2019年12月7日土曜日

2019年12月7日(ホセア書13〜14)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録7、ホセア書13~14

ホセア書13~14;
イスラエルよ、立ち帰れ。あなたの神、主のもとへ。あなたは自分の罪につまずいた。あなたがたは言葉を用意し、主に立ち帰って、言え。「どうぞ罪をすべて赦し、良いものを受け取ってください。私たちは唇の実を献げます。アッシリアは我々の救いとはなりません。我々はもはや、馬には乗りません。自らの手の業にすぎないものを私たちの神だとは二度と言いません。ただあなたによってこそみなしごは憐れみを受けるのです」(14:2~4)。
教会は、罪の悔い改めを大切にしてきました。主イエス様の御前にあって、十字架の主の御許で、罪を悔い改める祈りを重んじ、信仰生活の一つの中心にあると考えてきました。今朝の御言葉は、悔い改めとは何を祈ることなのかを、私たちに教えています。
「アッシリアは我々の救いとはなりません。我々はもはや、馬には乗りません。」もちろん、乗馬は罪だと言っているわけではありません。軍馬ではなく、アッシリアとの軍事同盟でもなく、神を頼みとして生きていきます、という意味です。私たちが頼みとしているのは、神様でしょうか。ほかの何者かでしょうか。神以外の何かに頼っているのなら、実際のところ、その頼っているものが神ということになります。
悔い改めは、もちろん倫理的・道徳的に間違った行いを改めるということでもありますが、それ以上に、神様から離れていたことを認め、神のみもとに立ち返ることを意味します。
「自分の業にすぎないもの」を、私たちはまるで神であるかのように崇めてはいないか。まことの神を、神としてあがめ、この方だけに祈っているかと、聖書は私たちに問います。なぜなら、このお方の御許にこそ、私たちへの憐れみがあるからです。みなしごのような私たちを、神は憐れみ抜いてくださいます。
「私は、背いた彼らを癒やし、喜んで愛する。私の怒りは彼らから離れる」(5節)。このホセア書は、最後に、このような神の憐れみに満ちた愛を語りながら、どうかそれに躓かないでほしい、神の御許に帰って来てほしいと私たちに呼びかけています。神の愛は、ご自分を裏切る不貞を犯す不逞な者への愛です。ご自分に心から立ち帰る者を、神は決して捨てることがありません。絶対にありません。だから、私たちは神の御許へ帰るために、今日この土曜日を備えの日として神に献げましょう。

2019年12月6日金曜日

2019年12月6日(ホセア書11〜12)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録6、ホセア書11~12

ホセア書11~12;
「まだ幼かったイスラエルを私は愛した。私はエジプトから私の子らを呼び出した。しかし、私が彼らを呼んだのに、彼らは私から去って行き、バアルにいけにえを献げ、偶像に香をたいた」(11:1~2)。「エフライムよ、どうしてあなたを引き渡すことができようか。イスラエルよ、どうしてあなたを明け渡すことができようか。どうしてアドマのようにあなたを引き渡し、ツェボイムのように扱うことができようか。私の心は激しく揺さぶられ、憐れみで胸が熱くなる。私はもはや怒りを燃やさず、再びエフライムを滅ぼすことはない。私は神であって、人ではない。あなたのただ中にあって聖なる者。怒りをもって臨むことはない」(8~9節)。
ホセア書は、裏切る者への悲痛な愛を叫ぶ、神の叫び声です。心を激しく揺さぶられ、憐れみで胸を熱くしながら、ご自分を何度も何度も裏切り、その愛を蔑ろにする者を、なお求めてくださいます。それでもなお、ご自身の身も心も痛めながら、愛し抜いてくださるのです。
私たちはそのような神様の御心など知るよしもなく、軽んじます。侮ります。ホセアが伝える神の愛の訴えは、それを聞けば聞くほど、その熱さに胸を焦がされれば焦がされるほど、この方の愛を裏切る自分の罪深さを痛感せずにはおられないのです。
「あなたはあなたの神に立ち帰れ。慈しみと公正を重んじ、絶えずあなたの神を待ち望め。証人は偽りの秤を手にして、だまし取ろうとする。エフライムは言う。『私は確かに豊かになり、富を得た。この私の労苦の実りすべてが罪から出た悪だとは誰も気づくまい』」(12:7~9)。
神を信じ、この愛に生きることと、この社会の中で正義をもって生きることとは、別々のことではありません。世界は稼いだ者が勝ちということになっていますが、私たちには、ご自身の愛と存在とをかけて「慈しみと公正を重んじよ」と訴えかける方がおられるのです。

2019年12月5日木曜日

箴言11:12~22「心をねじ曲げるもの」


「心の曲がった者を主はいとい、完全な道を歩む人を喜ばれる。」私の心はどうして曲がってしまうのだろう。18節には「神に逆らう者の得る収入は欺き。事前を蒔く人の収穫は真実」とある。お金はなければ生きられないし、手に余れば心をねじ曲げる。とかくやっかいだ。そこに光を与えるのが、主の祈りではないだろうか。「我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。」一生分の糧ではない。その日その日に必要な分を、主よ、お与えください!

