2020年10月22日木曜日

2020年10月22日(ヨハネによる福音書4:1~30)

ヨハネによる福音書4:1~30
「主よ、あなたは汲む物をお持ちではないし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。」
サマリアの女と主イエスとの対話です。生ける水を与えようというイエスの言葉をいぶかしく思って、彼女は問いただしました。「主よ、あなたは汲む物をお持ちではないし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。」私には、この言葉は、単純に言葉どおりに井戸が深いというだけではなくて、彼女の人生への諦めの言葉であるようにも聞こえます。生ける水、私を本当に生かしてくれる命の水があるのなら、飲めたらどんなに良いことか。しかし、そんなものを手に入れられるはずがない。そもそも、そんなものがあるとは思えない。例えあったとしても、私に関わりがあるはずがない。「主よ、あなたは汲む物をお持ちではないし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。」この言葉は、そんな諦めや絶望の言葉のような気がします。
主イエスは答えます。「この水を飲む者は誰でもまた渇く。しかし、私が与える水を飲む者は決して渇かない。私が与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水が湧き出る。」主イエスの答えはいつでも、私がその生きた命の水を与えようということに尽きるのです。私がそれを与える。主イエスがそう言ってくださるから、私たちは井戸が深いこと、手に入れられそうにないこと、どこを探したら良いのか分からないこと、そういうことで悩んだり、思い煩ったりする必要はない。キリストが、私たちに生きた命の水を飲ませてくださるからです。
キリストがお与えになる生きた水とは何か?いくつかの言い方をすることができると思いますが、一つには、キリストご自身の霊、すなわち聖霊のことだと言うことができると思います。キリストは私たちにご自分の霊を与えてくださる。キリストの霊を頂いて、私たちは生き生きと生きることができるのです。聖霊は、私たちにキリストの言葉を思い起こさせるのだ、とこの福音書を読み進めていくと書かれています。キリストの愛の言葉と共に私たちが生きることができるために、キリストは私たちに生きた水である聖霊を与え、私たちをキリストの命によって生かしてくださる。私たちの今日という新しい命は、キリストの命によって支えられています。

2020年10月21日水曜日

2020年10月21日(ヨハネによる福音書3)

ヨハネによる福音書3
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」
私と家族が今住まわせて頂いている教会堂の一階の壁に、以前、海外から来たゲストが描いたカリグラフィーがあります。今朝の聖書の御言葉を記したものです。神の、独り子をお与えになるほどの愛を告げるこの御言葉。これほど慰め深く、私たちに確かな平安を与える言葉は他にはありません。
少し前にこの聖書の御言葉を日曜日にご一緒に聞いたときに少しご紹介しましたが、ドイツに生きた牧師のディートリッヒ・ボンヘッファーが、この聖書の御言葉の「ほどに」という小さな言葉に注目しています。私たちは、この「ほどに」というところで神の愛を知るのであって、他の場所に探してはならないという主旨のことを言っています。どういうことか?私たちが知ることができる神の愛は、「独り子をお与えになったほど」の愛です。他の、主イエスと関係のない場所で神の愛を知るということではない、と言います。
神様が私を愛してくださっているのなら、こうであってほしい、こうであるはずだ、いろいろなかたちでそういった期待が私たちにはある。しかし、そういう自分の期待が満足されるということが神の愛のしるしなのではない。神の愛、それは、独り子を与えてくださるほどの愛。他のどこか関係のない、自分の欲望が満足されるということを神の愛のしるしだと考えてはならないのだと思います。もしも自分の願いが満たされることが神の愛のしるしなのだとしたら、神は私の願いが果たされるのための手段に過ぎなくなってしまうからです。
この神が与えてくださった独り子は、私たちのための光だと聖書は言います。この方を見上げれば、私たちは新しく生まれることができる。この方の光の中で、私たちは神の霊によって生まれたものとして生きることができる。聖書は、そのように私たちに起こる新しい現実を宣言します。
この方は、上から来られた方、地に属するのではなく天に属し、すべてのものの上におられる方。「御父は御子を愛して、その手にすべてを委ねられた。御子を信じる人は永遠の命を得る。」ここに、神の愛が示されています。神の愛は、私たちをも永遠の命に生かしてくださる愛なのです。
主イエス・キリストによって示された神の愛によって、今日この一日を生きるための平安があなたにありますように!

