2019年9月22日日曜日

コリントの信徒への手紙一第15章42から49節「神は体をも救ってくださる」


 先日、何を思ったのか突然息子が「魂ってナニ?」と尋ねてきました。子どもに答えるのは難しいなと思いながら何かを言ったのですが、あまりよく答えられませんでした。しかしよく考えてみると、相手が子どもだから難しいというよりも、自分の理解が曖昧だったのだと思います。今朝の聖書の御言葉で、44節に「自然の命の体」という言葉があります。直訳すれば「魂の体」と翻訳することもできる単語が使われています。聖書に登場する「魂」という単語には、もともと、喉とか息といった意味があります。この場合の喉は、恐らく乾いてカサカサになった喉です。息は消えゆく儚さを感じさせます。聖書の言葉で「魂」と言ったとき、それは脆くて儚い、弱い人間存在という意味であるのだと思います。私たち人間は、弱い存在です。肉体を持つ限り、必ず老いるし、死は確実に近づいて来ます。それなのに、それでもなお生きる意味は一体どこにあるのでしょうか。
 詩編第103編には深い人間理解があると思います。特に1416節。「主は私たちをどのように造るべきか知っておられた。私たちが塵にすぎないことを御心に留めておられる。人の生涯は草のよう。…。」ここには人間がいかに弱くて脆い者として造られたのかが書かれています。それならば、私を造ったという神に向かって、「そんなものになら造るな」と言いたくなるほどのことではないでしょうか。しかし、この詩編の最初と最後には同じ言葉が登場する。「わたしの魂よ、主をたたえよ。」やはり、ここでも「魂」です。カサカサになった喉のように傷つきやすく、今にも壊れてしまいそうな、弱い私。その私が、しかし主なる神さまをたたえている。それは、810節などを見ると、神さまが憐れみ深く、恵みに富み、慈しみを示してくださるからだと言います。神は弱い私たちを、その弱さのために憎んだり、呪ったり、罰したりするのではない。憐れみ、恵み、慈しんでおられる。死ぬべきわたしを、救ってくださる。だから、神を信じて生きるというのは、希望のあることです。
 ティーリケという牧師が、今から450年程前に、アメリカ社会について、死を覆い隠してしまっている、と批判している文章を読みました。死も老化も見ないようにしていることに、今の社会の問題があるというのです。現代の日本社会も、同じ問題を抱えていると思います。病院から、死が見事に隠されています。老化には積極的意味がなく、アンチエイジングが正義になっています。私が洗礼を受けたのは高校生の時でしたが、その時に指導してくださった生島牧師は、私は神を信じて死ぬのが怖くなくなったとおっしゃっていました。高校生の私には衝撃的な言葉で、今でもよく覚えています。御自分の死をごまかすのではなく、じっと見つめながら、死を超える希望を信じているのです。「最後のアダムは命を与える霊となった」と書いてあります。この最後のアダムというのは、キリストのことです。キリストが十字架にかけられて殺され、その三日後に復活したことを意味する言葉です。キリストの復活が、弱い魂である私たちに命を与えてくださった。この事実が、神を信じる者の希望の源泉です。キリストは死者の中から復活した。私たちはこの命の似姿になる。
 私たちは弱くて脆い、限りある肉体をもって生きています。この体が種のように蒔かれ、やがて輝かしい体となって復活する。聖書はそう約束します。この約束があなたに向けられているのです。

2019年9月22日(イザヤ書47〜48)

