2019年3月23日土曜日

2019年3月23日(民数記33〜34)

今日の通読箇所:マルコによる福音書5:1~20、民数記33~34、詩編96~97

民数記33~34;
今日の御言葉には、たくさんの地名が登場しました。地図を出しても、一つひとつたどれないほどにたくさんです。
第33章では、エジプトを出てからこれまでの旅程です。最初の旅立ちは、もう40年も前のことです。その年の第一の月の15日にラメセスを出ました。主なる神様の大いなる御業を頂いて、エジプトから「意気揚々と(3節)」出たのです。この旅の中では、「海の中を通って荒れ野に入(8節)」るという、特別な道もありました。あるいは、自分たちの指導をしてくれたアロンの死も、旅の間に経験しました。「祭司アロンは、主の言葉に従ってホル山に登り、そこで死んだ(38節)」。今、ヨルダン川の東岸、モアブの平野まで来ました。そういう場所まで来て、これまでの旅路を振り返っているのです。一つひとつの地名に刻まれた歴史があり、記憶がある。言うなれば、彼らの40年記念誌の一ページのようなものです。神の恵みの業があり、神に従い、信じ、礼拝してきた神の民がおり、あるいは背き、罪を犯したことがあり、それでもなお神は私たちを生かしてくださって、今日ここに私たちはいる。約束の地を前にして、そういう歴史を思い起こしているのです。
そして第34章は、これからの事です。いざ約束の地に入ったとき、その土地をどのように分配するのかということを記しています。それぞれどのように相続地を受けるのか、どうやってキチンと分け与えるのか。そのようなことを丁寧に定めています。この章は、これからの展望を伝えています。神の約束に生きる民の進むべき道を定めているのです。
神を信じる者は、このように、神の恵みに手を取って連れてこられた過去と、神の約束を信じて進んでいく将来の間に立つ現在を生きています。私たちが、今、神様の御前で思い起こす過去はいかなるものか。神様の約束を信じて描く将来はどのようなものか。そこには必ず神の憐れみと恵みがあり、私たちの罪をも赦し、将来に向かわせてくださる望みがあるのです。ちょうど、洗礼によって罪の私が死に、キリストの復活の命にあずかる新しい創造が約束されているのと同じです。
主イエス・キリストの恵みが、今日もあなたにありますように。
--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

2019年3月22日金曜日

2019年3月22日(民数記31〜32)

今日の通読箇所:マルコによる福音書4:21~41、民数記31~32、詩編95

民数記31~32;
イスラエルの人々は、ヨルダン川の東岸に住んでいたミデヤン人と戦い、勝利を収め、その地を奪いました。それは「家畜を飼うのに適した場所であった(32:1)」ため、ルベン族とガド族に人々は、ヨルダン川の西岸ではなく、この場所を自分たちの相続地にしてほしいと願い出ます。しかし、モーセは当初この願いは間違っていると思っていました。かつて、彼らの親世代は、カナン偵察隊がその地にいる人々はあまりに強大だと言ったのに怖じ気づき、約束の地に行くことを放棄しました。神様は大変そのことに怒り、結局彼らは40年荒れ野をさまよう羽目になった。その罪を繰り返そうとしている、とモーセは考えたのです。
しかし、ルベン族とガド族の願いは、そういう事ではなかったようです。これからカナンに入ったら、自分たちは先頭に立って戦うと言います。また、「私たちは、イスラエルの人々がそれぞれの相続地を受け継ぐまで、決して私たちの家には戻りません(32:18)」という決意を表明します。それで、モーセも彼らの願いを認めたのでした。
約束の地での土地の分配は、このように、それぞれの事情を勘案しながら現実的に決められたようです。しかし、そこでこの戦いから退却することはありませんでした。私たちは、どうなのでしょうか。私たちも人生の持ち場は多様ですし、神様は多様な場での責任を私たちに託してくださっています。だから、私たちは主の戦いに怖じ気づいて退却することはありません。私たちの戦いは血肉を相手にするものではない。剣や槍、拳銃を持つような戦いではない。霊の戦いです。信仰の戦いです。この世で、キリスト者として生きること、これこそ私たちの戦いです。この世界でキリストに従うという戦いです。私たちはこの戦いを自分自身のためではなく、隣人のために戦います。ガドやルベンの人々がそうであったように。私たちが今日生きる信仰の戦いは、主のための戦い、この世界で神の国を宣言してくださっている主イエスの戦いなのです。--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

