愛を押しとどめる妨げは、どこにも、一つもないのです。私たちの目には「絶対」と映るような妨げがあるかも知れません。しかし、この世にあるどのようなものよりも神の愛は強いのです。神の愛を、神の祝福を留めるものは何一つない。今日も、そしてこの一週間も、主イエス・キリストにある新しい命の恵みに生きていかれますように。祝福を祈っています。

2022年8月13日の聖句

主の僕は言った:打とうとする者には背中を差し出し、ひげを抜こうとする者には頬を差し出した。辱めと唾から私は顔を隠さなかった。(イザヤ50:6)
見よ、これが世の罪を担う神の小羊です。(ヨハネ1:29)

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊です。」これは、洗礼者ヨハネが主イエスを指さして言った言葉です。主イエス・キリスト。この方こそ、世の罪、私たちの罪を取り除く神の小羊。旧約聖書を読むと、罪の赦しの祭儀をするために、小羊が屠られ、血を流されると書かれています。主イエスさまが神さまの御前に小羊として血を流し、私たちの罪を負う犠牲になってくださいました。聖書は、このお方の血によってでしか、私たちの罪はゆるされなかったと訴えます。
「打とうとする者には背中を差し出し、ひげを抜こうとする者には頬を差し出した。恥ずかし目と唾から私は顔を隠さなかった。」主の僕は、打とうとする者にその背中を差し出し、ひげを抜こうとする者にその方を任せ、辱めと唾を甘んじて受けます。そうやってご自分を差し出す方によってでしか、私たちが救われることがないからです。
イザヤ書が伝える主の僕は、洗礼者ヨハネが指さす神の小羊、主イエス・キリストのことです。傷つけられ、辱めを受け、血を流す救い主によってでないと、私たちは救われない。それは、神さまが私たちに与えてくださった救いが、罪の赦しの救いだからです。私たちのために犠牲になり、罪を代わりに負ってくださる方でなければ、私たちを罪から救うことができないのです。
キリストがいてくださるので、私たちは神さまに向かって顔を上げることができます。キリストが血を流してくださったので、私たちは神さまとの間にも隣人との間にも平和を得ています。キリストが小羊になってくださったので、私たちは死を恐れずに済みます。キリストが私たちのための犠牲になってくださったので、私たちは孤独ではないのです。
今日も、主イエス・キリストの恵みと平和があなたにありますように。心から、キリストの祝福を祈っています。

2022年8月12日金曜日

2022年8月12日の聖句

主は抑圧されている者たちに「法」をもたらし
飢えているものに食事を与える。(詩編146:7)
それから七つのパンを取り、感謝の祈りをささげてからそれを裂き、配るようにと弟子たちにお与えになった。弟子たちはそれを群衆に配った。(マルコ8:6)

主は抑圧されている者たちに法をもたらす、と書かれています。この「法」と翻訳された言葉は「ミシュパート」という単語です。とても大切な言葉で、裁きや正義などの意味があります。抑圧されているもののために、主ご自身が裁きを行い、正義を貫いてくださる。この言葉を読むと、抑圧されているものをそのままに放っておくことは主の正義にもとるという強い思いを感じます。
現代社会の「法」は、必ずしも抑圧されているものを自由にするために働くとは限りません。むしろ、多数者に都合の好いようにできていることが多い。少数者や弱者の権利を守る場面ももちろんあるのでしょうが、そうではない現実が幅をきかせているのではないでしょうか。少し前に大問題になった入管行政のことも、その一つだと思います。しかしそれでいいのか、と聖書は私たちに問うているのです。
抑圧されているものと並んでここで指摘されているのは、飢えている者たちです。この人たちのために、主なる神さまは食事を与えてくださる。主イエス御自身がそのことを大切になさいました。「それから七つのパンを取り、感謝の祈りをささげてからそれを裂き、配るようにと弟子たちにお与えになった。弟子たちはそれを群衆に配った。」この出来事は、どういう場所で起こったのか?少し前を見ると「イエスはティルス地方を去り、シドンを経てデカポリス地方を通り抜け、ガリラヤ湖に来られた」と書いてあります。聖書の後ろに地図があるので確かめてみると、イスラエルの北の外れからヨルダン川の向こう側のかなり広い地域を歩いておられたことが分かる。そして、それらはどこも異邦人の地です。恐らく、七つのパンを分けた奇跡は異邦の地でなされました。主イエスは飢えた異邦人をご覧になって、憐れみに心を動かされて彼らを養ったのです。
この憐れみや愛の御心こそが、主イエスさまのミシュパート、正義であり裁きであり、法です。主イエス・キリストのこの御心が私たちを今日も生かすし、私たちの進むべき道を照らしているのです。

2022年8月18日の聖句

主は正義を愛される。(詩編37:28) それならば、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。(ルカ20:25) キリスト教会は誕生してすぐに、迫害の時代に突入しました。使徒言行録にも少し書かれているとおり、教会誕生の数年後には殉教者が生まれました。あるいは福音書の背後にも、...