2017年12月24日日曜日

ヨッヘン・クレッパー「クリスマスの歌」

この夜の到来に先だって、主よ、あなたはいかなるお方でおられたのですか。
天使たちの賛美があなたの前に捧げられた。
時の始まりに先だってあなたは神のもとにおられた。
あなたは栄光の輝きであられた。
生けるものはすべて、あなたのうちにあった。
蠢くものはあなたによって造られた。
天地はあなたによって創造された。
この夜の到来に先だって、あなたは神であられた。

この夜の到来に先だって、主よ、わたしは誰だったのですか。
恥と痛みを覚えつつ思い出しましょう。
わたしは肉にして、堕落のきわみにいた、
破滅に陥り、救いを継げない者であった。
わたしは光をすべて見失い、
裁く神の手に落ちていた。
神に救いと恵みを約束されていたわたしは
闇であり、死であり、夜であった。

この夜、主よ、あなたはいかなる方になられたのですか。
天使たちが笑って語りかけた方、
誉れと賛美に浴しておられた方が、
わたしの受けるべき刑を選ばれた。
あなたは貧しい馬屋で生まれ、
罪に落ちた人類のために償われた。
壮麗な天に住まう方、主よ、あなたは
わが夜をともに歩む方となられた。

この夜、主よ、わたしはいかなる者となったのですか。
わが心よ、静かにそっと脈を刻むがよい。
御子によってわたしは神の子とされた。
御子は父の御心をもってわたしに臨まれた。
わたしはまだ知らない、わたしは何者となるのか。
ただ明るい輝きを感じる。
主よ、この聖なる夜にあなたが
飼い葉桶のもとで灯された光の輝きを。

ヨッヘン・クレッパー『キリエ 宗教詩集』富田恵美子・ドロテア、富田裕訳、教文館、2011年、原著第4版1941年

詩編第126編「思いもしない偉大な業」

この詩編はバビロン捕囚からの解放を背景としているのだろう。圧倒的な異国の力に押しつぶされ、解放など考えられもしなかった。しかし「主がシオンの捕らわれ人を連れ帰られると聞いて、私たちは夢を見ている人のようになった。」神の御業は我らの思いを遙かに超...