2019年12月5日(ホセア書9〜10)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録5、ホセア書9~10

ホセア書9~10;
イスラエルよ、喜び祝うな。もろもろの民のように喜び踊るな。あなたは自分の神を離れて淫行にふけり、どこの麦打ち場でも淫行の報酬をほしがる。だが、麦打ち場はもちろん、搾り場でさえ、彼らの糧は得られない。新しいぶどう酒はイスラエルを裏切る。(9:1~2)
恐らく、収穫の祝い、収穫の祭のことを言っているのであろうと思います。一年の労働の成果が出た日、しかも来年まで命をつなぐことができるという喜びの日でもある。喜び祝い、踊って楽しむのは、ある意味当然でしょう。しかし、それをしてはならないと神様は言われます。なぜなら、この収穫の祝い、日を照らし雨を降らせてくださった主なる神様への感謝の祭であるはずのものが、神ならぬものを崇める乱痴気騒ぎになっているからだ、というのです。
今、本当に必要なのは、神の前に頭を垂れて悔い改め、ただ神を信じ、自分たちの生き方を改めることなのではないでしょうか。
私たちの世界を支配している小さな神々が、やはりたくさんいます。成果主義とか勝ち負けとか呼ばれることもあります。寄るべき大樹であったり、出すぎた杭にならないようにと言う同調圧力であったり。時には鏡に映る自分が自分の小さな神になることだってあるのではないでしょうか。
預言者ホセアは、本当に真剣に、神に立ち帰れと言い続けた人です。厳しい裁きを語りました。「ベテルよ、あなたの甚だしい悪のゆえに、同じことがあなたがたにも起こる。夜明けとともに、イスラエルの王は必ず絶たれる」(10:15)。裁きがこんなにも厳しく宣告されるのは、なんとかして破滅に突き進んでいくのを食い止めようという決死の思いの現れです。「あなたがたは正義のために進んで種を蒔き、慈しみ実を刈り入れよ。新しい土地を耕せ。主を求める時が来た。主はやがて来られ、あなたがたを義で潤す」(12節)。私たちを正義と、神の慈しみの道へと連れ戻そうとする、神様の必死の呼びかけです。

2019年12月4日水曜日

2019年12月4日(ホセア書7〜8)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録4、ホセア書7~8

ホセア書7~8;
エフライムは罪の贖いをするために祭壇を増やしたが、それは罪の祭壇となった。私は彼のために多くの教えを書き示したが、無縁なものと見なされた。彼らは私の贈り物をいけにえとして献げるが、肉を食べるのは彼らであって、主はそれを喜ばれない。(8:11~13)
ホセアの時代、王国はすでに危機的状況にありました。人々の心は主なる神様らから離れ、その代わりになる何か他のものを大事にしていました。神様は目に見えないので、最初はそれでうまくいっているように見えます。しかし、造られたものとして決定的な事柄を蔑ろにすれば、当然のごとく、人々はすさみます。生ける命の水の源を捨てたからです。危機感を覚えた人は、礼拝をしようと言い出したのでしょう。ところが、結局は、その礼拝は自分たちの腹を満たすための手段に堕していました。神様に聞き従うことではなく、形ばかりの儀式でよしとするなら、その祈りや礼拝は、神様から御覧になれば目を覆いたくなるようものだということなのでしょう。
「イスラエルはその造り主を忘れ、宮殿を建て連ねた」(14節)。神様を捨てて、自分たちの生活の聞きを見た目だけ修復しようとしても、うまくはいきません。崩壊した土台の上には堅固な建物は建たないのです。
「私がイスラエルを癒やそうとすると、エフライムの罪と、サマリアの悪事が現れる」(7:1)と言われているとおり、神様の前に、私たちは本当に、どこまでも罪深いものです。神様の愛の語りかけをどれほど無視してきたことか。このアドベントの時期に、このようにして預言者ホセアの言葉を頂いたことは、ありがたいことです。神様を裏切る続ける私のために、主イエス・キリストが来てくださったのです。

2019年12月3日火曜日

2019年12月3日(ホセア書5〜6)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録3、ホセア書5~6

