2018年4月4日水曜日

詩編第115編「あなたの神は誰なのか?」


「偶像は金銀にすぎず、人間の手が造ったもの。」金銀にすぎないものを、私たちは拝んでいないか。いや、金銀そのものを拝んではいないか。欲望を神としていないだろうか。それが「口があっても話せない」のをいい事に、自分の願望を押しつける。この詩編は言う。「主に依り頼め。主は助け」と。実際的な私たちの生き方を問うている。金でもなく銀でもなく、自分の願望でもなく、主を助けとして依り頼め、と。これは生き方への問いだ。

マルコによる福音書第4章26から33節「空の鳥が巣を作るほどに」

主イエスは、世界一の説教者です。実にイメージ豊かな譬え話をたくさんしてくださいました。土に種を蒔く人。その情景を想像します。どんな種、どんな茎、葉でしょう。穂と言うからには麦でしょうか。実りの時、収穫の喜びの時を迎えます。もう一つはからし種です。小さな種です。ごまより小さい。でも...