2017年2月16日木曜日

詩編56編「神よ、私の涙を数えてください」


今年の5月まで、さがみ野教会は宣教40周年である。教会の公式な記録には残らない歴史がある。この教会で人知れず流された涙の歴史である。一人でむせび泣いた記録は公の場には残されない。しかし、神はそれをご存知なのだ。「あなたはわたしの嘆きを数えられたはずです。あなたの記録にそれが残っているではありませんか。あなたの皮袋にわたしの涙を蓄えてください。」そして、涙を流しながら献げた讃美を、主は覚えていてくださる。

2019年1月17日(創世記30)

今日の通読箇所:マタイによる福音書13:1-30、創世記30 、詩編21 創世記30; 人間の思惑がうごめいている章です。ヤコブの二人の妻、レアとラ ケル。彼女たちの召使いであるジルパとビルハも巻き込まれます。 この章の前半で、ヤコブには11人の男の子と一人の女の子が生ま...