2019年3月21日木曜日

2019年3月21日(民数記29〜30)

今日の通読箇所:マルコによる福音書4:1~20、民数記29~30、詩編94

民数記29~30;
第七の月に行う贖いのための聖なる集会を定めています。レビ記にも記述があります。例えば16:29以下です。30節では「この日には、あなたがたを清めるための贖いがなされる。主の前であなたがたの罪はすべて清められる」と書かれています。第七の月の聖なる集会は、人々の罪を清めるための礼拝を献げるのです。
今朝の御言葉では、とても丁寧にこの礼拝について定められています。実にたくさんの焼き尽くすいけにえが献げられます。若い雄牛、親木、一切の雄の小羊、油を混ぜた上質の小麦粉。しかも、一日だけそういう礼拝をするというのではなく、新月の日、十日目、一五日目からの一週間(この時期は仮庵祭とも呼ばれます。)と、長く祭りの期間が続きます。そのたびに、焼き尽くして神に献げる献げ物が、何度も何度も、繰り返し献げられるのです。しかも、「これらは、請願の献げ物、あるいは自発の献げ物として献げられる焼き尽くすいけにえ、穀物の供え物、注ぎの供え物、会食のいけにえとは別のものである(29:39)」と言われているとおり、罪の贖い、罪の清めのための特別な献げ物です。他の礼拝行為とは区別された、特別な目的を持つ礼拝です。その目的こそ、罪の清めなのです。
毎年毎年、半月以上を費やして献げる罪の清めのための礼拝を経験するたびに、神様の前での私たちの罪深い姿を再確認したのではないかと思います。私たちは、キリストがご自分を献げて完全に支払ってくださったから、もうこの聖なる集会を繰り返すことはありません。しかしそうだからこそ、主イエスがご自分を犠牲にしてくださったことの深い意味を、受け止めたいと心から思わされています
--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

詩編第144編「驚き」


賛美の心、それは驚きだ。「主をたたえよ」と始まるこの詩編は、やはり、驚いている。「主よ、人間とは何ものなのでしょう。あなたがこれに親しまれるとは。人のことは何ものなのでしょう。あなたが思いやってくださるとは。人間は息にも似たもの、彼の日々は消え去る影。」神が親しんでくださる人間は、実に儚いものにすぎない。はてしない神の思いやりに驚いているのだ。私たちも神の憐れみの御業を思い起こし、それに驚こう。神の素晴らしさを。

2019年3月20日水曜日

2019年3月20日(民数記27〜28)

今日の通読箇所:マルコによる福音書3:20~35、民数記27~28、詩編92~93

民数記27~28;
ツェロフハドの娘たち、という人が登場します。彼女たちの名前は26:33にも登場しています。マナセ族の一員で、ツェロフハドという人には息子がおらず、娘だけだったと記されています。彼女たちはモーセのところに来て訴えます。自分たちの父は荒れ野ですでに死んだこと、そして父には息子がいなかったこと。そして、言うのです。「息子がいないからといって、どうして私たちの父の名が氏族の中から除かれなければならないのでしょうか(27:4)」と。これに対し、主なる神様は訴えの正しさを認めて、彼女たちが土地を相続することができるように法の不備を判例によって是正します。
これは、時代を考えると実に驚くべき事であると思います。聖書もある時代やそこで背景となる価値観と無関係に存在しているわけではありません。しかし、古代の父権社会の中で娘の相続をすでに認めているのです。それは、世の中の当たり前ではない聖書の新しい視点であったのではないかと思います。
その前提となるのは、神様が、一人ひとりの名を呼び、覚えていてくださるという事実なのではないかと思います。第26章にツェロフハドの娘たちが出てきたとき、すでにマフラ、、ノア、ホグラ、ミルカ、ティルツァと名前をちゃんと記録しているのです。神様は、私たちが社会の中でどんなに小さくされていても、私たちを覚えていてくださいます。私たちが誰の目から見ても、小さく乏しいものであっても、主は私たちの名前を覚えていてくださいます。ここでは、父の地を息子が受け継ぐという当時の社会の「常識」が相手でした。私たちの社会の「常識」や「当たり前」を括弧の中に入れて、神様の御前に疑問に伏してしまいます。私たちの名を覚え、私たちの尊厳を守り尊んでくださる。キリストの愛の目は、私たちにも向けられています。--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

