2020年7月10日金曜日

2020年7月10日(使徒言行録27:1〜26)

使徒言行録27:1~26
パウロは皇帝がいるローマに向かって船で護送されることになりました。しかし、船出してすぐに向かい風のために思うように航海を進めることができなくなってしまいました。季節性の風なのでしょう。港に寄港しながら風が収まるのを待って、航海していこうとしていました。しかし、そうしている内に「かなりの時がたって、すでに断食日も過ぎていたので、航海はもう危険であった」と言います。断食日というのはレビ記16:29を見ると「第七の月の十日」と定められています。私たちの暦の3,4月頃に第一の月が来るので、10月か11月頃ということになる。もう冬は近い季節で、航海は危険を増してきます。それで、パウロは一行に忠告しました。「皆さん、この航海では、積み荷や船体ばかりでなく、私たちの生命にも危害と大きな損失が及ぶと、私は見ています。」しかし、パウロのその言葉は無視され、船はそこに停泊することはなく別の越冬しやすい港に向けて出港しました。結局、出港してすぐにエウラキロンと呼ばれる暴風が吹き、風に逆らって進むことができず、船に乗っていた人々は積み荷を海に捨て始め、何日も太陽も月も見えない状況の中で「ついに助かる望みもまったく絶たれて」しまいました。
パウロが、彼らの前に立って言います。「しかし今、あなたがたに勧めます。元気を出しなさい。船は失うが、皆さんのうち誰一人として命を失う者はないのです。私が仕え、礼拝している神からの天使が、昨夜私のそばに立って、こう言いました。『パウロ、恐れるな。あなたは皇帝の前に出頭しなければならない。神は、一緒に航海しているすべての者を、あなたに任せてくださったのだ。』ですから、皆さん。元気を出しなさい。私は神を信じています。私に告げられたとおりになります。私たちは、必ずどこかの島に打ち上げられるはずです。」
いろいろなことを考えさせられるやりとりです。そもそもパウロは出航に反対していました。もちろん、皇帝のところに行くことが怖かったからではなく、出航の判断が危険で、無謀にも死にに行くようなものだと分かっていたからです。その言葉を無視して結局難破した船の中で、パウロは希望を語りました。パウロは囚人です。最も絶望していてもおかしくないし、脱獄のチャンスだと考えても不思議でない立場です。それでも彼は希望の言葉を語り、人々を元気づけました。立場が入れ替わってしまったかのようです。本当に自由なのは、捕らえている兵士や船を操縦していた人ではなく、この一人の囚人でした。私たちのこの世界でのあり方に、深い示唆を与える姿ではないでしょうか。私たちの口にも、この世界という船の中で語る希望の言葉が、神さまから託されているのです。

2020年7月9日木曜日

2020年7月9日(使徒言行録26)

使徒言行録26
パウロはついにアグリッパ王の前に立って弁明します。
まず、パウロはかつての自分を語ります。「私の若い頃からの生活が、同胞の間であれ、またエルサレムの中であれ、最初からどうであったかは、ユダヤ人なら誰でも知っています。」すなわち、パウロはもっとも信仰に厳格に生きるファリサイ派の一員として生きてきたし、その道に従ってナザレのイエスの名に大いに反対してきました。イエスを信じる者を迫害し、またイエスの名を冒瀆して生きてきた。それが、先祖から受け継いできた希望に生きることであると信じていたのです。
神を信じて生きること、神に希望をかけて生きることが誰かを迫害し、苦しめること、憎むことであるというのは、悲しいことです。人の心の中にそういうファリサイ根性、裁きを楽しむ心が簡単に芽生えてくることは、誰でもよく知っていることです。
しかし、そんなパウロが変わりました。イエスと出会ったからです。太陽よりも明るく輝く光の中で、イエスがパウロに出会ってくださいました。「私は、あなたが迫害しているイエスである。起き上がれ、自分の足で立て。私があなたに現れたのは、あなたが私を見たこと、そして、これから私が示そうとすることについて、あなたを奉仕者、また証人とするためである。」主イエスにそのように言われ、パウロは新しい使命に生きるように利ます。パウロは新しくなりました。主イエスはパウロを異邦人のもとへと遣わし、イエス・キリストの福音を宣べ伝えさせます。「それは、彼らの目を開いて、闇から光りに、サタンの支配から神に立ち帰らせ、こうして彼らが私への信仰によって、罪の赦しを得、聖なる者とされた人々と共に相続にあずかるようになるためである」と主イエスは言われます。闇から光りに、サタンの支配から神に、というのは、パウロ自身の体験でもありました。かつては正義感のために憎しみで覆われていた心が、キリストの和解の福音を携えて、自分を囚人としてつなぐ者のところへも向かわせたのです。
このようなパウロ自身の主イエスとの出会いの物語を聞かされて、思わずアグリッパは言いました。「僅かな言葉で私を説き伏せて、キリスト信者にしてしまうつもりか。」パウロは答えます。「言葉が少なかろうと多かろうと、王ばかりでなく、今日この話を聞いてくださるすべての方が、私のようになってくださることを神に祈ります。このように鎖につながれていることは別ですが。」あるユーモアさえ感じさせる言葉です。自分を遣わした方は、自分をつなぐ鎖を持つものよりも偉大だと信じていたから、このように大胆だったのでしょう。私たちもパウロと同じようにキリストと出会い、太陽よりも明るい光の中に置かれ、サタンの支配ではなく神の手の内に生かされています。私たちを遣わしておられる方は、まことに偉大なお方です。