2020年10月20日火曜日

2020年10月20日(ヨハネによる福音書2)

ヨハネによる福音書2
「イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。」

これは、慰めに満ちた言葉です。主イエスの最初のしるしはガリラヤのカナでの結婚式のときに現されました。主イエスの栄光が、小さな結婚の祝いのときに現されたのです。それは、深い慰めに満ちた事実であるとわたしは思います。私たちが誰かと結婚をすることとか、新しい生活を始めること、あるいは日常の小さな営みを重ね、働き、生きていくこと。それは、神様からご覧になったら、どんなに小さなことであろうかと思います。この天と地と、そこにあるすべてのものをお造りになった方からご覧になったら、私という存在なんて、ちっぽけな砂粒のようなものです。しかし、主イエスはそんな小さな小さな営みにおいて、ご自身の最初の栄光を現してくださったのです。それは、なんと慰めに満ちたことでしょう!主イエス・キリストは私たちの小さな日常の営みを御心に留め、私たちの生活を神の御顔の光で照らしてくださるのです。
ここで主イエスがなさったしるしは、宴席で客に振る舞うためのぶどう酒を水から生み出した、というものでした。結婚式の準備は大変です。特に食事の準備は。貧しい新郎新婦の予算の問題だったのか、見込みよりも大勢の客が来たのか、宴会が盛り上がったのか・・・。いずれにしても、この若い夫婦にとっては大変な恥さらしの事件です。それを主イエスは召使い以外の誰にも知らせずに解決してくださいました。最初のしるしは、たった5つのパンと2匹の魚で5000人を養ったとか、湖の上を歩くとか、そういうことではなくて、言うなれば小さな奇跡です。しかし、優しさに満ちた出来事です。そういう方だからこそ、主イエスは悲しむ者に寄り添い、友なき者の友となり、貧しい者に神の国の福音を告げ知らせてくださったのではないでしょうか。
ヨハネによる福音書は、この奇跡を「しるし」と呼びます。しるしであるからには、この出来事が指し示している事柄があるはずです。それは、子なる神ご自身でいらっしゃる方が、私たちの日常の小さな営みに心を寄せ、私たちの小さな人生を愛し、砂粒よりも小さな私たちが一人も失われることをよしとはなさらないという事実です。今日も、あなたの一日の営みの中に主イエス・キリストが共にいてくださり、神の御顔の光に照らされ、祝福がありますように。

2020年10月19日月曜日

2020年10月19日(ヨハネによる福音書1:29〜51)

ヨハネによる福音書1:29~51
「またヨハネは証しして言った。『私は、霊が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た。私はこの方を知らなかった。しかし、水で洗礼を授けるようにと、私をお遣わしになった方が私に言われた。『霊が降って、ある人に留まるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人である。』私はそれを見た。だから、この方こそ神の子であると証ししたのである。』」

