2022年1月19日水曜日

2022年1月19日の聖句

貧しい者を嘲る者は自分の造り主をそしる。人の災難を喜ぶ者は罰を免れない。(箴言17:5)
憐れみ深い人々は、幸いである。その人たちは憐れみを受けるからだ。(マタイ5:7)

今回のコロナのことで痛感させられたことの一つは、苦しむ人と私との差は何もない、ということです。いつ、どこで、だれが病になるか分かりません。本当はコロナにまったく限らない。どのような病気でも、病気以外のいろいろなつらい出来事であっても、そうです。今苦しんでいる人、つらい思いをしている人、悲しんでいる人と自分との差はありません。本当だったら私が病気になったかも知れないし、重症になってしまったかも知れません。今日、そうなるかも知れません。隣人を愛するというのは、何か崇高な美徳というよりも、我が事です。憐れみに生きることは、自分を愛することと区別することはできないのだと思います。私たちは隣人を愛することなく自分を愛することができないのではないでしょうか。
「憐れみ深い人々は、幸いである。その人たちは憐れみを受けるからだ。」憐れみ、と主イエスは言われます。この言葉は、ヘブライ人への手紙2:17でも使われています。「それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。」ここでは、主イエスさま御自身のお心を表すために、この「憐れみ」という言葉を使っています。主イエスさまの憐れみは、私たちのために、私たちと同じものになる憐れみです。私たちと同じ痛みを、私たちと同じ病を、私たちと同じ悲しみを嘗めるために、キリストは私たちと同じ者になられました。キリストは、ご自分の隣人として、私たちを愛してくださいました。キリストは私たちの痛みを我が事としてくださいました。だから、私たちにも愛すること、憐れみ深く生きてほしいと、主イエスは言われるのです。
「貧しい者を嘲る者は自分の造り主をそしる。人の災難を喜ぶ者は罰を免れない。」人の災難を喜ぶというのは倫理的によくないとか、人としてみっともないとか、そういう言い方もできるかも知れませんが、それ以上に、主イエス・キリストが私たちにしてくださったことに矛盾します。キリストは貧しい者のために貧しくなってくださいました。災難に苦しむ者のために災難の中に身を置いてくださいました。キリストは、完全に私の痛みを負い、私の貧しさを苦しんでくださいました。このキリストの御名が褒め称えられますように、とひたすら祈ります。

2022年1月18日火曜日

2022年1月18日の聖句

あなたの杖で、ご自分の民を牧してください。(ミカ7:14)
羊は牧者の声を知っているので、付いていく。(ヨハネ10:4)

聖書には、羊と羊飼いのイメージがいろいろなところに出てきます。詩編第23編や、「私は良い羊飼いである」という主イエスさまのお言葉が、最も代表的な羊飼いの譬えではないでしょうか。私たちの愛するイメージです。
ただ、もしかしたら、私たちが羊飼いと聞いてイメージする内容と、聖書の民のイメージとは少し違うところもあるのではないかと思います。聖書では、「羊飼い」が王の譬えとして語られることがあるのです。例えばエゼキエル書第34章です。ここでは悪政を行う王たちを、羊を虐げる羊飼いに譬えています。羊飼いはイスラエルの人々にとって身近な存在でしたから、羊を守り、羊を導く羊飼いの姿から国のリーダーの姿を思い浮かべるというのは自然なことであったのではないかと思います。
「あなたの杖で、ご自分の民を牧してください。」預言者ミカのこの言葉の背後には、このイメージがあるのだと思います。恐らく、ミカは先ほどのエゼキエルが直面したのと似たような現実を見ていたのではないでしょうか。政治家が私利私欲に走り、神を敬うこともなく、民を虐げている。人間の政治にもはや期待することができない。民は苦しみ、あるいは民自体も腐敗し、神を信じ、神の前に誠実に生きようとしない。隣人との関係も壊れてしまっている。「あなたの杖で、ご自分の民を牧してください。」この祈りは、私たちをどうか救ってくださいという切なる願いではないでしょうか。
主イエスは言われます。「羊は牧者の声を知っているので、付いていく。」私たちは、羊である私たちの牧者の声を知っているでしょうか。他の悪い羊飼いに付いていって、自分自身も悪くなってはいないでしょうか。真の羊飼いでいらっしゃる主イエスさまは、私たちの名前を呼んでいてくださいます。この羊飼いは私たちを愛し、羊である私たちのために命を捨ててくださいました。主イエスさまの声をしっかりと聞き分け、このお方に付いていきましょう。
主イエスの声を聞くとは、聖書の御言葉に触れ続けるということです。牧者キリストに付いていくとは、このお方に祈ることです。世の巷には、自分本位な羊飼いたちの声が高らかに響いています。魅力的で、おいしそうに見える草を見せるかも知れません。しかし、羊のために命を捨てる羊飼いが、他にいるでしょうか?私たちの名前を呼び続け、私たちを目の瞳のように愛してくれる羊飼いが、他の一体どこにいるのでしょうか?私たちの真の羊飼い、主イエス・キリストの声に耳を傾けましょう。

