2018年3月30日金曜日

2018年受難週祈祷会・金曜日

モーセが手を海に向かって差し伸べると、主は夜もすがら激しい東風をもって海を押し返された。(出エジプト記14:21)
わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。(ローマの信徒への手紙8:38-39)

ローマの信徒への手紙を書いた使徒パウロは、主イエス・キリストを愛しぬいた人です。そして、それ以上に、キリストに愛されていることを知っていた人です。この人の原点を思わせる言葉が、ガラテヤの信徒への手紙の中に出てきます。「ああ、物分かりの悪いガラテヤの人たち、だれがあなたがたを惑わしたのか。目の前に、イエス・キリストが十字架につけられた姿ではっきり示されたではないか。」目の前に、イエス・キリストが十字架につけられた姿ではっきり示された。文語訳聖書を見ると、ここは、「十字架につけられ給ひしままなるイエス・キリスト、汝らの眼前に顕されたる」と言います。十字架につけられ給いしまま、といいます。私たちは十字架を拝むわけではありません。十字架につけられたキリストを拝んでいます。このキリストのお姿を見つめる。それがパウロの原点です。私たちの原点です。その原点から、決して離れてはならないのです。
私たちも、この受難の金曜日に、十字架につけられたままのお姿のキリストを見つめましょう。このキリストにじっと目を注ぐことでしか見えてこない大切なことがあるのです。それは、私たちの主キリスト・イエスによって示された神の愛です。この神の愛は弱い愛ではありません。不確かな愛ではありません。「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」どんなものも、私をこの神の愛から引き離すことはできない。そういう、強い愛です。確かな愛です。しぶとい愛です。
私が不退転の決意で信仰から離れない、というのではありません。私の決心が固く、意志が確かだから神様から離れない、というのではないのです。神の愛が、わたしを離さないのです。キリスト・イエスの十字架によって示された神の愛が、私への愛を貫いてくださるのです。誰も私たちを奪うことはできません。パウロはこのとき、迫害されていました。「死も、命も、…」というのは、とても具体的な苦しみのことです。しかし、例えどのようなものも、私を神の愛から引き離すことはできない。十字架につけられたままのキリストのお姿が、そのことを私たちに語りかけます。
それは、神が海を押し返されるような、力強い御腕の力です。「モーセが手を海に向かって差し伸べると、主は夜もすがら激しい東風をもって海を押し返された。」神様は私たちのための縦になってくださって、私たちをすべての災いから守ってくださいます。十字架のもとに逃れましょう。十字架のキリストを仰ぎ、この方を礼拝しましょう。ここに顕された神の愛から、例えどんな被造物であっても、あなたを引き離すことはできないのです。

マルコによる福音書第4章26から33節「空の鳥が巣を作るほどに」

主イエスは、世界一の説教者です。実にイメージ豊かな譬え話をたくさんしてくださいました。土に種を蒔く人。その情景を想像します。どんな種、どんな茎、葉でしょう。穂と言うからには麦でしょうか。実りの時、収穫の喜びの時を迎えます。もう一つはからし種です。小さな種です。ごまより小さい。でも...