2021年1月23日土曜日

2021年1月23日(詩編27)

詩編27
私が主に願った一つのこと
私はそれを求めよう。
命のあるかぎり主の家に住み
主の麗しさにまみえ
主の宮で尋ね求めることを。(4節)

詩編の中にはたくさんの麗しい言葉、美しい言葉があります。その中でも特に輝いているのが、この言葉であると思います。主の家に住み、主の麗しさにまみえ、主を求める。それこそが私のただ一つの願い。私たちも、この詩編に心を合わせて願い求めたいと思います。そうすれば、私たちの心も麗しくなるのではないでしょうか。
この詩編は「主はわが光、わが救い」と言っています。だから「私は誰を恐れよう」。なぜなら「主はわが命の砦」だから。誰に対してもおののくことがない、と宣言します。裏を返せば、今現に恐れおののくような現実に直面していたということでもあります。「悪をなす者が私の肉を食らおうと近づく」のです。自分を食い物にしようとする世間はまことに厳しい。しかし「私の信頼は揺るがない」。
こういう文脈で「命のあるかぎり主の家に住み」たいと願っている。うっかり「主の家に住む」というのは厳しい世間の現実から逃げることだと勘違いしないようにしたいと思います。しかし、この詩編の信仰は現実逃避の考え方とは違うと思います。「災いの日に、主は私を仮庵に隠し」と言っています。仮庵というのは、出エジプトをしたイスラエルの人々が40年間の荒れ野での旅の時に生活をしたテントのことです。仮庵というのは現実逃避どころか、荒れ野という本当に厳しい厳しい旅のための住まいです。神が準備してくださる住まいは、荒れ野の旅を生きぬくための住まいです。
私たちは毎週日曜日に神さまの御前にでて、神さまを礼拝しています。神さまに遣わされた場所で、神さまに与えられた使命を果たすために、私たちは神の家に帰って神さまを礼拝する。これが私たちの仮庵です。神の家は、荒れ野のど真ん中にあります。神を礼拝するとき、私たちは知ることになります。この方は私のことを決して見捨てず、見放すこともない、と。例えわが父、わが母が私を捨てるときにも、神が私を捨てることは絶対にないのだ、と。だから、今どんな敵に囲まれていようとも、恐れるべき者は何一つない。この荒れ野の旅は神が共にいてくださる旅だから。
私たちのために独り子を下さった神の愛の麗しさを礼拝する。それが神の家の営みです。

2021年1月22日金曜日

2021年1月22日(詩編26)

詩編26
主よ、私を調べ、試してください。
私の思いと心を確かめてください。(2節)
私は空しい者と共に座らず
欺く者と共に進まず
悪をなす者の集いを憎み
悪しき者と共に座りませんでした。(4~5節)
主よ、私はあなたの住む家を
あなたの栄光の宿る所を慕います。(8節)

1節では「主よ、私を裁いてください」と言っています。私を調べ、試し、私の思いと心を確かめてください。そのように神さまに願い出ています。どのような意味での裁きを求めているのかと言えば、自分が誰と共に生きてきたのか、誰を頼りに生きてきたのかを調べてください、と言っています。
すなわち、自分は空しい者、欺く者、悪をなす者、悪しき者と共に生きてくることはなかった。むしろ神の家に生きてきたし、神の栄光を求めて生きてきた。その点を確かめてください、と祈っています。
この詩編は、読むととても厳しい気持ちになると思いました。神さまと共に生きるのか、空しい者と共に生きるのか、どちらか一つだと言っています。どちらにもいい顔をすることはできない。それがこの詩編のスタンスだと思います。そうは言っても八方美人な方が楽です。しかし、この詩編の言葉は、一度よく耳を傾けて聞かなければならない言葉なのだと思います。私たちは神を愛するのか、神に逆らう者を愛するのか、どちらなのでしょうか。

私は全き道を歩みます。
私を贖い、憐れんでください。(11節)

