2020年3月29日日曜日

2020年3月29日(マルコによる福音書8:1〜21)

マルコによる福音書8:1~21;
「弟子たちはパンを持ってくるのを忘れ、舟の中には一つのパンしか持ち合わせがなかった。その時、イエスは、『ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種に十分気をつけなさい』と戒められた。そこで弟子たちは、パンを持っていないということで、互いに議論し始めた。イエスはそれに気付いて言われた。『なぜ、、パンを持っていないことで議論しているのか。まだ、分からないのか。悟らないのか。心がかたくなになっているのか。目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか。』」
主イエスが言われます。「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデ派のパン種に十分気をつけなさい」と。パン種は、僅かに入ると全体に広がって粉を膨らませます。ほんもののパン種はパンをおいしくしてくれますが、ここではそうではありません。全体に広がって膨らませるという比喩で、彼らの教えに警戒せよ、ということを意味している。ところが弟子たちは、イエスがおっしゃっていることを全然理解しませんでした。自分たちにパンの持ち合わせがないことを主イエスに責められていると思い込んでしまったようです。それで、互いにパンを持っていないことで議論をし始めた、と言います。主はその心のかたくなさにがっかりなさったことでしょう。
主イエスは彼らの心のかたくなさを嘆き、二度のパンの奇跡を思い起こさせます。5000人にパン五つを裂いたこと。七つのパンを4000人に裂いたこと。どちらも、パン屑がいくつもの籠に入るほどでした。この奇跡を悟っていない、と主は言われます。
ファリサイ派のパン種とヘロデ派のパン種が彼らの教えであるならば、パン五つの奇跡とパン七つの奇跡は、主イエスご自身の教えであるはずです。つまり、主の御言葉を指しているのではないかと思います。私たちはキリストの言葉に養われ、その豊かさは籠に満ちあふれるほどです。キリストの言葉が、私たちを生かす命の食べ物です。そのことを悟るならば、ファリサイ派のパン種やヘロデ派のパン種を求めて命をつなぐ必要がなくなります。ファリサイ派については、その偽善を問題にされたのでしょう。ヘロデ派は、神の言葉を殺す人間の思い上がりを指摘なさったのかも知れません。私たちの心に救う罪を、主は御覧になっている。そこから私たちを解放するのは、キリストの御言葉です。キリストの言葉というパンを、主ご自身からいただき、私たちの祈りの日々は始まっていきます。

2020年3月28日土曜日

2020年3月28日(マルコによる福音書7:24〜47)

マルコによる福音書7:24~47;
今朝は「イエスはそこを立ち去って、ティルスの地方へ行かれた」と始まっています。ティルスはユダヤよりも北にある場所、すでにユダヤの外に出ています。そして、その場所で主イエスはギリシア人でシリア・フェニキア出身の女と出会いました。
「イエスはそこを立ち去って」とあります。この「そこ」というのは23節までの話の舞台です。そこで起こったのは、ファリサイ派や律法学者との汚れと清めに関する論争です。ユダヤ人からすると移動物の死体も汚れていましたが、異邦人も汚れた存在でした。主は汚れと清めに関するファリサイ派やユダヤ人たちの偽善を指摘して、それからすぐに外国に出て行き、異邦人と出会われた、ということになります。
この異邦人の女の娘は、汚れた霊に取りつかれていました。娘から悪霊を負いだしてくださいと母は主イエスに願います。しかし、すげない答えが返ってきます。「まず、子どもたちに十分に食べさせるべきである。子どもたちのパンを取って、小犬に投げてやるのはよくない。」あんまりにも冷たい言葉のように感じます。犬は、レビ記11:27で「四本足で歩く生き物の内、肉球で歩くものは、すべてあなたがたには汚れたものである」とあり、やはりここでも主が御自ら「汚れ」を問題にしています。しかしこのような言い方をしてはファリサイ派と同じなのではないかと思ってしまいますが、それだけ切実に彼らの偽善を糺さなければならないという切迫感があったのかも知れません。
ところが、この女の言葉が主をも変えてしまいます。「「主よ、食卓の下の小犬でも、子どものパン屑はいただきます。」そこで、イエスは言われた。その言葉で十分である。行きなさい。悪霊はあなたの娘から出て行った。」女が家に帰ってみると、その子は床に横たわっており、悪霊は出てしまっていた。」この女の姿は前のところのファリサイ派やユダヤ人と全く正反対で、外面的な汚れや清めではなく、主イエスにまっすぐに向かう、まさに「信仰」と呼ぶにふさわしいものだったのではないでしょうか。
主はその後再びガリラヤ湖に戻り、今度は耳の聞こえない人を癒やします。このような一連の話の流れを考えると、この耳の聞こえない人は、外面的なあり方にこだわり、主を求める信仰の内実を忘れがちな私たちの姿を象徴しているように思います。そんな私たちの耳を開いてくださるのは、主イエスご自身です。主が私たちの耳を開いてくださり、私たちは聞くべき言葉に一心に耳を傾けることができますように。

