2020年10月14日水曜日

2020年10月14日(ペトロの手紙一5)

ペトロの手紙一5
「身を慎み、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、誰かを食い尽くそうと歩き回っています。信仰をしっかりと保ち、悪魔に立ち向かいなさい。あなたがたのきょうだいたちも、この世で同じ苦しみに遭っているのは、あなたがたも知っているとおりです。しかし、あらゆる恵みの源である神、キリストを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で癒やし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。力が世々限りなく神にありますように、アーメン。」

あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、誰かを食い尽くそうと歩き回っています。この言葉をペトロが手紙に書いたとき、自身への主イエスの言葉を思い出していたに違いありません。「シモン、シモン、サタンはあなたがたを麦のようにふるいにかけることを願い出た。」シモン・ペトロはサタンのふるいによって見事にふるい分けられてしまいました。その夜、ペトロは主イエスを知らないと三度にわたって口にし、最後には呪いの言葉まで飛び出してしまった。ほえたける獅子のようなサタンに食われてしまった。しかし、ペトロにとって悔いても悔やみきれない、悪夢のようなあの出来事は、主イエス・キリストの祈りによって包まれています。「しかし、私は信仰がなくならないように、あなたのために祈った。」主イエスはそう言ってくださいました。ペトロは、やがて立ち直ることができた。信仰を失わなかった。主イエスが祈ってくださっていたから。
「信仰をしっかりと保ち、悪魔に立ち向かいなさい」というのは、自分の信心や精神力の話ではありません。主イエスを信じて仰ぐ。私たちにできるのは、ただそれだけです。それだけでいいのです。主イエスを仰ぐとき、そこには私のために祈っていてくださるお方がおられます。だから、私たちは大丈夫です。「あらゆる恵みの源である神、キリストを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で癒やし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。」
シモン・ペトロのために祈ると言ってくださった主イエスは、続けて言われました。「だから、あなたが立ち直ったときには、きょうだいたちを力づけてやりなさい。」この言葉に忠実に、ペトロは私たちの目を恵み深いキリストへと向けさせます。私たちがキリストを信じて、仰ぐようにと。悪魔の企みがどんなに苛烈であっても、私たちはキリストにある永遠の光の中で、イエスご自身の祈りによって守られています。

2020年10月22日(ヨハネによる福音書4:1~30)

ヨハネによる福音書4:1~30 「主よ、あなたは汲む物をお持ちではないし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。」 サマリアの女と主イエスとの対話です。生ける水を与えようというイエスの言葉をいぶかしく思って、彼女は問いただしました。「主よ、あなたは汲む...