「私は全き道を歩みます」と言っていますが、ここでは「他の人はどうあれ私は」といったニュアンスで、「私は」を強調した書き方になっています。そういうことができたのは、神が私を贖ってくださったこと、憐れんでくださったことを知っているからです。だからこそ、贖い、憐れんでくださいと祈ることができる。
私たちは独善的になって気にくわない人を遠ざけるのではなく、ただ神の憐れみへ帰り、神の御許に私の生きることのできる場所があることを深く知りたいと願います。私たちを生かす神の憐れみへの道は、私たちの前に開かれています。

2021年1月21日木曜日

2021年1月21日(詩編25)

詩編25
主を畏れる人とは誰か。
主はその人に選ぶべき道を示す。(12節)

私はこの詩編第25編12節が若い頃からとても好きでした。今も、これを読むと胸が熱くなる思いがします。ただ、今回この詩編を読み、12節だけではなく詩編全体の中の12節として読むことがとても大事なのだな、と思いました。
この詩編では、例えば4節に「主よ、私にあなたの道を知らせ、行く道を教えてください」とあり、8節にも「主は恵み深く、正しい。それゆえに、罪人に道を示す」とありますので、この詩編にとって「道」というのがとても大切な事柄であることは間違いありません。それと共にこの詩編で繰り返されているのは、今の8節にも書かれていた罪に関わる事柄です。7節「私の若き日の罪や背きを思い起こさず・・・」、11節「私の過ち」、18節「私の罪のすべてを」。
この詩編は17節で「心の苦悩から解き放ち、苦難から私を引き出してください」とあり、苦悩や苦難の中にいる人の祈りの言葉であることが分かります。2節を見ると敵が出て来るので、人間関係でとても辛い目に遭っていたということであるのかもしれませんが、恐らくその根本的な問題は自分自身の罪や過ちだったのだと思います。だから、そのような私の罪を赦し、あるいはそれを思い起こさないでください、と祈っているのではないでしょうか。
これは私たちにもよく分かることです。表面的には他人に問題があるように見えて、実は自分の罪や過ちが問題を生み出したり複雑にしたりしてしまっている。それが私たちの現実なのではないでしょうか。
「主を畏れる人は誰か。主はその人に選ぶべき道を示す。」主を畏れる人というのは、自分の罪を悔い、神に赦しを求め、敵として自分の前に立つ者との間に神に立って頂くことを乞う者ではないでしょうか。主は、主を畏れる者に選ぶべき道を示してくださいます。私たちが今日生きるための道を、神は示してくださいます。

2021年1月20日水曜日

2021年1月20日(詩編24)

詩編24
門よ、頭を上げよ。
とこしえの扉よ、上がれ。
栄光の王が入る。
栄光の王とは誰か。
強く勇ましい主。
戦いの勇敢なる主。(7~8節)

さがみ野教会の週報の週間予定表では、土曜日のところに「主日の準備」と書いてあります。私はこの書き方を、渋沢教会で神学生として研修したときに浜崎孝先生から学びました。主日の準備。それは、牧師が説教の準備をしたり会堂を整えたり、という意味ではありません。いや、それも含みます。しかしそれだけではないのです。礼拝者一人ひとりの、主の日に向けた準備です。例えば、土曜日は夜更かしをしない、そのために一日のスケジュールを整えるというのも一つの準備だと思います。
この詩編では「門よ、頭を上げよ」と呼びかけていました。栄光の王が来るからです。強く勇ましい、主なる神様が来られるから。それに備えて門は頭を上げ、扉は上がるべきだ、と言います。この方は「地とそこに満ちるもの」を造り、「大海の上に地の基を築き、大河の上に世界を据えた」方です。この世界の造り主、支配者が私たちのところへ来てくださる。そのための準備をしよう、と呼びかけています。
私たちは、主なる神様をお迎えするために、どのような準備をするのでしょうか。大切なお客様を迎えるためには、家を掃除したりきれいな服を着たりします。主をお迎えするために、私たちはどうやって準備しているのでしょうか。
この世界を造ったのは神さまですから、この世界に神さまの手が届かない場所、神さまのものではないところはありません。そういう意味では、神さまはお迎えする前から私たちのところにおられると言うべきなのかもしれません。ただそうであっても、あるいはそうであるからこそ、主と出会うための準備をするということは尊く、大切な営みなのではないでしょうか。そして、主と出会う準備をするのは土曜日だけではありません。私たちの毎日の営みが、主と出会うための準備です。私たちは門として頭を上げ、扉として上がり、主をお迎えします。私たちの王であり、造り主である方が私たちのところへ来てくださっているからです。

