2017年1月12日木曜日

詩編第51編「真摯に罪を悔い改める祈りを聞いて」


50編に続き神への献げ物を考えさせる。ここでの献げ物は特別なもの、つまり罪の悔い改めの献げ物だ。いけにえや焼き尽くす献げ物よりも「打ち砕かれた霊、打ち砕かれ悔いる心」を喜んでくださると信じ、神の前に真摯に悔い改める言葉である。私はどれだけ自分の罪を知っているのだろう。その汚れが神にしか拭えないほどひどいのだとどれだけわきまえているのだろう。そして、神の赦しがこれほど確かだと知っていたのだろうか。

詩編第119編161から168節「感謝の先取り」

「主よ、わたしは御救いを仰いで待ち、あなたの戒めを実行します。」待っている。今はまだ苦しんでいるから。頼りは神の言葉だけなのだ。「仰せを受けて私は喜びます、多くの戦利品を得たかのように。」今はまだ勝利したわけではないが、既にそうであるかのように喜ぶ。感謝を先取りしている。神の言...