2020年7月8日水曜日

2020年7月8日(使徒言行録25)

使徒言行録25
この章でもパウロに対する尋問と、パウロの弁論というやりとりが続いています。フェリクスの後任の総督のルキウス・フェストゥスの前で、エルサレムから来たユダヤ人たちは「思い罪状をあれこれ言い立てたが、それを立証することはできなかった」。それで、パウロは「私は、ユダヤ人の律法に対しても、神殿に対しても、皇帝に対しても、何の罪も犯したことはありません」と弁明します。
フェストゥスはユダヤ人たちに気に入られようとして、パウロをエルサレムで裁判にかけようと考えます。しかし、パウロは答えました。「私は、皇帝の法廷に出頭しているのですから、ここで裁判を受けるのが当然です。閣下もよくご存じのように、私はユダヤ人に対しても何も悪いことをしていません。もし、悪いことをし、何か死刑に当たることをしたのであれば、死を免れようとは思いません。しかし、この人たちのうったえが事実無根なら、誰も私を彼らに引き渡すことはできません。私は皇帝に上訴します。」
今回のフェストゥスも、あるいはこれまで登場してきた大隊長やフェリクスも、皆、パウロを訴えるユダヤ人の言い分が自分たちの宗教的な関心であって、ローマ帝国の法に触れるものではないことが分かっていました。フェストゥスはそれでもエルサレムで裁判を行ってしまうことでユダヤ人の手にパウロを引き渡してしまおうとしましたが、パウロは、ローマ帝国の裁判にかけられていることを逆手にとって皇帝に上訴し、ローマに向かうことを望みます。
フェストゥスがユダヤのアグリッパ王にパウロについて訴えた言葉を聞くと、彼の戸惑いがよく分かります。「(ユダヤ人たちが)パウロと言い争っている点は、彼ら自身の宗教に関することと、死んでしまったイエスとかいう者のことです。このイエスが生きていると、パウロは主張しているのです。私は、これらの議論の取り扱いに困ったので、『エルサレムに行き、そこでこれらの件について裁判を受けたくはないか』と言いました。しかしパウロは、皇帝陛下の判決を受けるときまで、ここにとどめておいてほしいと願い出ましたので、皇帝のもとに送り届けるまで、彼をとどめておくように命令しました。」フェストゥスにも、パウロをどう扱ったものなのかよく分からなかったのでしょう。結局フェストゥスはパウロを有罪とするに足る証拠をえることも、彼自身そういう判決を下すべき理由も見つからず、パウロをそのままアグリッパ王のところへ送ることとしました。
自分たちのタブーに触れた者を決して許そうとしない者たち。自分の立場を守るために困り果ててしまう権力者たち。ただパウロだけがキリストへの信仰を確かに、他に何にも寄りかからずに立っています。

2020年7月7日火曜日

2020年7月7日(使徒言行録24)