2020年3月27日金曜日

2020年3月27日(マルコによる福音書7:1〜23)

マルコによる福音書7:1~23;
ファリサイ派の人々と律法学者らがイエスの弟子たちの食事のようすを見て異論を唱えました。「なぜ、あなたの弟子たちは昔の人の言い伝えに従って歩まず、汚れた手で食事をするのですか」と。弟子たちは手を洗っていなかったのです。
今の文脈で私たちが読むと、手を洗っていないなんてなんて危険な!という感想を持ってしまいますが、ここでの事情は少し違ったようです。ファリサイ派の人々や律法学者が手を洗うことにこだわっていたのは、衛生的かどうかということを考えていたからではありません。彼らも、また他のユダヤ人たちも、昔の人の言い伝えを守っていた。生活の中でいろいろな律法の禁じる汚れたものに触れているかも知れない。特に市場に行けば動物の死体に触れたり、血に触ったりしているかも知れません。だからその汚れを落とすために手を洗い、あるいは器なども清めてからでないと使おうとしない。保健的な意味での衛生的か不潔かということではなく、宗教的な浄・不浄の問題です。(私たちには、今、衛生上の問題で手洗いが大切です!)
そのような事情から彼らは弟子たちが手を洗わないで食事をしているのを見咎めて、イエスに詰問をしたのです。ところがイエスはそれは偽善だと言って聖書の言葉を引用します。「この民は唇で私を敬うが、その心は私から遠く離れている。空しく私を崇め、人間の戒めを教えとして教えている。」彼らは信仰上の理由で手洗いが大切だと考えていましたが、それは形ばかりの偽善にすぎない、彼らの本心は神から遠く離れているではないか、と指摘したのです。結局、人間の言い伝えや戒めを守っているだけで、神の言葉を無にしていると言います。
その象徴がこの「汚れ」の問題です。人を汚すのは体の中に入るもの、つまり食べ物ではない。不潔なものはむしろ体の中から排泄される。それと同じで、人の心から出るものが人を汚す。「淫行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、悪意、欺き、放縦、妬み、冒瀆、高慢、愚かさ、これらの悪はみな中から出てきて、人を汚す。」
どれ一つ取ってみても自分と無関係とは言えません。自分の中から生まれてくるものです。自分の中から出て来る罪によって、私は自分で自分を損なっています。主イエスは、人間存在の根本に罪を見ておられます。
そんな私たちを清めるのは、人間の言い伝えではありません。主イエス・キリストだけです。キリストだけが罪に汚れた私を清め、救うことがおできになる。そのことを深く信じ、主の憐れみを求めます。

2020年3月26日木曜日

2020年3月26日(マルコによる福音書6:30〜56)

マルコによる福音書6:30~56;
「弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるを見て、幽霊だと思い、叫び声を上げた。皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐに彼らと話をし、『安心しなさい。私だ。恐れることはない』と言われた。」
主イエスに敷いて舟に乗せられた弟子たち。しかし、その舟の中に主はおられませんでした。舟は逆風に見舞われ、漕ぎ悩んでいます。湖の真ん中でのことです。どんなに恐ろしかったことだろうかと思います。
世界教会協議会という組織がありますが、そのシンボルマークは小舟です。弟子たちが乗るこの舟を、教会は自分たちのことだと受け止めてきました。湖の真ん中で逆風に遭い、漕ぎ悩んでいる小さな舟。私たちは、この舟に乗っています。教会という舟です。2000年間、ありとあらゆる逆風が吹いてきました。迫害、戦争、疫病、貧困、・・・。あるいは、外から吹いてくる風だけでなく、内から腐ってしまう過ちも重ねてきました。そうでなければ、逆風のゆえに主を見失う罪も重ねた。この時の弟子たちはそうでした。湖の上を歩いてきたイエスを見て、彼らは幽霊だと思いました。こんな逆風の中に主がおられるはずはないと思い込んでいたからです。
聖書の中では、しばしば水は死や滅びの象徴として登場します。ここでもそうなのだとすると、イエスがおられない小舟が湖の真ん中にあるというのは、しかもその逆風の中で主を幽霊だという不信仰に見舞われているというのは、神は死んだと言われる子の世界で教会が主を見失っている、という状況そのものです。この舟を襲っている逆風も、弟子たちの恐れも、私たち自身への問です。
しかし、主イエス・キリストは舟に近づき、おっしゃいました。「安心しなさい。私だ。恐れることはない。」この「私だ」というのは特別な言い回しで、神様にしか口にすることのできない言葉遣いをしています。湖にぽつんと浮かぶ小舟で逆風に悩む弟子たちに、主は、神の子としてのご自身をお見せになった。それによって彼らは湖をなお進むことができた。これはそういう話です。
主を見て幽霊だという弟子たちの不信仰はパンのことを悟らなかったからだと説明されています。主イエスが五つのパンと二匹の魚で5000人を養われたという出来事。私たちも、この時と同じように主が祝福して与えてくださったパンを食べて生きています。聖餐のパンは、主の祝福のパンです。このパンは、神の子イエスが私たちにくださったもの。主が私たちのところへ来てくださっている事実を、畏れをもって受け止めたいと願います。