2021年1月19日火曜日

2021年1月19日(詩編23)

詩編23
主は私の羊飼い。
私は乏しいことがない。
主は私を緑の野に伏させ
憩いの汀に伴われる。(1~2節)

主は私の羊飼い。私たちにとってこの言葉はどれほど大きな慰めでしょう。主は、ただの羊飼いではありません。私の羊飼いです。私を緑の野に伏させてくださり、私を憩いの汀に伴ってくださいます。主イエスの声がここに響いています。「私は良い羊飼いである。私は自分の羊を知っており、羊も私を知っている。・・・私は羊のために命を捨てる」(ヨハネ10:14,15b)。
この「緑の野」というのは、青々とした大草原ではなく、荒れ野に僅かに残る草地を意味するそうです。そうだとすれば、憩いの汀も渇いた地の小さな水場のことなのでしょう。この詩編は安全で豊かな場所の牧歌的な風景を描いたものではなく渇いた荒れ野で、しかしそれでも主ご自身が私の羊飼いとして私を守り、養ってくださることへの信頼の祈りです。

たとえ死の陰の谷を歩むとも
私は災いを恐れない。
あなたは私と共におられ
あなたの鞭と杖が私を慰める。(4節)

この詩編は4節から少し変わります。神さまを現す人称が、1から3節までは三人称です。英語に直して代名詞で言い表すならHeです。しかし、4節はそうではない。「あなたは私と共におられ」る。二人称、つまり「あなた」です。私と共にいてくださるのはHeではなく、あなたです。「あなた」とお呼びすることのできる方が私と共にいてくださる。だから、そこが例えそこが死の陰の谷であったとしても災いを恐れることがない。私を苦しめる者の前であっても、「あなた」が食卓を整えてくださるのですから。私たちのために命を捨ててくださった羊飼い、主イエスさまが今日も私たちを養ってくださるのです。

2021年1月18日月曜日

2021年1月18日(詩編22)

詩編22
すると、あなたは私に答えてくださった。(22節)