ホセア書5~6;
さあ、我々は主のもとに帰ろう。主は我々を引き裂いたが、癒やし、我々を打たれたが、包んでくださる。主は二日の後に我々を生き返らせ、三日目に起き上がらせてくださる。我々は主の前に生きる。我々は知ろう。主を知ることを切に求めよう。主は曙の光のように必ず現れ、雨のように我々を訪れる。地を潤す春の雨のように。(6:1~3)
ここだけを読むと、とても慰め深い悔い改めの言葉のように思います。しかし、文脈をよく読んでみると、残念ながらそういう言葉ではないようです。神様は上記の民の「悔い改め」にこのように答えておられます。
あなたがたの慈しみは朝の霧、はかなく消える露のようだ。・・・私が喜ぶのは慈しみであって、いけにえではない。神を知ることであって、焼き尽くすいけにえではない。(4,6節)
民の悔い改めは朝の霧のようにはかなく消えていく、と言います。ちょうど、姦淫の女を迎え入れて夫婦となり、慈しみ、しかしまた裏切られた預言者ホセアの悲しみと重なる悲しみを、神は覚えておられる。きっと、人々は冒頭の悔い改めの言葉を唱えながら、いけにえを献げ、焼き尽くすささげ物を神の前に供えたのでしょう。しかし、神が求めておられるのはそのような形ばかり、その場限りの空しい「悔い改め」ではない。慈しみを、神を知ることを、神は求めておられます。それは、私たちの真心を求めてくださる神の慈しみの現れなのではないでしょうか。
どうして、自分はこうも神様を裏切り続けてしまうのだろうと思わずにはおれません。それについて、神様は「彼らの行いが彼らの神に立ち帰ることを許さない」(5:4)と指摘しています。私たちの普段の習慣が心の習慣となり、私たちが自分の生き方を神に向けることを許そうとしないのです。「私は、自分の内には、つまり私の肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はあっても、実際には行わないからです。私は自分の望む善は行わず、望まない悪を行っています。・・・私はなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、誰が私を救ってくれるでしょうか。私たちの主イエス・キリストを通して神に感謝します」(ローマの信徒への手紙7:18,19,24,25)。この罪に囚われた私を救ってくださるのは、ただ、イエス・キリスト。このお方だけなのです。だから、私たちの主イエス・キリストを通して、神に感謝します!

2019年12月2日月曜日

2019年12月2日(ホセア書3〜4)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録2、ホセア書3~4

ホセア書3~4;
主は再び、私に言われた。「行って、ほかの男に愛され、姦淫を繰り返す女を愛せよ」。(3:1)
再び、と書かれています。ゴメルは最初から姦淫の女でしたが、ホセアの妻になって生き方を改めたわけではありませんでした。この二人の間には子どももいます。二人います。ホセアは彼女を受け入れ、愛した。しかし、ゴメルは夫を裏切りました。そして、それが、私たちと神様との関係だと聖書は言います。
それでも、神様は、ホセアが再びゴメルのところへ行って彼女を愛するように、何度も繰り返してご自分を裏切る者たちのことを愛していてくださる。「これは、イスラエルの子らが他の神々のもとに赴き、干しぶどうの菓子を愛するのに、主がなおも彼らを愛しているからである」(1節後半)。何度も、何度も、裏切られてもそのたびに、神はわたしたちを愛し続けてくださいました。そのたびに、神はわたしたちに言われます。その言葉をホセアの夫としての姿に託して私たちに伝えています。「あなたは長く私のもとで過ごし、淫行をせず、ほかの男のものになってはならない。私もまた、あなたに同じようにしよう」(3節)。神様は一途な愛を向けていてくださいます。その心を、私たちの一体誰が知るのでしょうか。
偶像礼拝というのは、何も刻んだ像を拝むこととは限りません。「彼らは増えるにつれ、私に罪を犯すようになった」(4:7)と言われているとおり、自分たちの力や数、目に見える確かさを頼みとすることも偶像礼拝ではないでしょうか。神様は、ご自分の愛に私たちが立ち帰ることをいつでも待っていてくださいます。私たちが知っている夫の愛や妻の愛は、大したものではないかも知れません。ホセア書は夫婦の関係になぞらえて、私たちと神様との関係を語っています。私たちが知っている夫婦の愛の小ささを理由にして、神様の愛を小さく見積もってしまうということも逆にあるかも知れません。しかし、神様の愛の広さ、深さ、高さ、長さは、私たちの思いを超えています。果てしなく広く、深く、高く、長い愛をもって、神はわたしたちを愛し抜いてくださいます。私たちは偶像の元に帰るのでしょうか。それとも、愛の神のもとに帰るのでしょうか。神は、私たちを招いてくださっています。

2019年12月7日(ホセア書13〜14)

今日の通読箇所:ヨハネの黙示録7、ホセア書13~14 ホセア書13~14; イスラエルよ、立ち帰れ。あなたの神、主のもとへ。あなたは自分の罪につまずいた。あなたがたは言葉を用意し、主に立ち帰って、言え。「どうぞ罪をすべて赦し、良いものを受け取ってください。私たちは唇の実を...