2020年3月25日水曜日

2020年3月25日(マルコによる福音書6:1〜29)

マルコによる福音書6:1~29;
主イエスがご自分の故郷にお帰りになったとき、安息日に会堂で教えておられましたが人々は「この人は、大工ではないか」と言ってイエスにつまずきました。そして、「そこでは、ごく僅かの病人に手を置いて癒やされたほかは、何も奇跡を行うことがおできにならなかった」と言うのです。
驚くべきことを聖書は言っています。主はご自分の故郷であえて奇蹟を行わなかった、と言っているのではありません。そこでは「何も奇跡を行うことがおできにならなかった」のです。その理由は、明らかに、人々がイエスにつまずいたから。言葉を換えれば、人々がイエスを信じなかったからです。イエスは人々が信じてくれなければ奇跡を行うことがおできにならないのでしょうか。普通、奇跡はイエスが神の子でいらっしゃることのしるし(証拠)と考えられます。このような奇跡がおできになるからには、神の子であるに違いない、と。それならば、誰もご自分を信じない故郷では奇跡を行うことができなかったというイエスとは、一体何者だということなのでしょうか。
ところで、主イエスはご自分の12人の弟子たちを二人一組にして派遣なさいました。彼らは出て行って悔い改めを宣べ伝え、悪霊を追い出し、多くの病人を癒やしました。主がこれまでしてこられた御業を彼らに委ねたと見ることができます。そして、14節以降、洗礼者ヨハネがヘロデ王に殺害されたことが報告されています。弟子たちが遣わされた世界は、神の言葉を宣べ伝えて来たヨハネを殺す世界であり、神の言葉が抹殺される世界です。弟子たちの遣わされた世界の有り様を強く印象づける事件です。
この世界は、主を信じる者が福音宣教を待ってくれている世界ではありません。思えば、弟子たちももともとは同様だったと言わねばならないと思います。しかし、彼らは主と出会い、弟子としてこの世界に福音を携えて遣わされるようになりました。主の御業を預けられました。実はこうして主の弟子がこの世界に立てられ、遣わされるということ自体が、神の国が来ていることの証拠なのです。主は人知を越えた奇跡によってご自分の福音を証明しようとしたのではなく、弟子を派遣することによって、その口から神の国が宣べ伝えられることによって、神の子としてのご自分の御業を証しなさいます。
私は、最初の私の傲慢な問はひっくり返さないとならないのだと思います。もしも主が私の不信仰のために、私の躓きのためにご自分を明け渡し、十字架への道を進んで行かれたのだとしたら、ヘロデの世界で殺されてしまわれたのだとしたら、それによって生かされている私は一体何者なのか、と問わねばならない。そのようにしてこの世界でキリストに命を与えられ、御国の福音のために遣わされる者が生まれるということ自体が、もうすでに、神の国が来ている証しに他ならないのです。

2020年3月24日火曜日

2020年3月24日(マルコによる福音書5:21〜43)