使徒言行録24
総督フェリクスの前で裁判を受けたパウロ。フェリクスはしばらくパウロを留め置き、ある程度の自由を与えます。「そしてパウロを監禁するように百人隊長に命じた。ただし、自由をある程度与え、仲間が彼の世話をするのを妨げないようにさせた。」
そして、フェリクスは自身のユダヤ人である妻ドルシラと共に来て、「パウロを呼び出し、キリスト・イエスへの信仰について話を聞いた」のでした。しかし、それでフェリクスが信仰に入る、ということにはならなかった。「パウロが正義や節制や来たるべき裁きについて話すと、フェリクスは恐ろしくなり、『今回はこれで帰ってよろしい。折を見て、また呼び出すことにする』と言った。」フェリクスはもともと「この道についてはかなり詳しく知って」いましたし、パウロという存在にさらに興味を抱き、話を聞きました。しかし、キリストにある信仰の道に実際に入ることはやめてしまった。なぜなら、パウロの話が自分の生き方への変革を要求するものだったからです。傍観者でいられなくなってしまったから、フェリクスはそこに入ることを拒みました。
そうなると、もうフェリクスには下心しか残っていません。「パウロから金をもらおうとする下心もあったので、度々呼び出しては話し合っていた。」さらに、「二年たって、フェリクスの後任者としてポルキウス・フェストゥスが赴任したが、フェリクスは、ユダヤ人に気に入られようとして、パウロを監禁したままにしておいた」のでした。パウロの命運は、フェリクスの勝手な都合で弄ばれてしまいました。もしかしたら、フェリクス自身が、興味は持ちながらその道に入ることをやめてしまったことへの罪悪感から、パウロにこのような仕打ちをしたのかも知れません。しかしそれよりも本質的なことは、フェリクスが自分の変革を嫌った、ということです。
ナチスの支配に抵抗したドイツの教会が告白したバルメン宣言の中に、このような言葉があります。
「イエス・キリストは、われわれのすべての罪の赦しについての神の慰めであるのと同様に、またそれと同じ厳粛さをもって、彼は、われわれの全盛活にたいする神の力ある要求でもある。彼によってわれわれは、この世の神なき束縛から脱して、彼の被造物に対する自由な感謝に満ちた奉仕へと赴く喜ばしい解放を与えられる。
われわれが主イエス・キリストのものではなく他の主のものであるような、われわれの生の領域があるとか、われわれがイエス・キリストによる義認と聖化を必要としないような領域があるとかいう過った教えを、われわれは退ける。」
主イエス・キリストは私たちを新しい生へと招く、神さまの呼びかけです。私たちも、キリストによる新しい生へ、神から招かれています。

2020年7月6日月曜日

2020年7月6日(使徒言行録23)

使徒言行録23
最高法院でのパウロの取り調べが混乱しています。大祭司がパウロを鞭で打つように命じると、パウロは律法に従って反論します。また、パウロがイエスが復活したことを語っていたので、それについてファリサイ派とサドカイ派との間で論争が起こりました。サドカイ派は復活を否定し、ファリサイ派は認めていたからです。ファリサイ派の中にも、パウロに何の罪も見いだせないという人も現れましたが、混乱は続きます。ついに、「(異邦人である)大隊長は、パウロが彼らに引き裂かれてしまうのではないかと心配し、兵士たちに、下りて行って人々の中からパウロを力ずくで連れ出し、兵営に連れて行くように命じた」のでした。
しかし、パウロ憎しというユダヤ議会の思いは留まりません。40人以上の人々がパウロを必ず殺すという誓いを立て、それを果たすまでは食事をしないと言い出しました。パウロの従兄弟がそれを聞きつけて大隊長に知らせ、大隊長はパウロをその夜のうちに別の場所に護送することにしたのです。
「クラウディウス・リシアが総督フェリクス閣下にご挨拶申し上げます。この者がユダヤ人に捕らえられ、殺されてようとしていたのを、私は兵士たちを率いて救い出しました。ローマ市民であることが分かったからです。そして、告発されている理由を知ろうとして、最高法院に連行しました。ところが、彼が告白されているのは、ユダヤ人の律法に関する問題であって、死刑や投獄に相当する理由はないことが分かりました。しかし、この者に対する陰謀があるという報告を受けましたので、直ちに閣下のもとに護送します。」
こうして、パウロは総督フェリクスのもとへ行くことになりました。不思議なことに、パウロの命をここで助けたのは、ローマ軍の隊長である男、異邦人の男でした。主が、パウロのそばにいつでもいてくださいました。「勇気を出せ。エルサレムで私のことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」神がそう命じて、私を立たせてくださった。その事実が、パウロを立たせたのではないでしょうか。
人間の混乱の中で、神の御心が進んでいきます。私たちの知恵は小さく、先を見通すことはできません。しかし、神さまの御心が実現していくのです。

2020年7月5日日曜日

2020年7月5日(使徒言行録22)

