2020年5月30日土曜日

2020年5月30日(ルカによる福音書23:26~55)

ルカによる福音書23:26~55
そして、「イエスよ、あなたが御国へ行かれるときには、私を思い出してください」と言った。するとイエスは、「よく言っておくが、あなたは今日私と一緒に楽園にいる」と言われた。

イエスが十字架にかけられたとき、右と左にも十字架が立てられ、それぞれに犯罪人が磔になっていました。イエスさまは犯罪人の一人に数えられて、死刑にされました。そのうちの一人が、イエスに言ったのです。「イエスよ、あなたが御国へ行かれるときには、私を思い出してください」と。主イエスはそれに答えて、「よく言っておくが、あなたは今日私と一緒に楽園にいる」と言われました。
「あなたは今日私と一緒に楽園にいる」というのは、私もあなたも今日中に死ぬから、そうしたら極楽にいけるよ、という意味ではありません。ルカによる福音書では「今日」という言葉は独特な響きを持っています。
野宿をしながら羊の群れの版をしていた羊飼いたちに、天使は言いました。「今日ダビデの町に、あなたがたのための救い主がお生まれになった。」ここでの「今日」には確かに今晩という意味もあるでしょうが、それだけではありません。「今まさに」とか、「神さまの機が今こそ満ちて」といった意味があることは明らかです。
主イエスはある安息日に会堂に入り、聖書を朗読しました。「主の霊が私に臨んだ。貧しい人に福音を告げ知らせるために、主が私に油を注がれたからである。主が私を遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、打ちひしがれている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである。」そして、主イエスは「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と告知しました。主が福音を宣言する「今日」というのは、私たちが聖書を読む「今日」のことです。今日、主の恵みの年が告げられ、現実のものとなりました。
徴税人ザアカイの家でも、主は「今日、救いがこの家を訪れた」と宣言しています。
このように、ルカが「今日」と言うとき、それはイエスの告げる福音が現実のものとなった「今日」、私たちの救いが実現した「今日」のことです。
主イエスは犯罪人に言います。「あなたは今日、私と一緒に楽園にいる。」主イエスがおられるところ、そこが楽園です。だから、イエスと共に私たちがおり、そこで福音の宣言を聞くならば、そこが楽園です。苦しみの中にあっても、私たちはキリストを信じて楽園に生きることができる。そのような「今日」が、私たちにも到来しています。

2020年5月29日金曜日

2020年5月29日(ルカによる福音書23:1~25)

ルカによる福音書23:1~25
「私はあなたがたの前で取り調べたが、訴えられているような罪はこの男には見つからなかった。」・・・しかs、人々は一斉に、「その男は連れて行け。バラバを釈放しろ」と叫んだ。このバラバは都で起こった暴動と殺人のかどで投獄されていたのである。ピラトはイエスを釈放しようと、改めて呼びかけた。しかし人々は、「十字架につけろ、十字架につけろ」と叫び続けた。ピラトは三度目に言った。「一体、どんな悪事を働いたというのか。この男には死刑に当たる罪は何も見つからなかった。」

礼拝になると、使徒信条を唱えます。「(イエス・キリストは)ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ」と私たちは告白しています。主イエス・キリストはポンテオ・ピラトというローマから派遣された総督の権威の下で十字架刑を執行され、殺されました。しかし、そのピラト自身が言うのです。「一体、どんな悪事を働いたのか。この男には死刑に当たる罪は何も見つからなかった」と。
ピラトがどうしようもなく偏った裁判をしたとか、殆ど裁判らしい裁判がなかったというのではありません。イエスを訴える者たちの言い分を聞き、イエスご自身にそれを質しても、ピラトにはイエスを十字架にかけるだけの理由を見つけることができませんでした。その代わり、まったく何の理由も言うことができずに、ただ狂ったように人々が「十字架につけろ、十字架につけろ」と叫んだ。謂わば、ピラトはその世論に与したのです。イエスの十字架はポピュリズムの成果です。
主イエス・キリストは何の罪も犯していませんでした。それなのに、十字架での磔といういちばんの重罪人のための極刑に処せられました。何の理由がなくともイエスを十字架につけようと大衆が望んだからです。ピラトの取り調べの時に、ピラトはイエスに「お前はユダヤ人の王なのか」と問いました。更に正しくは神の国の王と言うべきでしょう。イエスは、真の王です。しかし、私たち大衆は真の王である方ではなく、暴動と殺人のかどで死刑になるはずだったバラバを生かすことを願いました。神さまが私たちの王であることを拒んで、バラバを選んだのです。
キリストは十字架へと向かっていきます。私たちのために。私たちに代わって。そして、私たちに追い詰められて。十字架にかけられた王キリストを、今日も、私たちは仰ぎます。