洗礼者ヨハネは、主イエスについて「私はこの方を知らなかった」と言っています。私は今日、この言葉がとても心に残りました。今、日曜日の礼拝でもヨハネによる福音書を読んでいます。日曜日はもう第8章まで進んでいますが、話が進んできて、ファリサイ派や祭司長たちの主イエスへの憎しみが激しくなってきました。彼らは、自分たちはメシアがいかなる方であるのか、あるいはいかなる方であるべきなのかをよく知っていると考えています。自分たちはよくわきまえている、よく分かっている。それが基本的な態度であるのだと思います。そして、メシアとはいかなる存在かということだけではなく、イエスのことも、ガリラヤ出身の男だ、だからメシアであるはずがないと言って、見下している。メシアのことも、イエスのことも自分たちはよく知っていると思っています
ところが、洗礼者ヨハネは「私はこの方をよく知らなかった」と言っています。自分が知らないということを、この人は認めている。ファリサイ派や祭司長とは対照的なスタンスであると思うのです。
ヨハネは血縁上は主イエスの親戚ですし、ルカによる福音書を読んでみると、お母さんのお腹の中にいた頃からの付き合いです。主イエスのことを全く知らなかった、そんな人のことは聞いたこともない、という間柄ではありません。しかし、それまでの自分の知識や先入観を捨てて、私はこの方がいかなる方なのかを知らないと言うことができた。それは、ヨハネのへりくだりだったのではないかと思います。
私はこの方を知らない。しかし、神が教えてくださった。神の霊が降り、この方に留まった。そういう方が現れたらその方こそ神の子だと私は神から教えられていた。だから、この方こそ神の子。この方こそ私たちの救い主。ヨハネはすなおにそのことを信じたのです。自分の考えに凝り固まらないこと、素直に神様を信じること、それがどんなに大切なことなのかとこの人を見ていると教えられます。
私たちも、今日、素直な気持ちで聖書を読み、前提なしに福音に耳を傾けましょう。そこには、私たちの思い込みをはるかに超えたすばらし神の愛の言葉が響いています。

2020年10月18日日曜日

2020年10月18日(ヨハネによる福音書1:1〜28)

ヨハネによる福音書1:1~28
「言の内に成ったものは、命であった。この命は人の光であった。光や闇の中で輝いている。闇は光に勝たなかった。」「まことの光があったその光は世に来て、すべての人を照らすのである。」

初めに神と共にあり、神ご自身であった言。その言が肉となって、私たちの間に宿られた。すなわち、主イエス・キリストです。その言は、光であった、しかも命である光であると使徒ヨハネは私たちに証言しています。
私たちはイエス・キリストという命である光に照らされている。闇の中に潜む私たちが今や光に照らされている。そのように言います。
詩篇第23編を見ると、「たとえ死の陰の谷を歩むとも、私は災いを恐れない」という言葉に出会います。「たとえ」と言っていますが、この詩編を読んですぐに明らかになることは、この「たとえ」は起こりそうもない仮定の話ではなく、この詩編作者が現に生きている場所が死の陰の谷そのものであるということです。2節の「緑の野」という言葉は、原語のニュアンスでは荒れ野に僅かに草が生えているような場所を指すそうです。ハイジが出て来るような豊かな緑地ではない。水も涸れた荒れ野に僅かに茂る草。すぐに尽きてしまいそうなかすかな水。しかし、神は私の羊飼いとして確かに私を養い、草と水によって生かし、私を死の陰の谷にあっても生かしてくださっている。この死の陰の谷に、主なる神様ご自身の光が差している。私はその光に照らされている。
ヨハネが私たちに証言しているイエス・キリストという光は、煌々とした、まぶしい光ではないと思います。かすかな、しかし確かな光です。この光に照らされるとき、自分が命の祝福にあずかっていることに私たちは気づく。キリストの命の光は、暗闇の中でなお光り続けている。
この光は、すべての人を照らします。この光から除外されている人はいません。神様は私たちすべての人を命の光によって照らしています。だから、恐れず、顔を背けることなく、キリストの光の中を歩んでいきましょう。ここに、私たちの命の祝福があるのです。

2020年10月17日土曜日

2020年10月17日(ペトロの手紙二3)