詩編第22編。この詩編ほどの深い嘆きは他にないのではないでしょうか。「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのか。私の嘆願の言葉は救いから遠い。」神に見捨てられた。祈りも願いも、神に届いていない。そう言わざるを得ない。どんなに祈っても叫んでもいっこうに答えがない。それでも、黙るわけにはいかない。
人々は私を嘲り、蔑む。「私は虫けら、人とは言えない」とまで言います。何よりも辛いのは、自分が信じる神を引き合いに出して罵ることだったのだと思います。人々が言うのです。「主に任せて救ってもらうがよい。主が助けだしてくれるだろう。主のお気に入りなのだから」と。これまで自分の信仰の先輩たちは神に救われ、助けられて生きてきた。聖書にはそういう出来事がたくさん書いてある。あるいは、自分自身のこれまでの人生を振り返っても、神のご配慮はたくさんあった。「まさにあなたこそ、私を胎から取り出した方、母の乳房に預けた方。母が身ごもったときから私はあなたに託されていた。母の胎にいたときから、あなたは私の神。」私は生まれる前から神の御手の中にいた。
しかし、今の私の現実は違うのです。神さまは今は自分のことは助けてくれないし、救ってもくれない。信じていることと現実とのギャップが、苦しみを一層大きくしているのです。
私たちにとって詩編22は主イエス・キリストが十字架の上で叫ばれた詩編です。「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのか」という叫びは、何よりも先ず主イエスご自身の叫びとして私たちは知っています。神に捨てられる絶望、信じていることと現実とのギャップ、神さまがまったく見えない現実。キリストは神に捨てられた現実を誰よりも深く知り、神に捨てられた者として陰府に降って行かれたのです。
この詩編は23節からまったく違う彩りをもつ詩編に代わります。「私は兄弟たちにあなたの名を語り伝え、集会の中であなたを賛美しよう」と言っている。その転換点は前半部の最後の言葉にあります。「すると、あなたは私に答えてくださった。」前半の深い絶望の祈りの言葉の最後の最後に「あなたは私に答えてくださった」とある。しかし、実際に何が起きたのか、どう答えてくださったのかは書かれていません。もしかしたら、目の前の現実は何も変わっていなかったのかもしれません。しかしそれでも、神が私に答えてくださること、この祈りがちゃんと神さまの御前に届いていることを、この信仰者は確信したのではないでしょうか。私たちもそのことを信じることができる。それは、キリストがこの詩編の叫びを誰よりも深く味わって十字架の上で死に、陰府に降り、復活したからです。神さまの答えは、ちゃんとあるのです。キリストが私の代わりに神に捨てられた。だから、あなたが神に捨てられることは、ありえないのです。

2021年1月17日日曜日

2021年1月16日(詩編21)

詩編21
主よ、力に満ちて、高くいませ。
私たちはあなたの力強い業を歌い
ほめ歌を歌おう。(14節)

今日は日曜日。主の日です。私たちはこの日を神さまの御前で聖別し、礼拝のために神さまに献げます。今は自身の体調や家族や職場などさまざまな人々に配慮しながら、教会堂で礼拝を献げるのか、自宅で礼拝を献げるのか、選ばなくてはならない状況が続いています。例えどこであっても、あるいはどのようなかたちであっても、礼拝は礼拝です。私たちが主イエスさまの御前に膝をかがめてこの方を崇め、賛美し、祈りを捧げ、御言葉を聞く。その営みに何らの変更もありません。
この詩編は、最後で「ほめ歌を歌おう」と言います。神さまへの賛美の歌を歌います、と言います。今日、私たちもそれぞれの場所で神さまにほめ歌を献げましょう。教会堂であれば、今は大声を上げることは差し控えねば成りません。少し小さな声で、しかし、心を込めて。ご自宅で礼拝を献げているのであれば、大きな声で歌えるのか、あるいは周囲に遠慮せねばならないか、それぞれの状況によって違います。いずれにしても、歌詞を噛みしめ、心からの賛美の思いを神さまに献げたいと思います。
そこで私たちが思い起こすのは、主の力です。「私たちはあなたの力強い業を歌い」と言っているとおり、力強い主の御業を思い起こします。この詩編は王に誉れを与える神を賛美する詩編でした。私たちにとってのまことの王、ただおひとりの王は、イエス・キリストに他ならない。キリストが神からお受けになった栄冠を思い起こしてこの詩編に聞くことができるのではないでしょうか。神がキリストにお与えになった栄冠。それは何よりも先ず、復活の栄光でしょう。神がキリストを死者の中から引き上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになった。私たちはキリストの復活を思い起こし、そのキリストと出会うために、今日神さまを礼拝するのです。
さあ、神さまの御前に進み出ていきましょう。

2021年1月23日(詩編27)

詩編27 私が主に願った一つのこと 私はそれを求めよう。 命のあるかぎり主の家に住み 主の麗しさにまみえ 主の宮で尋ね求めることを。(4節) 詩編の中にはたくさんの麗しい言葉、美しい言葉があります。その中でも特に輝いているのが、この言葉であると思います。主の家に住み、主の麗しさに...