2022年1月17日月曜日

2022年1月17日の聖句

主をほめたたえよ。我らの神をほめ歌うのはなんとすばらしいことなのだから。(詩編147:1)
詩と賛美と霊の歌をもって互いに励まし合い、主に向かって心から歌い、奏でなさい。(エフェソ5:19)

今日の新約聖書の御言葉は、エフェソの信徒への手紙の一節です。私はこの手紙が好きです。パウロが書いた手紙の中でも「獄中書簡」と呼ばれるものの一つで、パウロが牢獄につながれている時に書かれました。オランダの画家レンブラントが、獄中のパウロの絵を描いています。この絵も私は大好きなのですが、暗い牢獄につながれたパウロを、小さな明かり取り窓から指す陽の光が照らしています。パウロの手もとには分厚い紙の束があって、ペンを手に持って、何かを書いている。パウロの脇には剣があります。牢獄の中に剣があるなどということはあり得ないので、これは象徴でしょう。このエフェソの信徒への手紙の中に「霊の剣、すなわち神の言葉」という下りが出て来るので、そのことを意味していると思われます。そう考えると、この絵に描かれたパウロが書いているのは、恐らくエフェソの信徒への手紙なのではないかと思います。
パウロに指す光は、獄中にあってもパウロが抱く望みの源泉、すなわちキリストの光の象徴でしょう。パウロはこの手紙の中で、このようにも言っています。「あなたがたは、以前は闇でしたが、今は主にあって光となっています。光の子として歩みなさい。」キリストの光に照らされて、パウロは、牢獄につながれているときにも神を信じ、愛し、礼拝し、賛美しています。「詩と賛美と霊の歌をもって互いに励まし合い、主に向かって心から歌い、奏でなさい。」この言葉の通り、パウロ自身が神をほめたたえ、喜んでいきていたのでしょう。キリストの光に照らされて!
神を賛美することは、私たちの喜びです。このお方の光にてされて、私たち自身までも光の子として頂いたからです。獄につながれても消えることのないこの光は、私たちをどんなときにも照らし続けます。私たちにどのようなときにも望みを与え、私たちの暗闇に属す心に光を灯し、私たちをキリストのものとして、神の言葉の剣によって強くします。このように私たちを光で照らし、力を与え、賛美の言葉を口に授けてくださる方に、栄光と誉れが世々限りなくありますように。アーメン。

2022年1月16日日曜日

2022年1月16日の聖句

主とその力を求めよ。常にその顔を求めよ。(詩編105:4)
求める者は受け、探す者は見つけ、叩く者には開かれる。(ルカ11:10)