今日の通読箇所:テモテへの手紙一1~2、イザヤ書47~48

イザヤ書47~48;
あなたの知恵と知識、これがあなたを誤らせた。あなたは心の中で言った。「私だけがいる。私のほかにだれもいない」と。(47:10)
まるで、現代を生きる私たちに向けられた言葉であるかのようです。いや、事実そうなのでしょう。私たち人間の営みは、どんな時代でも、自分の知恵と知識のために高慢になり、自分(たち)こそが唯一だと勘違いしている。それが本当のところであるのだろうと思います。この「私だけがいる」という言葉は、主なる神様の言葉に似ていると思いました。「私は主、ほかにはいない。私のほかに神はいない(45:5)」。神様が「私だけだ」と言えば、この方の救いの絶対性を強く訴える言葉になります。ところが私たちの心から出てくる「私だけ」は、自分勝手や傲慢に他ならず、互いを滅ぼし合ってしまう結果になるのではないでしょうか。知恵も知識も、それ自体は良いものであるはずです。しかしそれが私たちを誤らせてしまうことがあるのは、神様を無視した知恵や知識が、いかに簡単に化け物を造り出してしまうのか、ということなのではないでしょうか。
神様の救いの御業は、そういう私たちの知恵や知識の外から始まります。「これから私が新しいことを聞かせよう、あなたの知らない秘められたことを。それは今創造された(48:6~7)」。私たちが知らない新しい神の御業とは、一体何か。「あなたは聞いたこともなく、知ってもいなかった。あなたの耳はずっと前から開かれていなかった。あなたが必ず裏切ることを、母の胎にいる時から背く者と呼ばれていたことを私は知っていた。私は、自らの名のために、怒りを遅らせ、自らの誉れのために、これを抑えて、あなたを立ち滅ぼさなかった(8~9節)」。私たちの知恵は、大抵は因果でなりたっています。悪い人が栄え、正しい人が滅びるのを見れば、腹が立ちます。しかし、神様は、そもそも悪い私たちを私たちの悪さのゆえに滅ぼさず、却ってご自分のお名前のために救ってくださる、と言われる。私たちの知恵が及ばない、神様の新しい御業は、こういうところに現れるのだ、というのです。
今日、新しい一日を迎えるこの新しい時間に、神様の新しい御業に思いを向けましょう。私たちを新しく愛し、救ってくださる神様の憐れみが、今日も新しくあなたに注がれています。

2019年9月21日土曜日

2019年9月21日(イザヤ書45〜46)

今日の通読箇所:テサロニケの信徒への手紙二3、イザヤ書45~46

イザヤ書45~46;
ここには同じ内容の言葉が何度も繰り返されていました。それは「私は主、ほかにはいない。私のほかに神はいない(45:5)」ということです。何度も繰り返しています。これまで聖書を通読してきて、これだけ集中的にこの事柄を言い表している箇所はほかにはないのではないかと思うほどです。
もう一つ、ここで集中して言い表されていることは「地を造り、その上に人間を創造したのは私だ(12節)」という内容です。この天と地、そこにある万象を造ったのは、ただお一人の神である主、ほかに神はいない。そのように宣言します。
どういう場面でこのことが言われていたのか、ということが大事です。「主は油を注がれた人キュロスについてこう言われる(45:1)」と言っているとおり、これはペルシアのキュロス王が台頭し始めた時代の言葉です。まだイスラエルはバビロニアに支配されています。捕囚の帰還はもうすぐ70年を迎えようとしており、捕囚された人々からすでに1世代、2世代と経過していました。故国イスラエルに帰ることができる、自分たちが救われるなどとは想像もできない時代です。そういう時代に神様は「私の救いは遅れることはない(46:13)」と宣言なさったのです。
つまり、神はただお一人というのも神がこの天と地のすべてのものをお造りになったというのも、神が私たちを必ず救ってくださるという宣言と同じ事柄である、ということです。偶像は家畜に背負われ、運ぶものの荷物になります。しかし、主なる神様は、それとは逆です。「聞け、ヤコブの家よ、またイスラエルの家のすべての残りの者よ、母の胎を出たときから私に担われている者たちよ、腹を出た時から私に運ばれている者たちよ。あなたがたが年老いるまで、私は神。あなたがたが白髪になるまで、私は背負う。私が造った、私が担おう。私が背負って、救いだそう(46:3~4)」。この方は私たちに背負って運んでもらわなければならない神輿ではなく、却って私たちを背負い、担い、必ず救ってくださるお方です。私たちの生まれたときから、白髪になるまで、この方が私たちを担い、救ってくださる。このただ一人の神、私たちを造ってくださった方が、私たちの神なのです

2019年9月20日金曜日

2019年9月20日(イザヤ書43〜44)