2020年5月28日木曜日

2020年5月28日(ルカによる福音書22:47〜71)

ルカによる福音書22:47~71
十二人の一人のユダは、接吻によってイエスを裏切りました。イエスを捕らえようと画策している者たちを連れてきて自分が接吻する者がイエスだと打ち合わせてあったのです。もちろん私たちの文化が持つ接吻の意味と彼らのそれとは全然違います。私たちで言えば、握手して挨拶するということでしょうか。明らかに普通の挨拶よりも、もっと親しい挨拶です。仲間と交わす挨拶です。その最大級の親愛の情をもってすることによって、ユダはイエスを裏切りました。
シモン・ペトロは、捕らえられたイエスの後についていって、イエスが連行された大祭司の家の中庭に入りました。しかしそこで召使いの女から「この人も一緒にいました」と言われ、「あんな人など知らない」と言います。同じようなやりとりを三度も重ねました。そして、三度目にイエスを否んだとき、鶏が鳴き、向こうの方でイエスが振り向いて彼を見つめるのと目があいました。そして、ペトロは主イエスから「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を知らないと言うだろう」と言われていたことを思い出し、外に出て、激しく泣きました。
ペトロは自分を守るためにイエスを捨てました。もしかしたら、それは私たちにはありふれたことであるのかも知れません。自分のために仲間を捨てる。大なり小なり、私たちにも身に覚えがある。自分の損得のために、仲間を裏切る。自分が、誰かのために損得を完全に超えた仲間になれるかと言われると、正直に言って怯んでしまいます。
最大級の親愛の挨拶をもってイエスを裏切ったユダ。自分のために仲間であったはずのイエスを切ったペトロ。それは、私自身の姿です。
しかし、主イエス・キリストは、こんな私を捨てないでいてくださいます。マタイが伝えてるところによると、ユダはこの後自殺してしまいました。主イエスが十字架にかけられたのは、その直後のことです。まるでユダを追うようにして陰府に降って行かれます。ペトロに対しては、主イエスはあらかじめ祈っていてくださいました。「シモン、シモン、サタンはあなたがたを麦のようにふるいにかけることを願い出た。しかし、私は信仰がなくならないように、あなたがたのために祈った。だから、あなたが立ち直ったときには、兄弟たちを力づけてやりなさい(ルカ22:31~32)」。
私たちが主イエスを捨てても、主イエスは私たちを捨てないでいてくださいます。これが、キリストが私たちに告げてくださった福音です。キリストの赦しの中で、私たちは立ち直り、再び隣人・仲間として生きることができるのです。

2020年5月27日水曜日

2020年5月27日(ルカによる福音書22:24〜46)

ルカによる福音書22:24~46
「イエスはそこを出て、いつものようにオリーブ山に行かれると、弟子たちも従った目的の場所に来ると、イエスは弟子たちに、『誘惑に陥らないように祈りなさい』と言われた。」
十字架を目前にした主イエスのオリーブ山(マタイやルカは「ゲツセマネの祈り」と呼びます。)での祈り。主イエス・キリストは祈ります、「父よ、御心なら、この杯を私から取りのけてください。しかし、私の願いではなく、御心のままに行ってください。」主イエスは苦しみもだえて祈ります。汗が血の滴るように地面に落ちました。ご自分がかけられることになる十字架の苦しみをまだ他の誰も知らないところで悟り、すでにその苦しみが始まったかのようにして祈っておられます。
しかし、主イエスが戻って御覧になると、弟子たちは「心痛のあまり眠り込んでいた」のでした。うっかりすると弟子たちは疲れて寝ていたかのような気がしてしまいますが、聖書をよく読むと「心痛のあまり」と言っています。悲しいから寝ていたというのです。そして、主イエスが祈りはじめる前に「誘惑に陥らないように祈りなさい」と言っておられたことを考えると、ここで主イエスが指摘している「誘惑」というのは、悲しみによって信仰が寝てしまうという誘惑なのではないでしょうか。悲しむこと自体は悪いことではないはずです。しかし、時に悲しみは私たちの心を固くします。主イエスを見えなくさせてしまうことがあるです。
このオリーブ山の祈りの時に寝てしまった弟子たちは、私自身の姿です。そんな私の慰めであり救いであるのは、主イエスがこう言ってくださったことです。「あなたがたは、私が試練に遭ったときも、私と一緒に踏みとどまってくれた人たちである(28節)」。新約聖書が書かれたギリシア語では、「試練」と「誘惑」という言葉は同じ単語です。文脈によって誘惑あるいは試練と訳し分けます。そうとすると、一体いつ、私たちは主イエスが試練や誘惑にあわれたときに一緒に踏みとどまることができたのでしょうか。むしろ、試練や誘惑の中で悲しみに心をかたくなにし、主を見失ってしまう私です。まして主ご自身が誘惑に遭われるようなとき、一体どうして私が主と共に踏みとどまることができたのでしょうか。
この言葉は、主イエスが十字架にかかってご自分の血を流して、その血によって私を赦してくださったという、その赦しの中でしか聞くことのできない言葉なのではないかと思います。主は「誘惑に陥らぬよう、起きて祈っていなさい」と言われます。主の赦しに心を向け続けるために、私たちは祈りに向かっていきます。

