2021年6月15日火曜日

2021年6月15日(詩編149)

詩編149
ハレルヤ。
主に新しい歌を歌え。
忠実な人々の集いで賛美の歌を。(1節)
主はご自分の民を喜びとし
苦しむ人を救いによって輝かせる。
忠実は人々は栄光の内に大いに喜び
床に伏していても喜び歌う。(4~5節)

私たちが新しい歌を歌って賛美する神さまは、私たちの賛美に先立って私たちをご自分の民として喜んでくださっています。私たちの賛美は、神さまの喜びにこだまして始まります。しかも、その喜びは私たちのための喜び、私たちをご自分の民として喜んでくださっている喜びなのです。
神さまの愛が親の愛に例えられることがあります。親は子どもをどんなときにも、そこにいるだけで愛し、喜ぶ。そのような観点から語られることが多い。しかし私自身人の親になってみてつくづく思い知らされたのは、親の愛なんて、小さなものに過ぎないという現実です。自分の気持ちに簡単に左右されるし、子どもの心を受け取り損ねることなんてしょっちゅうです。子どもを自分の思い通りにしようとしてしまう過ちを、いつでもどの親でも起こす可能性があります。
しかし、神さまの愛はそうではありません。「主はご自分の民を喜びとし」というこの喜び、喜びを生み出す神の愛は、期待はずれな者、駄目な者への愛です。価値に反する者への愛です。愛に値しない者が、そこに生きている。神さまはそのことを喜んでくださいます。しかも、救ってくださるのです。私たちをご自分のものとして買い戻してくださいます。
だから、私たちは神さまの愛を喜び、尊び、神さまの栄光をほめたたえます。私たちが健康なときも、病の床にいるときにも。私たちの生きているときにも、死にゆくときにも。私たちをどのようなときにもご自分のものとして愛してくださる方の前に、私たちは今日も賛美をささげて生きていきます。

2021年6月14日月曜日

2021年6月14日(詩編148)

詩編148
地上から  主を賛美せよ。
海の竜たちよ、すべての深淵よ
火よ、雹よ、雪よ、霧よ
御言葉を成し遂げる激しい風よ
山々よ、すべての丘よ
実を結ぶ木よ、すべての杉の木よ
生き物よ、すべての獣よ
地を這うものよ、翼のある鳥よ
地上の王たちよ、すべての民よ
高官たちよ、地上のすべての支配者よ
若者もおとめも
老人も子どもも共に。
主の名を賛美せよ。(7~13節)

讃美歌550番に「大地よ、星々よ」という歌があります。とっても楽しい歌で、この詩編第148編から生まれた讃美歌です。最初はこの詩編の言葉をほとんどそのままになぞるようなかたちで「大地よ、星々よ、主に向かって歌え」と始まります。神さまのすばらしい御業を崇め、賛美の声を献げようと言います。興味深いのは2節からのところです。
機械やハンマーの音、主に向かって歌え
働く人たちも 歌え、新しい歌
と歌うのです。もちろん機械なんて聖書の時代にはなかったわけですが、現代の人間が働く営みもまた神を賛美している。神さまに造られた山々や木々、動植物や雹や雪や霧と共に、神を賛美している。すてきな讃美歌だと思います。
私たちの今日の営みも、神さまを賛美するものでありますように。私たちの握る包丁の音、鍋で煮炊きする音、ペンを走らせる紙の音、キーボードを叩くパソコンの音、土を耕す音、すべての営みから響く音が神を賛美するものでありますように。

2021年6月13日日曜日

2021年6月13日(詩編147)

詩編147
馬の勇ましさを喜ばず
人の健脚も望まない。
主はご自分を畏れる人々を
その慈しみを待つ人々を望む。(10~11節)