使徒言行録22
私は今日伝えられているパウロの言葉を読んで、主イエスのお言葉を思い出しました。「私があなたがを遣わすのは、狼の中に羊を送り込むようなものである。だから、あなたがたは蛇のように賢く、鳩のように無垢でありなさい。人々に用心しなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれる。また、私のために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。引き渡されたときは、何をどう言おうとかと心配してはならない。言うべきことは、その時に示される。というのは、語るのはあなたがたではなく、あなたがたの中で語ってくださる父の霊だからである(マタイ10:16~20)」。
今日の使徒言行録で、逮捕されたパウロがユダヤ人の取り調べで最初に述べたのは、自分のイエスとの出会いの出来事でした。迫害者である自分と出会い、自分をご自身の証人として遣わしてくださったイエス・キリストの話をしました。情熱的な話です。しかしそれから騒動になったとき、それを鎮めまたパウロへの尋問を直接しようと考えたローマの大隊長に対して、パウロは「ローマ市民を、裁判にかけずに鞭で打ってもよいのですか」と主張します。自分が生まれながらに持っていたローマ市民権を盾に、正当な裁判を要求します。まさに、パウロは鳩のように無垢になってキリストとの出会いを語り、蛇のように賢くローマ市民権を活用します。普通、無垢さと賢さを使い分けるとしたら、自分の身を守るためです。自己保身のためには何でもする。しかし、パウロはそうではありません。パウロはこの後、ローマ市民権を盾に皇帝の前に出頭させるように要求します。ローマ伝道をするために、自分の信仰の経験と社会的な権利を最大限活用するのです。
パウロは、ただひたすらに、キリストに与えられた使命にだけ忠実に生きます。「行け。私があなたを遠く異邦人のもとに遣わすのだ。」キリストにそう命じられた者として、神に与えられた使命に誠実をつくします。そのためには、与えられたすべてのものを使いつくす覚悟を、パウロはしていたのです。そういうパウロの口に言葉を授けたのは、聖霊なる神さまです。神さまは、私たちの口をも通して語ってくださいます。そのために開かれた私でありたい。今日、そのように願います。

2020年7月4日土曜日

2020年7月4日(使徒言行録21:17〜40)

使徒言行録21:17~40
エルサレムで、パウロが逮捕されました。エルサレムの教会の仲間たちはパウロの到着を喜んで迎えてくれました。ところが、パウロに迫っていた危機を案じています。パウロを捕らえようとしていたのはユダヤ人たち。容疑は、モーセの律法を蔑ろにしている、ということです。パウロが「子どもに割礼を施すな。慣習に従うな」と言っていると、ユダヤ人たちはパウロについて怒っていたのでした。
確かに、パウロはそういうことを言っています。パウロ自身が書いた手紙、例えばガラテヤの信徒への手紙などを読むとこの問題を丁寧に論じ、むしろ割礼に頼る信仰のあり方の問題点を指摘します。結局、自分を救うのは自分の正しさだという話になってしまう。そうではないはずだ、私たちを救うのはただキリストの十字架に現された神の恵みだけだ、とパウロは訴えました。
しかし、表面的に律法が要求する業を蔑ろにしているという部分を切り取って見ていた者たちにとっては、パウロは自分たちがひたすら守ってきたタブーを土足で踏みにじる裏切り者としか映りません。そこで、そういうユダヤ人たちの怒りを知っていたエルサレムの教会の仲間たちが、パウロに提案します。ここにいる四人の仲間たちが誓願を立てるために身を清め、頭を剃るための費用を出してほしい、そうやって律法を重んじていることを示してほしい、と。確かにパウロは律法の行いではなく神の恵みによって救われることを説きましたが、律法を無効にしようとしていたわけではありません。それでパウロもその提案に同意し、そのようにした。ところが、パウロは僅かその一週間後にユダヤ人の手で逮捕されてしまったのです。
パウロは神殿で逮捕されました。その時、都中の大混乱が起き、人々はパウロを打ち叩く。その以上を聞きつけたローマの軍人が混乱を収束するために現地に駆けつけます。「大隊長は直ちに兵士と百人隊長を率いて、その場に駆けつけた。群衆は大隊長と兵士を見ると、パウロを打ち叩くのをやめた。大隊長は近寄って来てパウロを捕らえ、二本の鎖で縛るように命じた。」こうして、パウロの囚人としての生活が始まったのです。
パウロは逮捕されました。後年、パウロは今回の宣教旅行でも共にいた若き伝道者テモテに手紙を書きます。その中にこのように書きました。「この福音のために私は苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。」パウロは捕らえられた。しかし、神の言葉はつながれていない!この言葉を証明するかのように、パウロはこれから囚人として伝道の業に仕えるのです。囚人として、伝道者として、パウロはローマに向かう。使徒言行録は、まだまだ続きます。

2020年7月10日(使徒言行録27:1〜26)

使徒言行録27:1~26 パウロは皇帝がいるローマに向かって船で護送されることになりました。しかし、船出してすぐに向かい風のために思うように航海を進めることができなくなってしまいました。季節性の風なのでしょう。港に寄港しながら風が収まるのを待って、航海していこうとしていました。し...