今日の通読箇所:テサロニケの信徒への手紙二1~2、イザヤ書43~44

イザヤ書43~44;
見よ、私は新しいことを行う。今や、それは起ころうとしている。あなたがたはそれを知らないのか。確かに、私は荒れ野に道を、荒れ地に川を置く。(43:19)
神様は、新しいことを始めようとしておられます。それは、荒れ野に道を敷き、荒れ地に川を流れさせるという、私たち人間の力ではどうしようもないところでの救いの御業です。「あなたがたはそれを知らないのか」と神様は言われますが、私たちが知って参与することを神様は待っておられるのではないでしょうか。
しかし、と言われます。「しかしヤコブよ、あなたは私を呼ばなかった。イスラエルよ、あなたは実に私を疲れさせた。あなたは焼き尽くすいけにえの羊を、私のもとに引いてくることもなく、あなたのいけにえで私を崇めることもなかった。私は穀物の供え物の重荷を負わせたことも、乳香であなたを疲れさせることもしなかった。・・・。かえって、あなたの罪で私に労苦させ、あなたの過ちで私を疲れさせた。私、この私は、私自身のために、あなたの背きの罪を消し去り、あなたの罪を思い起こすことはしない(23~25抜粋)」。神様に期待することも神様を信じることもなく、神様に祈らないことが、却って神を疲れさせるのだ、と言います。神様を信じ、期待して「救ってください」と祈ることをこそ、神様は待っておられるのです。結局、神様をなめているから本気で祈ろうとしないということです。「彼は杉を切り松や樫の木を選んで林の木々の中で育てる。また、月桂樹を植え、雨がそれを成長させる。それは自分の薪となる。人はそれを取って暖まり燃やしてパンを焼く。・・・。そして、その残りを神に造り上げ、その前にひれ伏して拝み、祈って言う。『救ってください。あなたは私の神だから』と(44:14,15,17)」。神をなめているというのは、神を拝んでいるようでありながら実は自分で自分の都合のいい「神らしき何か」をこしらえているに過ぎないからだ、と指摘しています。自分の都合に合わせて造りあげた神などに私を救う力などないのです。
本当の神様、この世界をお造りになった方は、私たちの思いを越えた救いの道を拓かれます。例え荒れ野であっても道を敷き、荒れ地にも川を流れさせるのです。そのようなお方であるからこそ、私たちのためにご自分の独り子をも下さったのです。

2019年9月19日木曜日

箴言7:1~27「知恵を親しきものとして」


知恵と分別に、異邦の女が対比されている。知恵も分別も女性形の名詞なので、女と対比したのであろう。「異邦の」ということは神の律法への知恵を欠いているという意味である。彼女は献げ物を軽んじ、夫を裏切り、意志の弱い若者を誘惑した。結局「彼は自分の欲望の罠にかかった」のだ。どうすればそこから逃れうるのか。「私の教えを瞳のように守れ。それをあなたの指に結び、心の中の板に書き記せ。」主に従う知恵をわが姉妹、友と呼ぶ親しみだ。

2019年9月19日(イザヤ書41〜42)

今日の通読箇所:テサロニケの信徒への手紙一5、イザヤ書41~42

イザヤ書41~42;
彼らは互いに助け合い、兄弟に「強くあれ」と言う。鋳物師は細工師を励まし、金槌で滑らかにする者は鉄床を叩く者を励ます。はんだ付けを「それで良い」と言い、釘で固定して動かないようにする。しかし、イスラエルよ、あなたは私の僕、私が選んだヤコブ、私の友アブラハムの子孫。私はあなたを地の果てから連れ出し、その隅々から呼び出して言った。「あなたは私の僕。私はあなたを選び、拒まなかった」と。(41:6~9)
私たちは失望したときに、自分に心地よい言葉をどうしても聞きたくなります。自分の現状を肯定して、「それで良い」と言ってくれる言葉を探します。もちろん互いにポジティブな言葉を向け合うのは良いことでしょう。しかし、「それで良い」という言葉でなんとか癒やされて、また変わらずに吹き荒れている外の嵐に向かっていく、ということで事は済むのでしょうか。
主なる神様は、私たちを生み出し命を与えてくださった方として、私たちの創造主として、私たちを根本から支える言葉を語りかけてくださいます。「あなたは私の僕。私はあなたを選び、拒まなかった」。私たちは風のように移ろいやすい人の言葉に一喜一憂するのではなく、いつ、どのようなときにも変わることのない神の言葉によって、根本から支えられています。
私たちに救いを約束する神の言葉を実現するために、神は、ご自身の僕を選び、私たちに遣わしてくださいます。「見よ、私が支える僕。私の心が喜びとする、私の選んだ者を。私は彼に私の霊を授け、彼は諸国民に公正をもたらす。彼は叫ばず、声を上げず、巷にその声を響かせない。傷ついた葦を折ることなく、くすぶる灯心の火を消さず、忠実に公正をもたらす。彼は衰えず、押し潰されず、ついには、地に公正を確立する。島々は彼の教えを待ち望む(42:1~4)」。このような救い主こそ、傷つき、倒れてしまった者に「優しく語りかけ(40:2)」ることのできる方です。私たちは、他の何かのもたらす救い(らしきもの)ではなく、主の僕であるお方の下さる救いの言葉に耳を傾け、ここから慰めを戴きましょう。

