2019年1月17日木曜日

2019年1月17日(創世記30)

今日の通読箇所:マタイによる福音書13:1-30、創世記30、詩編21

創世記30;
人間の思惑がうごめいている章です。ヤコブの二人の妻、レアとラケル。彼女たちの召使いであるジルパとビルハも巻き込まれます。この章の前半で、ヤコブには11人の男の子と一人の女の子が生まれました。そして、片やヤコブ自身です。叔父のラバンとの熾烈な駆け引きが続いています。結婚の時にもすでに駆け引きが始まっていましたが、ここに来てそれが激化していきます。騙し、騙されるような、まさに骨肉の争いです。
いろいろな思惑が動いていますし、そのことでたくさんの人が傷ついているのだろうと思わせる箇所です。人間の混乱が深まっています。
そんな中で、ヤコブにラケルが言います。「私に子どもをください。さもないと、私は死にます。(1節)」このとき、すでに姉のレアはヤコブとの間に4人の子どもを生んでいました。そう言われたヤコブは答えます。「私が神に代われるというのか。あなたの胎に子どもを宿らせないのは神なのだ。(2節)」確かにヤコブにどうすることもできない問題ですが、あまりにも思いやりに欠けています。ラケルは傷ついたと思います。しかし、同時に、この思慮を欠いた言葉はヤコブの意図を超えてこの章の根底にあるものを言い表しているとも思います。
ここでは、人間のたくさんの思惑がぶつかり、混沌としています。しかし、そんな中で生まれてくる子どもたちについては、このように書かれています。「神はレアの願いを聞き届けられたので、彼女はみごもって・・・(17節)」、「神はラケルを忘れず心に留めておられた。神は彼女の願いを聞き入れ、その胎を開かれた(22節)」。人間の混乱と混沌の中で、神様の御業が進んでいます。生まれてくる子どものことも、渡る世間での駆け引きも、そこには人間の思惑が強烈に働いていますが、それでも神のお働きが確かにあり、人間の混乱の中で神の歴史が進んでいるのです。
それは、私たちのことです。私たちの思惑を超える神の御業は、今日も、私たちのところで進んでいます。神が進めてくださっています。

詩編第135編「大いなる神への驚きを込めて」


「わたしは確かに知った。主は大いなる方、わたしたちの主は、どの神にもまさって大いなる方。」この文章は冒頭の「わたし」を強調している。一般論ではなくこの私の告白だ。「主は大いなる方」の「主」はYHWHという神のお名前を表す字。次の「わたしたちの主」の「主」はご主人様という字。この私の主人、イエス・の父である神はなんと偉大であり、私を確かに救ってくださることか。その圧倒的な事実への驚きと感謝の詩編なのだ。

2019年1月16日水曜日

2019年1月16日(創世記28〜29)

今日の通読箇所:マタイによる福音12:22-50、創世記28-29、詩編20

創世記28~29;
ヤコブは眠りから覚めて言った。「本当に、主がこの場所におられるのに、私はそれを知らなかった。」そして怖くなって言った。「この場所はなんと恐ろしい所だろう。ここはまさに神の家ではないか。ここは天の門だ。」(28:16~17)

ヤコブが主なる神様と出会ったのは、ヤコブにとっては最悪の時でした。兄と父を騙して兄の激しい怒りを買い、もう家にいられなくなり、母リベカの実家へ旅をしました。父からは、リベカの実家で妻を探すようにと言われます。その旅の途上で、石を枕に夜を明かします。そこで、天に伸びる階段の夢を見ました。神が、共にいてくださることを彼は知ったのです。
冒頭の御言葉は、その時のヤコブの言葉です。ヤコブは神が共にいてくださることを知ったとき、怖くなりました。その場所を恐ろしく思いました。神様が共にいてくださるというのは、実は恐ろしいことなのです。
それまでのヤコブは神をも恐れぬ傍若無人な振る舞いをしてきました。長子の権利を奪ったり、祝福をだまし取ったり。神様がしてくださることを自分の力で獲得しようとしてきました。この後も、やはりヤコブはリベカの実家で叔父を相手に抜け目なく生きていきます。しかし、そんなヤコブでしたが、このとき出会った神にしがみつき、すがりついて生きることだけは曲げませんでした。神の臨在に触れることは恐ろしく、そして、恵み深い出来事なのです。