神さまの基準は、私たちの常識とはかけ離れていると思います。馬の勇ましさも人の健脚も、軍事的な強さを保証します。軍事的な強さは、そのまま、地政学的な安全に直結します。21世紀でも似たようなものでしょうが、この時代はなおのこと軍馬や兵士の力が命に直結する大問題であったはずです。それなのに、言うのです。「馬の勇ましさを喜ばず、人の健脚も望まれない。」言うまでもなく、誰が喜ばないのか、誰が望まないのかといえば、神さまです。神さまは、勇ましい軍馬の力強さ、健脚な人の体力、そのようなものを望まないのだ、と言うのです。常識外れです。私たちの神さまは、規格外の方です。
この問題は、新約聖書の時代になると、割礼の問題というかたちになりました。割礼は旧約聖書の最初の頃には神さまの契約のしるしとして重要な意味を持ちました。ところがやがてユダヤの民族性の象徴となり、新約聖書の時代には、他の人を退ける閉鎖性のしるしになりました。そして、割礼を受けている自分というふさわしさが一番大事になってしまい、神さまの入る余地がなくなってしまった。と、このように説明をすると、割礼は問題だと多くの人が感じると思います。ところが当時のユダヤ人からしたら、自分たちのアイデンティティそのものです。神さまを信じてきた自分たちの信心の証しです。当然のこととして、大切なもの。それが常識でした。ところが、救いは割礼によらないと聖書は言うのです。ただ神の恵みによってのみ。ただ信仰によってそれを頂くのみ。軍馬も兵士も割礼も、人間の力が人間を救うということが共通しています。しかし神さまはそれを退けられます。神さまは規格外、私たちの常識の外におられるのです。
ですから、今朝の詩編は言います。「我らの主は大いなる方。力に富み、その英知には限りない。」神さまの英知が私たちの英知と異なり、もっとすばらしく偉大であるのは、考えてみれば当然のことです。しかし私たちはついつい自分の常識を神さまに押しつけようとします。馬の勇ましさも人の健脚も、神さまも認めてしかるべきだと思ってしまう。しかし、神さまは私たちを人が見るようにはご覧になりません。「主はご自分を畏れる人々を、その慈しみを待つ人々を望む。」神を畏れ、神の慈しみをこいねがう者を、神さまは決して軽んじられないし、そういう者を喜んでくださる。私たちは神の慈しみに信頼し、このお方を待ち望みます。

2021年6月12日土曜日

2021年6月12日(詩編146)

詩編146
幸いな者、ヤコブの神を助けとし
  望みをその神、主に置く人。
天と地と海と、そこにあるすべてのものを造り
  とこしえにまことを守る方。
虐げられている人のために裁きを行い
  飢えた人にパンを与える方。
主は捕らわれ人を解き放ち
主は見えない人の目を開き
主はうずくまる人を立ち上がらせ
主は正しき人を愛し
主は寄留の者を守る。
みなしごややもめは支えるが
悪しき者の道は滅びに至らせる。(5~9節)

主なる神様は、この世の虐げられている人を、この世と一緒になって虐げるようなことを決してなさらない。天と地と海と、そこにあるすべてのものをお造りになった方は、虐げられた人、飢えた人を心に留め、連帯する方です。捕らわれ人、見えない人、うずくまる人、正しき人、寄留の者、みなしごややもめ。彼ら彼女らは人間の歴史の中で、ずっと軽んじられてきました。特に現代のような生産性やスピード、成果で人間の価値がはかられる時代にはなおのことです。
3節に「諸侯を頼みとするな」とあります。今の私たちの生活に即して言えば、社会の中で身分の高いお金持ちや社会的地位のある人、有名な人、実績を上げている人、皆に注目されている人、といったところでしょうか。誰もが無意識に重んじ、近づきたいと思う人々。聖書の基準からすると、彼らを愛したところで何のよいことにもならないのだと思います。彼らは愛しやすいからです。愛への報いを期待できるからです。それに対して虐げられている人々はお返しをすることができないのです。
神さまの愛は、お返しができない人への愛です。だから、神の愛を「恵み」と言います。恵み深い神は軽んじられている人共にいます。この恵み深い愛によって、私も生かされている。それが真実なことです。

2021年6月11日金曜日

2021年6月11日(詩編145)

詩編145
主は恵みに満ち、憐れみ深く
怒るに遅く、慈しみに富む方。
主はすべてのものに恵み深く
その憐れみは造られたものすべての上に及ぶ。(8~9節)

高らかな賛美、主なる神様をほめたたえる賛美の声が上げられています。

わが神、王よ、あなたを崇め
代々とこしえに御名をたたえます。
日ごとにあなたをたたえ
代々とこしえに御名を賛美します。(1~2節)

代々とこしえに、と言っています。かつての神の民が賛美を献げ、今私たちも神を礼拝している。そしてとこしえに、私たちの後の世代も神を崇める。しかも「日ごとに」です。日ごとに神を賛美する喜びにあずかる。昨日もそうであり、そして今日も。神を賛美することで力を受けて生きていきます、という神さまへの信仰の告白です。
それは、主の恵みと憐れみによって始まります。私たちの信仰の出発点は、いつでも神さまの恵みと憐れみです。私たちの信心深さや宗教的な求めが出発点にあるのではありません。私たちの真剣な問いや人生への疑問が私たちを神さまへと導いたというのでもありません。私たちの内にも何らかの求めはあるでしょう。しかしその求めを呼び起こしたのは神さまの御声であり、神の憐れみによって私たちは神さまに向かっているのです。
この憐れみによって、私たちは生きていきます。神の憐れみは、神さまが「怒るに遅」いことに表されています。神さまが短気な方でいらしたら、私はもう生きてはいないでしょう。主は忍耐して、私をまだ生かしてくださっている。神の憐れみが私に命を与えてくださっています。
このお方を賛美し、崇め、神の御前に今日の日を生きる。それが私たちの願いです。「願わくば、御名を崇めさせたまえ」こそ、私たちの祈りです。