2020年5月26日火曜日

2020年5月26日(ルカによる福音書22:1〜23)

ルカによる福音書22:1~23
「時刻になったので、イエスは食事の席に着かれた。使徒たちも一緒だった。イエスは言われた。『苦しみを受ける前に、あなたがたと共に、この過越の食事をしたいと、私は切に願っていた。』」
主イエスは、苦しみを受ける前、すなわち十字架を前にして使徒たちと共に食事をすることを望んでおられました。一緒に食事をすることの尊さ、かけがえなさは私たちにもよく分かります。特に、このようなときには。しかし、主イエスが弟子たちと囲みたかったのは、ただの会食のテーブルではありませんでした。「この過越の食事をしたい」と主は言われます。他の何でもなく、過越の食事です。
旧約の時代、エジプトで奴隷であったヘブライ人。追い使う者のために苦しみ、呻いていた彼らを救うために、神さまはモーセをお遣わしになりました。モーセはヘブライ人たちを解放するようにファラオと交渉しますが、ファラオはあくまで頑なになって、首を縦に振ることを拒みました。そこで、神さまは10の災いをエジプトの中に引き起こします。ところが、それが重なれば重なるほどにファラオの心はますます頑なになっていきました。その最後が過越の災いでした。エジプトの地にいるありとあらゆる人や家畜の初子を神が討ったのです。ヘブライ人に対しては、羊の初子を殺してその地を家の玄関の鴨居と柱に塗れ、と言います。小羊の血の目印を見て、初子を殺すために使わされた天使はその家を過ぎ越すであろう、と。ヘブライ人たちはこの夜の過越の出来事を記念して、毎年春になると過越の祭りを祝います。主イエスは、その食事を、十字架を前にして弟子たちと共にとりたいと願ったのでした。
過越の出来事は、本当は死ぬべき私のために、小羊の血が身代わりになって命を救うためのしるしになりました。十字架で流されたイエスの血は、同じように、死ぬべき私たちの身代わりになって流された、私たちのための血のしるしです。
主イエス・キリストは、この食卓で、ここで裂かれるパンは私たちのために裂かれるご自分の体であること、ここで飲まれる杯は私たちのために流されるご自分の地であることを明言なさいました。私たちのために、キリストが犠牲になってくださいました。
聖餐の食卓を、みんなで一緒に囲める日を、私たちは心から待ち焦がれています。私たちはこの食卓に思いをはせる度に、私たちのためにご自身を犠牲にしてくださったキリストを思い起こします。キリストが、私たちのために、小羊のように血を流してくださったからです。

2020年5月25日月曜日

2020年5月25日(ルカによる福音書21)