2019年1月15日火曜日

2019年1月15日(創世記27)

今日の通読箇所:マタイによる福音書12:1-21、創世記27、詩編19

創世記27;
今日の創世記の話は、読む者を戸惑わせます。双子の兄弟エサウとヤコブ。双子とは言っても、エサウは長子でヤコブは次男です。古代の世界のことですから、長男と次男では天と地ほどの差があります。しかし、かつてその長子の権利をエサウは弟ヤコブにだまし取られてしまいました。今回は、そればかりか、父による息子のための祝福の祈りをも、ヤコブはだまし取ってしまいました。長子の権利の時は、エサウは空腹のあまりにそれを軽んじたという落ち度があったようにも思いますが、今回はエサウには何の落ち度もありません。ヤコブと母リベカが共謀してだまし取ってしまったのです。エサウはかわいそうですし、ヤコブはずる賢くていやなやつです。
しかし、このヤコブの姿は、私たちそのものではないかと思います。そもそも、生まれながらのふさわしさは、どちらにあったのでしょう。家督を受け継ぎ、家名への責任を果たし、一族を養い、その責任も名誉も、何よりも神との契約も、兄エサウが受け継ぐはずでした。ところが、生まれながらのふさわしさもなく、性格も悪く、道徳的にも問題がある人間が、非倫理的な手段でかすめ取った祝福によって、神様の歴史が動いていくのです。これこそ、私たちの姿ではないでしょうか。私たちは、神様の前で、祝福して頂くのにふさわしい人間ではありません。神の約束の中で生かして頂ける理由があるわけでもありません。道徳的にも倫理的にも、問題を抱えています。しかし、そんな人間を神は祝福し、ご自分の約束にあずからせてくださいました。そのために、本当にふさわしい方を、十字架にかけてくださったのです。
私たちは、ヤコブです。ふさわしくない者です。そのふさわしくない者を選び、ご自分の者とし、祝福をくださったのは、神様です。この方が、私たちの信じる主イエス・キリストの父であるお方です。

2019年1月14日月曜日

2019年1月14日(創世記25〜26)

今日の通読箇所:マタイによる福音書11、創世記25~26、詩編18

創世記25~26;
アブラハムが死に、その息子イサクの物語に移っていきます。その最初のところで何度も繰り返されているのは、イサクの周りにたくさんの争いがあったということです。
妻リベカの胎で、双子の息子たちが争っていました。今であれば、もしも双子を妊娠していれば、すぐにそれと分かります。しかし、そういう医療技術がない時代であれば、当然、生まれるまで分からない。あまりに異常な胎動に、母は恐ろしかったのでしょう。「こんなことでは、一体私はどうなるのでしょう」と言って、主に祈りました。
やがて飢饉があり、イサクと家族はゲラルに移住します。そこはアビメレクというペリシテ人の王が治める土地でした。ここで彼は父と同じ過ちを犯します。我が身を守るために、妻を妹と偽りました。美しい妻を我が物とするために、この土地の男たちに殺されるかもしれないと心配になったからです。この出来事は、イサクにとっての大きな失敗でした。それでも彼はその土地で次第に裕福になります。ペリシテ人たちの妬みを買いました。すると、井戸の所有権を巡って争いが起きます。井戸は貴重なライフラインですから、その争いは熾烈でした。やがて、イサクはペリシテの地を出て行きます。
イサクの周りには、いつも争いがあったように思います。自分がまいた種でもありましたが、争いに巻き込まれたこともありました。イサク自身、特に立派な人物という訳ではなかったと思います。しかし、神様は彼に誠実を尽くしてくださいました。「私はあなたの父アブラハムの神である。恐れることはない。私はあなたと共にいる。僕アブラハムのゆえに、私はあなたを祝福し、あなたの子孫を増やす。(26:24)」この神の祝福の宣言が、イサクにとってどんな意味を持ったのでしょう。争いの中で生きながら、なお私を祝福していてくださる神は、イサクのただ一つの平和だったのではないでしょうか。
私たちの争いのただ中に、神の平和は宿ります。神の祝福は、私たちの周囲の状況がどのようなものであったとしても、決して変わってしまうことがありません。そのことを信じて、今日の日を神様に献げていきましょう。