2021年6月10日木曜日

2021年6月10日(詩編144)

詩編144
主よ、人とは何者なのか
  あなたがこれを知るとは。
人の子とは何者なのか
  あなたがこれを思いやるとは。
人間は息に似ている。
その日々はさながら過ぎゆく影。(3~4節)

人とは何者なのか、と驚きの声を上げています。主が知ってくださり、思いやってくださっているという事実に驚いています。人間は本来は息のように消えていく存在。小さな、本当に儚い、弱い存在です。
5節からのところを見ると、神さまがお造りになった自然世界が描写されています。山々、稲妻、大水。それらは本当に大きくて圧倒的です。ましてこのような世界を造り、支配しておられる神さまについては想像することさえできないほどの方です。そんな神さまが人を知り、人の子を思いやってくださる・・・。人間は小さく弱い、儚い存在に過ぎません。しかしその弱くて儚い人間は、神がこれを覚え、思いやってくださる存在でもあります。その恵みの事実に圧倒され、言葉を失っている。それがこの詩編なのではないでしょうか。
ですから言うのです。「神よ、私はあなたに新しい歌を歌おう」と。神さまをほめたたえ、賛美の歌を献げます。神さまがこの私のことをも心に止めてくださり、思いやってくださる恵みの事実に圧倒され、この口にはもはや賛美しか上ってこないのです。

幸いな者、このような民は。
幸いな者、主を神とする民は。(15節)

主を信じる者の幸い、それは神の恵みに圧倒されることです。圧倒的な恵みによって私たちを愛してくださる方に栄光と誉れがありますように!

2021年6月9日水曜日

2021年6月9日(詩編143)

詩編143
私は過ぎ去った日々を思い起こし
あなたの行ったことを一つ一つ思い返し
御手の業に思いを巡らします。
あなたに向かって両手を広げます。
私の魂は荒れ果てた大地のように
  あなたを慕います。(5~6節)

朝に、あなたの慈しみを聞かせてください。
私はあなたに信頼しています。
歩むべき道を知らせてください。
私はあなたに向かって魂を高く上げます。(8節)

この詩編は敵が追い迫り、自分の命が地に踏みにじられ、霊は萎え果て、心がおののく人の祈りの言葉です。苦しみ、嘆きながら、神さまを呼び求めています。神さまに救いを求めて叫んでいます。
「私は過ぎ去った日々を思い起こし」ます、と言います。ただ昔を懐かしむというのではありません。神さまの御業を思い起こすのです。何のために思い出すのか。昔はよかったけど今は違うと言って絶望するのではありません。そこに現れた神の慈しみを確認し、神さまをなおのこと慕い求めるのです。神さまに救いを求めて、祈るのです。そういう切実な祈りの言葉が、この詩編です。
「朝に、あなたの慈しみを聞かせてください」という言葉が私は好きです。きっと、この詩編は夜の祈りなのでしょう。眠ることのできない思いで一日を振り返り、顔を思い出したくもない相手のことで頭がいっぱいになってしまう。そんな心を神さまの恵みと慈しみに向けるのです。そして床に就き、朝を迎えたときにはあなたの慈しみを聞かせてください、と祈ります。祈りながら寝ます。「私はあなたに信頼しています。」なぜなら、神さまの慈しみはどんなときにも絶対だからです。私が悲しんでいるとき、神さまのことを忘れてしまっているときでさえ、神さまの慈しみに変わるところは一切ない。そのことを信頼し、床に就くのです。
今日、私たちを夜を迎えたとき、同じように祈って床に就きましょう。主が、今日もあなたと共にいてくださいますように。

2021年6月15日(詩編149)

詩編149 ハレルヤ。 主に新しい歌を歌え。 忠実な人々の集いで賛美の歌を。(1節) 主はご自分の民を喜びとし 苦しむ人を救いによって輝かせる。 忠実は人々は栄光の内に大いに喜び 床に伏していても喜び歌う。(4~5節) 私たちが新しい歌を歌って賛美する神さまは、私たちの賛美に先立...