ルカによる福音書21
「その時、人の子が力と大いなる栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。」
ハンス・ヨアヒム・イーヴァントという牧師がいます。彼は第二次世界大戦下のドイツでナチの支配に抵抗する教会の牧師でした。ナチの弾圧が激しくなる中、彼らは自分たちで牧師の要請を行うべく、牧師補研修所をつくります。イーヴァントは東プロイセンの牧師補研修所の所長でした。1937年頃に彼がそこでした講義の記録が、日本語に翻訳された出版されています。
この本の中で、イーヴァントは、教会が没落してしまうというようなことはありえないと考えるのは、決して褒められたことではないと言います。教会は没落してしまうかも知れない。この世界から消えてしまうかも知れない。イーヴァントは、本当に厳しい肌感覚として、真剣にその危機を感じ取っていたのです。
今日私たちに与えられている聖書の御言葉は、厳しい危機を語ります。「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、また、大地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や天から大きなしるしが現れる。しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたを捕らえて迫害し、会堂や牢に引き渡し、私の他のために王や総督の前に引っ張っていく。」しかし、主イエスは、そうだからと言ってこの世界の終わりが来たということではないと言います。「戦争や騒乱があると聞いても、おびえてはならない。こうしたことは、まず起こるに違いないが、それですぐに終わりが来るわけではない。」むしろ、私たちが苦難の日々に迫害されるとしたら、「それは、あなたがたにとって証しをする機会となる」と言います。
イーヴァントは厳しい現実を見ながら言います。教会が没落するということがありえる。だからこそ、私たちは神に与えられた使命に生きねばならない。神に与えられた使命、それは、私たちが福音の言葉を語ること、証しすること。私たちは例えすべての秩序が崩れたとしても、神の命令に従って福音を語り続けるのだ、と。
主イエスが今日語っておられることの急所は、私たちは、戦争や疫病のようなことでこの世界の終わりを測るのではなく、私たちがキリストを待っていること、キリストが来て私たちを救ってくださる日を待っていることです。「あなたがたの救いが近づいている」と主イエスは言われます。
私たちキリスト教会のメッセージは、世紀末的なこの世界の破滅を予見するようなものではありません。キリストが私たちのところに来て、私たちを救ってくださる。そういう希望のメッセージです。この福音を証しする使命を、神は私たちに託してくださいました。望みの言葉、命の言葉は、今この時代に生きる人々にとってもかけがえのない価値を持っているのではないでしょうか。

2020年5月24日日曜日

2020年5月24日(ルカによる福音書20:20〜47)

ルカによる福音書20:20~47
「死者が復活することは、モーセも『柴』の箇所で、主をアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神と呼んで、明らかにしている。神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きるからである。」
もう20年くらい前になると思いますが、アメリカの教会でWWJDと書いてあるアクセサリーがはやりました。What Would Jesus Do?という言葉の頭文字です。イエスさまはどうなさったのか、イエス様ならどうするのか、といった意味でしょうか。最初にそういう話を聞いたとき、私はああなるほど、それは大切な考え方だなと思いました。迷ったときに、イエスさまだったらどうなさったのかということを自分の行動の指針にできたら良いなと思いました。
しかし、しばらくして私と同じ教会の仲間、彼はアメリカの大学で学んでいて一時帰国をしていたときでしたが、その友達がそのアクセサリーに反論をしていました。イエスさまだったらどうしたのかというのは、まるでイエスさまが過去の世界の住人であるかのようだ。むしろ、あのWWJDという合い言葉は、Walk With Jesus Daily(イエスさまと一緒に日々歩んでいこう)の頭文字だと考えている。そんなことを言っていました。私は、今は彼の言ったことの方が正しいと思っています。主イエス・キリストは2000年前にいた偉人で、この方の模範を意識して、それを再現する。それがイエスを信じて生きるということではありません。今生きておられるキリストと、私たちは共に歩んでいきます。キリストは、今日も生きて働いておられます。
「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きるからである。」主イエス・キリストは、そのように言われます。私たちは神によって生きているから、神は死んだ者ではなく生きている者の神!私たちは、今日というこの日を今生きておられる神と共に歩んでいきます。
45節以下に、人から重んじられたい、立派な人だと思われたい、それなのに実のところ弱者を食い物にしている人への厳しい裁きの言葉が語られています。神がここにおられる、今日も私と共にいてくださるということを、本当にリアリティを持って信じていたらできない振る舞いです。しかし、実際にここに指摘されている罪は自分の姿そのものとしか言いようがないと私は自分について思います。だからこそ、今生きて働いておられるキリストの憐れみにすがり、主の御前に進み出て、このお方を礼拝したいと願います。罪の赦しを、今日新しく頂くために。

2020年5月30日(ルカによる福音書23:26~55)

ルカによる福音書23:26~55 そして、「イエスよ、あなたが御国へ行かれるときには、私を思い出してください」と言った。するとイエスは、「よく言っておくが、あなたは今日私と一緒に楽園にいる」と言われた。 イエスが十字架にかけられたとき、右と左にも十字架が立てられ、それぞれに犯罪人...