2019年3月19日火曜日

2019年3月18日(民数記26)

今日の通読箇所:マルコによる福音書3:1~19、民数記26、詩編91

民数記26;
民数記も第26章に入り、ずいぶんと時間が経ってきたようです。これから約束の地に入っていくにあたって、再び、人口調査が実施されました。新しい世代が、調査されたのです。第一章の人口調査よりも、もっと丁寧に書いています。個人名がこちらの方が多いのが一つの特徴であると思います。変わらないところは、12部族別に数えられているところ、あるいは細かい数字の違いはあれどどちらも約60万人であったことも共通しています。
民数記をここまで読んできましたが、何度も繰り返し、人々が神様に不満を漏らし、信じることをせず、神様の怒りを招いてきました。偵察隊の出来事の結果、最初の人口調査で数えられた出エジプト第一世代は、皆、旅の途中で死んでしまい、この人口調査には含まれていません。63から65節にそのことが書かれています。
最初の世代は皆地上の生涯を終えたけれど、もう一度数えたときにほぼ同じ人数であったということは、不思議なことです。しかしそれは、不思議な、神様の憐れみの御業であると思います。私たちは罪深くて不信仰だけれども、それでもなお神は私たちのために準備した祝福をキャンセルしてしまうようなことは、なさらないのです。
第二の人口調査の新しい要素は、「これらの人々に、その名の数に従って、土地を相続地として分配しなさい」と、神様の新しい恵みを頂くための土台になっているところです。土地が、人口調査に基づいて分け与えられていくのです。これもまた、神様の憐れみではないでしょうか。本当なら、人口調査は一回で十分なはずでした。世代を変えて再び人口調査をしなけばならなかったのは、私たちの罪のためです。しかし、それさえも、ご自分の深い恵みを届けるための手段として用いてくださるのです。
ですから、私たちは、今日ひたすらに神様の憐れみを求め、主イエス様の赦しの御言葉の前から、もう一度新しくされていきたいと願います。
--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

2019年3月18日月曜日

今日の通読箇所:マルコによる福音書2、民数記24~25、詩編90

民数記24~25;
イスラエルの人々がシティムという場所にいたときのこと。彼らはモアブ人の女たちと淫らなことをし、彼女たちの神々を礼拝しました。主の怒りが、彼らに対して燃え上がりました。疫病が蔓延したのです。さらにその時、イスラエルのある男が皆の前にミデヤン人の女を連れ込んできた。それを見た祭司ピネハスが手に槍を持ち、この二人を突き刺した。それによって、イスラエルを襲った疫病がやんだのです。
恐ろしい事件です。さらに、10節からの主なる神様の言葉が、さらに読む者を戸惑わせます。「ピネハスは、私の熱情をイスラエルの人々の前に示すことで、彼らのうちから私の憤りを取り去った。それで私は、私の熱情のためにイスラエルの人々をたち滅ぼすことはしなかった(25:11)」。ピネハスの行動は、神様の御心に適っていた。それどころか、神様の御心のうちの熱情を共有し、映し出す物だったとまで言っているのです。あまりの激しさに、これをどう受け止めていいのか、分からなくなってしまいます。
しかし、私は改めて考えさせられました。神様や隣人を裏切ることがどんなに周囲の人や神様を悲しませ、また憤りを買う行いなのか、自分はそのことを甘く考えているのではないか、と。自分の無責任に対する認識があまりにも甘いので、神様の怒りやピネハスの熱情を、どこか異様に感じてしまっているのではないか、と。
思えば、神様の熱情の激しさは、神様の一途な愛の表れです。そのような激しい愛のお方だからこそ、主イエス・キリストまでも私たちのためにくださった。そこまでして、神様ご自身の命をかけて、私を愛してくださった。この出来事が物語るのは、神様の愛の激しさだったのではないでしょうか。この神様の熱情的な御心が、私たちに命を与えてくださっているのです。--
宮井岳彦
from iPhone
tacke.m@gmail.com

2019年3月23日(民数記33〜34)

今日の通読箇所:マルコによる福音書5:1~20、民数記33~ 34、詩編96~97 民数記33~34; 今日の御言葉には、たくさんの地名が登場しました。地図を出して も、一つひとつたどれないほどにたくさんです。 第33章では、エジプトを出てからこれまでの旅程です。最初の旅 立ちは...