私は今日の御言葉を思い巡らして、主イエスさまのお姿を想いました。病人を癒やしてくださった主イエスさま。数々の奇跡を行われた主イエスさま。しかし、ゲツセマネの園で血の滴りのような汗を流しながら、主イエスさまはこう祈ります。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯を私から取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」もう数時間後には逮捕されて、十字架にかけられてしまいます。この杯を、私から取りのけてくださいと神さまに祈る主イエスさま。あなたは何でもおできになりますと誰よりも深く知っておられる方が、神さまの前で祈っておられるのです。
主とその力を求めよ、と今日私たちに与えられている詩編は言っています。私たちの周りには、神さまが力をふるって解決してくださることを待ち望む課題がたくさんあります。神さまはどうして助けてくださらないのか、と考えざるをえないこともたくさんあります。私たちには途方に暮れたり、どうにもならない出来事の中で絶望することだって、少なからずあるのではないでしょうか。
今日の詩編の御言葉は、このように言っています。「主とその力を求めよ。常にその顔を求めよ。」ここで、主の力を求める祈りは、主ご自身を求めること、そして主の御顔を求めることと、一つのこととされています。主ご自身、主の御顔とは関係のない主の力というのは、存在しないのです。
主イエスは、ゲツセマネでこのように言っておられます。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯を私から取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」ここには、絶対的な神さまへの信頼があります。主イエスさまの、神さまに向かう信頼は揺るがないのです。神さまは、その全能の力を、私たちを救うことに注ぎ込んでくださいました。何でもできる方が、罪人たちが主イエスを十字架にかけることをおゆるしになったのです。神さまの御力は、神様ご自身、そして神さまの御顔と別のものではありません。主なる神様の独り子をお与えになるほどの私たちへの愛に、神さまの全能の力が注ぎ込まれています。だから、今私たちには理解できないことがたくさんありますが、神さまの力を信頼しましょう。私たちを罪から救うことにすべての力を注ぎ込んでくださった方を信頼して、主を求めて生きていきましょう。

2022年1月15日土曜日

2022年1月15日の聖句

彼は私たちの背きのために傷つけられ、私たちの過ちのために打ち砕かれた。(イザヤ53:5)
神は、罪を知らない方を、私たちのために罪となさいました。私たちが、その方にあって神の前に通用する義となるためです。(2コリント5:21)

改革者マルティン・ルターが『キリスト者の自由』という本を書きました。この中に、私の大好きな言葉があります。
「信仰は、魂が神のことばと等しくなり、すべての恩恵で充たされ、自由で救われるようにするばかりでなく、新婦が新郎とひとつにされるように、魂をキリストとひとつにする。この結合から、聖パウロも言っているとおり〔エフェソ5:30〕、キリストと魂とはひとつのからだとなり、両者の所有、すなわち、幸も不幸もあらゆるものも共有となり、キリストが所有なさるものは信仰ある魂のものとなり、魂が所有するものはキリストのものとなる、という結果が生じる。ところでキリストは一切の宝と祝福とを持っておられるが、これらは魂のものとなり、魂は一切の不徳と罪とを負っているが、これらはキリストのものとなる。ここに今や喜ばしい交換と取り合いとが始まる。キリストは神であって人であり、まだ一度も罪を犯したことがなく、その義は打ち破られることなく、永遠で全能であるので、信仰をもつ魂の罪を、その結婚指輪、すなわち信仰によってご自分のものとされ、あたかもご自分がその罪を犯したかのようになさるのである。すると罪はキリストの中に呑み込まれ、溺れさせられてしまう。なぜなら、キリストの打ち破られることのない義はすべての罪に対してあまりにも強いからである。こうして魂は、ただその結納品、すなわち信仰のゆえに、自分のすべての罪から免れ、自由となり、新郎キリストの永遠の義を与えられる。富んだ、高貴で義である新郎キリストが、貧しく、いやしく、悪い娼婦をめとって、すべての悪から解放し、すべての財貨をもって飾ってくださるとしたら、それは喜ばしい結婚ではないか。」
少し長い引用でしたが、ぜひ何度か繰り返し読んでください。私はここに出て来る「結婚指輪」というところが好きです。キリストの花嫁にして頂いた私たちは、自分がもっていた借金、罪がすべてキリストのものとなりました。代わって、キリストの持っていたあらゆる良いものが花嫁である私たちのものとなりました。私たちはキリストの高貴さにあずかって義とされ、キリストは私たちの罪を引き受けて罪人として十字架にかけられたのです。私たちの背きのために傷つけられ、私たちの過ちのために打ち砕かれたキリストによって、私たちは生きることがゆるされています。