2019年1月13日日曜日

コリントの信徒への手紙一7:17-24「分に応じて生きる」

 昨日、結婚式に行きました。この教会の教会学校に通っていたSさんが、花嫁として、新しい歩みを始めました。Sさんのはじけるような、幸せそうな美しい笑顔が印象的な結婚式でした。私は、思います。あの笑顔は私たちの笑顔でもある、と。私たちはキリストの花嫁なのです。今、私たちが献げているこの礼拝は、主イエスさまとの結婚式です。
 「あなたがたは、身代金を払って買い取られたのです。」私たちはキリストに買い取られて、キリストのものとなりました。その身代金は、もちろん、キリスト御自身です。キリストが私たちのために御自分を献げて、十字架にかけられて、私たちのために支払ってくださって、私たちを御自分のものにしてくださいました。だから、私たちはキリストの花嫁です。今朝の聖書の御言葉にもっと即して言うならば、キリストの奴隷です。キリストに仕える僕です。マリアは天使が来て、あなたは身ごもって男の子を産むと言われたとき、「私は主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように」と言いました。はしためは、女奴隷のことです。私たちは、マリアにもなれる。私たちとマリアは主の僕仲間、奴隷仲間です。
 この奴隷や自由な身分の者というのは、当時のコリント教会の状況を反映しています。ここには、奴隷もいましたし、自由な身分である彼らの主人もいました。その関係は教会の中にも持ち込まれていました。そのために、教会が不自由になっていたようです。パウロは、驚くようなことを言います。「召されたときに奴隷であった人も、そのことを気にしてはいけません。」そういうことは私たちにはとても気になります。自分の身分や職業、能力のこと。配偶者がどういう人か。自分を取り巻く環境。いろいろなことで自分を取り巻くものが気になり、そのせいで自分は…と不満が湧いてきます。でも、そのことを気にしてはいけない、と言うのです。
 大切なことは、他にある。今朝の箇所を読んでいくと、同じ言葉が何回も繰り返されていることに気づきます。「召す」です。主によって召された(呼ばれた)、と何度も言っています。私たちは主なる神様に呼ばれて今ここにいるのだ、と言うのです。それが一番大切なこと。私は昨日、呼んで頂いたので結婚式に伺えました。私たちは今朝、神様に呼んで頂いて、礼拝に来ています。それだけではありません。天地を造るその最初に「光あれ」と言って光を呼ばれた神が、この私のことも「あれ」と言って呼んでくださって、私は私の人生に招かれて、今生きています。だから、パウロは言います。「というのは、主によって召された奴隷は、主によって自由な身にされた者だからです。同様に、主によって召された自由な身分の者は、キリストの奴隷なのです。」私たちには奴隷か自由人か、ユダヤ人かギリシア人か、男か女かなどと言ったことが絶対的な人生の境界線のように思い込んでしまいますが、大切なことは神に呼ばれていることです。神に招かれてこの人生を生きている。それが最も大切なことです。ですから、自分は何者なのかを知るために、私は私ではない者にならなくていい。自分を探す必要すらない。むしろ、私と出会ってくださる神に、この顔を向ければよい。そこに、私たちが真に自由なキリストの僕として生きる道があります。

2019年1月17日(創世記30)

今日の通読箇所:マタイによる福音書13:1-30、創世記30 、詩編21 創世記30; 人間の思惑がうごめいている章です。ヤコブの二人の妻、レアとラ ケル。彼女たちの召使いであるジルパとビルハも巻き込まれます。 この章の前半で、ヤコブには11人の男の子と一人の女の子が生ま...