2017年11月2日木曜日

詩編第93編「主こそ王」

主は確かだ。大地よりも、海よりも。主の御座は固く据えられている。主こそ王。私たちにとって本当に確かだと思っているものは、一体何だろうか?大水の轟きよりも力強く海に砕ける波、それよりも神は力強い。実際に、私たちはそのような生活をしているのだろうか?大水に恐れをなしているのではないか。そう問われる思いになった。「主の定めは確か」と詩人は告白する。つまり、聖書の御言葉に耳を傾けることこそ、この信仰の急所だ。

しゅ

詩編第119編161から168節「感謝の先取り」

「主よ、わたしは御救いを仰いで待ち、あなたの戒めを実行します。」待っている。今はまだ苦しんでいるから。頼りは神の言葉だけなのだ。「仰せを受けて私は喜びます、多くの戦利品を得たかのように。」今はまだ勝利したわけではないが、既にそうであるかのように喜ぶ。感謝を先取りしている。神の言...