マルコによる福音書5:21~43;
二つの奇跡が、サンドイッチのような構造で語られています。マルコは時々こういう手法で話を展開します。こういうときはバラバラにせず、関連する二つの出来事として受け止めることが必要なのだと思います。
間に挟まれているのは、12年間出血が止まらなかった女が主イエスの力によって癒やされた、という奇跡です。この話を取り囲んでいるもう一つの話は会堂長ヤイロという人の12歳の娘が死にそうで、主イエスのところにヤイロは助けを求めに来て、主と共に娘のところに向かっていく、という話です。ヤイロの家に向かっている途中でもう一人の女の出来事が起こりました。彼女は12年間病に苦しみ、少女は12歳でした。同じ12年間。ここでも二つの出来事のつながりを見ることができます。
ヤイロは急いで主をお連れしたかったのですが、主は途中でもう一人の女のために足を止めてしまわれました。ご自分に押し迫ってくる群衆の中の誰かが自分に触れ、ご自分のその力によって誰かが癒やされた、と知ったからです。主は立ち止まり、誰がご自分に触れたのかを探して辺りを見回しておられます。主は、彼女が自分から名乗り出るのを待っておられました。「女は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話した。イエスは言われた。『娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。病気から解放されて、達者でいなさい。』」
ヤイロの家に着いたとき、すでに娘は死んでいました。主は娘は死んでいるのではない、眠っているのだと言われますが、人々はイエスを嘲笑います。「しかし、イエスは皆を外に出し、子どもの父母、それにご自分の供の者だけを連れて、子どものいるところへ入って行かれた。そして、子どもの手を取って、『タリタ、クム』と言われた。これは、『少女よ、さあ、起きなさい』という意味である。」イエスは少女の父母と弟子だけに奇跡をお見せになりました。あのもう一人の女が群衆の一人ではなく、主の前に名乗りを上げ、ひれ伏したのと似ていると思います。主は、あの女を群衆の中に埋没した名もなき誰かではなく、向き合おうとなさいました。少女のことは、その手を取って呼びかけてくださいました。主は一人の人と向き合い、その手を取ってくださるお方です。
病も死も、私たち自身の問題です。誰でも100パーセント、必ず当事者になります。私たちの弱さの日、苦しみの日に、主は私たちを大衆の一人としたままにはなさらずに、向き合う関係を築こうとなさいます。私たちが主の前に出て主を信じることを主は求めておられる。そのために、私たちの手もとってくださいます。私たちが死んで横たわるときにも、私たちの手を取って呼びかけ、「さあ、起きなさい」と言ってくださる。その日が必ずやって来ます。キリストが私たちに命を与えてくださる、その日が。

2020年3月23日月曜日

2020年3月23日(マルコによる福音書5:1〜20)

マルコによる福音書5:1~20:
主イエスが墓場で出会った一人の人は、汚れた霊に取りつかれていました。「この人は墓場を住みかとしており、もはや誰も、鎖を用いてさえつなぎ止めておくことはできなかった。度々足枷や鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり足枷を砕くので、誰も彼を押さえつけることができなかったのである。彼は夜も昼も墓場や山で叫び続け、石で自分の体を傷つけていた。」
墓場に住んで、鎖でつながれて、自分を縛り付ける。それはまるで、現代社会の私たちの姿そのものではないでしょうか。私たちが市民生活を平穏に送るために必要であったはずのシステムに縛り付けられ、その奴隷となり、自分のポジションを守るために他人を威嚇し、或いは顔色を窺って隷従せざるを得ない。救いのない死におびえ、それを否定或いは隠蔽し、自分のことも周囲のことも傷つける。不自由な私たちの姿そのものではないでしょうか。
更に、この汚れた霊はイエスによって豚に乗り移ります。「イエスがお許しになったので、汚れた霊どもは出て、豚の中に入った。すると、二千匹ほどの豚の群れは、崖を下って湖になだれ込み、湖の中で溺れ死んだ。」堰を切ったように崖に向かって突進し、結局は湖の中に落ちて溺れ死んでしまう・・・。恐ろしい光景です。この汚れた霊が二千匹も信田に乗り移るほどの「集団」であったことがまた怖いことです。私たちは、この時代の「集団」に働く汚れた霊を「時代の精神」として目の当たりにします。「生産性がない者は生きている意味がない」というのは、この時代の精神です。あるいは、生活保護は甘えているとか、○○人は日本を貶めようとしているとか、それも時代の精神の言葉です。私たちはこの時代の子として、そういう時代精神の言葉を息を吸うように吸い、吐いてしまいます。私たちは、レギオンに取りつかれてはいないでしょうか?私たちはあの豚どものように崖になだれ込み、湖の底めがけて、狂ったように走り出してはいないでしょうか。
私たちには、主イエスが必要です。どうしても必要です。時代が本当に必要としているのは、よこしまな言葉や憎悪をあおるような言葉ではなく、生産性を物差しに人の価値をジャッジするような思いやりのなさではなく、キリストの憐れみです。私たちはキリストの憐れみを受けなければ、生きられません。だから、主は私たちに言われます。「主があなたにしてくださったこと、また、あなたを憐れんでくださったことを、ことごとく知らせなさい」、と。主は、私たちにその憐れみを向けておられる。私たちのために、今日も十字架への道を進んでおられます。主イエス・キリストの憐れみに生かされる一日でありますように。

2020年3月29日(マルコによる福音書8:1〜21)

マルコによる福音書8:1~21; 「弟子たちはパンを持ってくるのを忘れ、舟の中には一つのパンしか持ち合わせがなかった。その時、イエスは、『ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種に十分気をつけなさい』と戒められた。そこで弟子たちは、パンを持っていないということで、互いに議論し始...