2020年9月14日月曜日

2020年9月14日(コロサイの信徒への手紙4)

コロサイの信徒への手紙4
「ラオディキアのきょうだいたち、および、ニンファと彼女の家にある教会によろしく。この手紙があなたがたのところで読まれたら、ラオディキアの教会でも読まれるようにしてください。また、あなたがたもラオディキアから回って来る手紙を呼んでください。アルキポには、『主にあって受けた務めを、注意してよく果たすように』と伝えてください。」
パウロが書いた数々の手紙は、コロサイの教会で読まれ、ラオディキアの教会で読まれ、あるいはエフェソ、ティアティラ、ベルガモン、スミルナ、コリント、・・・など、いろいろな場所にある教会に回され、そこで読まれ、多くの信仰者を生み出してきました。この手紙は座間でも、ルイビルでも、ジョタカでも読まれ、私たちに福音の言葉を響かせています。逆に、すでにラオディキアで読まれている手紙をも、あなたたちにも読んでほしいとパウロは言いました。この手紙は私たちの手もとにまでは残されなかった未知の手紙なのか、あるいは新約聖書の中に収められている別の手紙なのか・・・。それは知るよしもありませんが、しかし、私たちが受け取っているのと同じ福音を証しするものであることは間違いありません。
キリスト教会は、言葉を伝達することによって生きてきました。福音の言葉を伝えることが教会の使命です。だから、パウロは言います。「私が語るべきしかたで語って、この秘儀を明らかにすることができるように祈ってください。」神の秘儀である主イエス・キリストの福音を、私が語るべきしかたで語ることができますように。パウロの祈りはそこに尽きます。私も、牧師の末席を汚すものとして同じ祈りを祈っています。そして、どうか私のためにも、語るべきしかたでこの秘儀を語ることができますように祈ってください。福音の言葉。それが私たちの命です。
この後も、私たちはまだしばらく新約聖書に収められた書簡を読み続けます。私たちがキリストの福音に聞くようにと神が与えてくださったこれらの書簡に耳を傾け、神の秘儀によって命を与えられる喜びに、私たちは生き続けていきます。

2020年9月21日(テサロニケの信徒への手紙二3)

テサロニケの信徒への手紙二3 「どうか、平和の主ご自身が、いついかなるときにも、あなたがたに平和を与えてくださいますように。主があなたがた一同と共におられますように。 私パウロが、自分の手で挨拶を記します。これはどの手紙にも記す印で、私はこのように書きます。私たちの主イエス・キリ...