2017年4月20日木曜日

詩編第65編「罪から救ってくださるのは、神」


たくさんの自分が犯してきた罪に圧倒されると、日常生活に支障を来す。いてもたってもいられず、何も手につかなくなる。誰でもそのような経験をしたことがあるのではないか。この詩編もそうだ。しかし、10から14節で、水路、畑、牧場などの日常生活を描きながら、それらを神が恐るべき御業で支えてくださっていると告白する。私たちの日常生活を罪から守ってくださるのは神なのだ。「背いた私たちをあなたは贖ってくださいます。」

詩編第119編161から168節「感謝の先取り」

「主よ、わたしは御救いを仰いで待ち、あなたの戒めを実行します。」待っている。今はまだ苦しんでいるから。頼りは神の言葉だけなのだ。「仰せを受けて私は喜びます、多くの戦利品を得たかのように。」今はまだ勝利したわけではないが、既にそうであるかのように喜ぶ。感謝を先取りしている。神の言...