2018年3月27日火曜日

2018年受難週祈祷会・火曜日

主の慈しみとまことはとこしえに、わたしたちを超えて力強い。ハレルヤ。(詩編117:2)わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。(ローマの信徒への手紙8:32)

聖書を読んでいると、ときどき不思議な気持ちになります。どうしてわたしのことをこんなに知っているのだろう、と思います。ローマの信徒への手紙第8章では、私たちの肉体の弱さや苦しみのことが和田に上っています。例えば、26節です。「同様に、“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。」私たちは弱い。どう祈れば良いのかも分からない。苦しみの中で、祈ることを止めてしまったり、祈りの言葉が出てこなくなってしまいます。呻きしか出てこない。聖書はそのことをよく知っています。ところが、それだけには留まりません。聖霊なる神様ご自身が、私たちのために、私たち以上に呻いて、私たちのために執り成して、どう祈ったら良いのか分からないわたしたちのために祈ってくださいます。私たちの内で祈っていてくださいます。私たちの口を通して、聖霊ご自身が祈ってくださるのです。わたしたちは弱いけど、神様ご自身が私たちに祈りの言葉を下さいます。「天の父よ」と祈るたった一言を、私たちの口に上らせてくださるのは、神様です。今朝の御言葉の直前の31節ではこのように言っています。「もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。」神様が、私たちの味方です。たとえ誰がわたしに敵対しても、神様は味方でいてくださいます。どんな苦しみも、病も、悲しみも、死も、例え誰が私たちの敵であっても、神様は私たちの味方です。祈る者はそのことを知っているのです。なぜなら、「天の父」と私たちが祈ることができるからです。この父の愛から私たちを引き離すものは何もありません。「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。」苦しみの時、呻くときに、私たちはこのことを思い出したいと願います。御子をくださった以上、御子と一緒にすべてのものをくださるのは当然。そう信頼しましょう。御子をくださる父なる神様の思いは、痛みは、どんなに深いものだったのでしょうか。どんなに想像しても、想像もつきません。ご自分の独り子、何よりも大切な、かけがえのない、他では代えが効かないもの。そのたった一つの宝を、神様は私たちのためにくださいました。苦しみの中で、私たちはそのことを知るのです。痛みの中で、神様の痛みがどんなに深く大きかったのか、その途方もなく計り知れない神の御心の、その苦しみを、私たちもわずかにでも知ります。その時、私たちも主を賛美せずにはいられません。「主の慈しみとまことはとこしえに、わたしたちを超えて力強い。ハレルヤ。」

マルコによる福音書第4章26から33節「空の鳥が巣を作るほどに」

主イエスは、世界一の説教者です。実にイメージ豊かな譬え話をたくさんしてくださいました。土に種を蒔く人。その情景を想像します。どんな種、どんな茎、葉でしょう。穂と言うからには麦でしょうか。実りの時、収穫の喜びの時を迎えます。もう一つはからし種です。小さな種です。ごまより小さい。でも...