ペトロの手紙二3
「神の日が来るのを待ち望み、それが来るのを早めなさい。」

神の日、つまり主イエスが再び地上に来て救いを完成する日、すべてのものを裁く日。その日を待ち望み、またその日がくるのを早めなさい、とペトロは私たちに告げています。待ちつつ、早めつつ。それが、キリスト者の生き方だと言います。
主イエスが再び来られると聞いて、私たちはどれほどそれを実際的な感覚として覚えて、またその日を願っているでしょうか。聖書にはイエスさまが来ると言ったと書いてあるらしいけど、実際に来るというわけではないのだろうな・・・というような感覚が、私たちにはもしかしたらあるかもしれません。何しろ、主イエスが天に昇ってから、もう2000年も経ったのです。
ペトロは言います。「主のもとでは、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。ある人たちは遅いと思っていますが、主は約束を遅らせているのではありません。一人も滅びないで、すべての人が悔い改めるように望み、あなたがたのために忍耐しておられるのです。しかし、主の日は盗人のようにやって来ます。」
私たちは、いつまで経っても主の日なんて来ない、そんな日は永遠に来ないのではないか、と思うかもしれない。しかし、本当に忍耐して待っているのは、主なる神様です。私たちが一人も滅びることなく救われるように、裁きを待っていてくださっている。ペトロはそう言います。
そうであるならば、私たちが生きている一日一日は、神様の愛と忍耐が生み出した一日です。従って、私たちが主の再び来てくださる主の日を待ちつつ、そしてそれを早めるとは、主イエス・キリストによって現された神の愛を私たちが証しすることではないでしょうか。
ペトロは、他の誰よりも深くキリストの愛を知った人物であると思います。それは、彼がどんなに罪深く、イエスを捨ててしまう者であっても、なおキリストがペトロを愛し、忍耐して待ち続けてくださったからです。これは、私たちのためのキリストの愛でもあります。私たちの隣人のためのキリストの愛でもあります。イエス・キリストに、栄光が今もまた永遠にありますように。アーメン。

2020年10月16日金曜日

2020年10月16日(ペトロの手紙二2)

ペトロの手紙二2
「人は、自分を打ち負かした者に隷属するものです。私たちの主、救い主イエス・キリストを深く知って汚れから逃れても、再びにそれに巻き込まれて打ち負かされるなら、その人たちの後の状態は前よりも悪くなります。」

ペトロは、主イエスの言葉を思い起こしながらこの言葉を記したのだと思います。主イエスは言われました。「汚れた霊は、人から出て行くと、休む場所を求めて水のない所をうろつくが見つからない。それで、『出て来た我が家に戻ろう』と言う。帰ってみると、掃除をして、飾り付けがしてあった。そこで、出かけて行き、自分より悪い他の七つの霊を連れてきて、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。」ペトロは、私たちは汚れた霊に打ち負かされ、その奴隷になってはいないかと問いかけます。
そこには、やはりペトロ自身がかつて主イエスと出会ったにもかかわらず悪霊に打ち負かされてしまった経験が思い起こされていたのではないでしょうか。主を捨て、イエスを知らないと言ってしまったあの夜。あのとき、確かにペトロは悪霊に打ち負かされ、その奴隷になってしまったのです。その時、自分は主イエスと出会う前よりももっと悪くなってしまった。それは、ペトロ自身の偽らざる実感だったのではないでしょうか。
ペトロは、本当に切実な思いで私たちを連れ戻そうとします。私たちは、どうしようもなく罪を犯してしまうし、その時、汚れた霊に負け、奴隷になってしまう。自分の好きなように生きているつもりであっても、奴隷でしかない。その私たちを再び自由にし、神のものとしてくださるお方のもとへ帰ろうと、ペトロは私たちに訴えます。私たちの救いは、主のもとにある。私たちの自由は、キリストのもとにある。私たちを本当に自分らしく生かしてくださるお方は主イエス・キリストに他ならない。罪から離れ、キリストのもとへ立ち帰ろうと、この一人の使徒は私たちを招いています。

2020年10月22日(ヨハネによる福音書4:1~30)

ヨハネによる福音書4:1~30 「主よ、あなたは汲む物をお持ちではないし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。」 サマリアの女と主イエスとの対話です。生ける水を与えようというイエスの言葉をいぶかしく思って、彼女は問いただしました。「主よ、あなたは汲む...