2019年9月18日水曜日

2019年9月18日(イザヤ書40)

今日の通読箇所:テサロニケの信徒への手紙一4、イザヤ書40

イザヤ書40;
イザヤ書は第40章から、捕囚末期から解放期に時代が移ります。これまで、列王記や歴代誌の通読をしましたが、それぞれの下巻の最後のところに少しだけ書いてありました。また、解放の様子はエズラ記とネヘミヤ記に書かれていました。そういう時期に預言者たちがどういう活動をし、何を語ったのか。まずはこのイザヤ書第40章以降から見始めていくことになります。
その冒頭はとても印象深い言葉から始まります。
「慰めよ、慰めよ、私の民を」と、あなたがたの神は言われる。「エルサレムに優しく語りかけ、これに呼びかけよ。その苦役の時は満ち、その過ちは償われた。そのすべての罪に倍するものを、主の手から受けた」と。(1~2節)
エルサレムの苦役。もちろん、捕囚のことです。神の民は崩壊し、神殿は破壊され、人々は遠い国まで連れて行かれました。信仰共同体としても、民族としても、生活者としても、アイデンティティは崩壊しました。彼らの状況を一言で言うなら、それは「虚脱」だと思います。
27節に、このようにあります。「ヤコブよ、なぜ言うのか。イスラエルよ、なぜ語るのか。『私の道は主から隠されており、私の訴えは私の神に見過ごされている』と」。誰一人、信じていませんでした。神に、自分たちをこの悲惨から救う力などありはしない、と。神様のことも、信じるということ自体も、完全に諦めていました。
しかし、神は預言者に言います。「高い山に登れ、シオンに良い知らせを伝える者よ。声を上げよ、恐れるな。ユダの各地の町に言え。『見よ、あなたの神を。』見よ、主なる神は力を帯びて来られ、御腕によって統治される。主は羊飼いのようにその群れを飼い、その腕に小羊を集めて、懐に抱き、乳を飲ませる羊を導く(9~11節抜粋)」。神が私たちを救ってくださるなどと、誰にも信じようがありません。しかし、その心に優しく語りかけよ、良い知らせを山の上で告げ知らせよ、と言います。
さらに、『シオンに良い知らせを伝える者よ』という言葉は、文法的には「良い知らせを伝える者、シオンよ』という意味である可能性もあります。」良い知らせを聞いてもう一度立ち上がったシオン自身が、今度は良い知らせを伝える者になる。そういう呼びかけでもあるのだと思います。
神様は、私たちの思いを越えて、良い知らせを告げてくださいます。私たちにはもう無理だと思われるところで、私たちの思いに逆らって、救いの約束を宣言してくださいます。神様から来た約束なのであれば、それは、私たちの感情が逆らったとしても、確かなのです。

コリントの信徒への手紙一第15章42から49節「神は体をも救ってくださる」

 先日、何を思ったのか突然息子が「魂ってナニ?」と尋ねてきました。子どもに答えるのは難しいなと思いながら何かを言ったのですが、あまりよく答えられませんでした。しかしよく考えてみると、相手が子どもだから難しいというよりも、自分の理解が曖昧だったの...