2022年1月14日金曜日

2022年1月14日の聖句

主は私たちに大きな業を成し遂げてくださった。私たちは喜んだ。(詩編126:3)
私たちの主イエス・キリストの父なる神が、ほめたたえられますように。神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくださいました。(エフェソ1:3)

主なる神様は、今日も、私たちに大いなる祝福をくださっています。私たちは神が祝福してくださっているという事実の中を生きています。これが私たちの喜びの源泉、私たちの存在の確乎たる土台です。
「神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくだしあました」と言っています。ここにある「あらゆる霊の祝福」というのは、何のことなのでしょうか?「霊の祝福」の反対は、恐らく「肉の祝福」ということになるのだと思います。そうなると、きっと極めて現世的で、あるいは御利益的な祝福を意味することになると思います。
私たちには、商売繁盛や家内安全を求めて祈ることも許されています。仕事ができなければ食べていかれませんし、家族の幸せを願うのは、神が与えてくださった存在を愛おしむ尊い願いです。しかし必要以上に金持ちになることや、自分たち家族以外はどうでも良いという祈りは、神さまはお喜びにはならないでしょう。それに、当座は不幸としか考えられない出来事の中からも神さまは私たちに語りかけておられます。その小さな声を聞き取る耳を持つことは、とても大切です。苦難の中で出会う聖書の御言葉は、何にも替えがたい宝です。それは、キリスト御自身が私たちのために苦しんでくださった方だからです。神さまは苦しむ者と共にいてくださいます。
「私たちの主イエス・キリストの父なる神が、ほめたたえられますように。神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」神は、私たちをキリストを通して祝福してくださいました。霊の祝福を下さいました。霊の祝福は、もしかしたら私たちの目にはっきり見えないこともあるかも知れません。しかし、神さまはあらゆる祝福をキリストにあって私たちに下さっています。キリストの命という祝福です。十字架にかけられたキリストがそのしるしです。「主は私たちに大きな業を成し遂げてくださった。私たちは喜んだ。」主なる神様が私たちのためにしてくださった大きな業、すなわちキリストを私たちに下さった御業、そこに現れた神の大いなる霊の祝福をたたえて、私たちは喜んで今日の一日を歩んでいきます。

2022年1月13日木曜日

2022年1月13日の聖句

あなたの救いを愛する人が「神は大いなるかな」と、絶えることなく言いますように。(詩編70:5)
忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、心を合わせ、声をそろえて、神をあがめさせてくださいますように。(ローマ15:5~6)

どのような集団であっても、心を一つにするというのは、言葉以上に難しいことであると思います。家族でも、何かの組織でも、国家でも、あるいは教会でも。皆の心が一つになる、一致して同じ方向を向くというのは簡単なことではありません。誰かに我慢を強いたり、誰かの声を押し潰したりするということが多くの人の気づかないところで起きがちになってしまうことが多いのではないでしょうか。
例えば昨今のコロナの受け止め方一つを取ってみても、本当に人それぞれ違っていて、誰かの感覚を基準にして「大丈夫だ」と言ったり、「不安だ」と言ったりしても、皆が同じ感想を持っているわけではないので、結局は誰を基準にしても無理が出てしまいます。コロナに限らずいろいろな場面で、自分の感覚を当たり前と思わない慎重な見方が必要なのだと自戒します。
しかし、だからと言って私たちがただ単にバラバラなだけなのだとしたら、それは悲しいことです。しきりに社会の分断ということが叫ばれ、指摘されています。確かに私たちはいろいろな意味で分断されてしまっているのかも知れない。しかし教会は、他のどこがバラバラになってしまったとしてもなくなってしまうことのない一致点を持っているのではないでしょうか。今日の二つの御言葉はそのことを伝えます。
「あなたの救いを愛する人が『神は大いなるかな』と、絶えることなく言いますように。」「忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、心を合わせ、声をそろえて、神をあがめさせてくださいますように。」私たちは主イエス・キリストの愛を頂き、この方に救って頂いたという確固たる一致点があります。だから、私たちは神をあがめ、神の偉大さをほめたたえ、心を合わせ、声をそろえて、祈り、賛美することができるのです。私たちはその点で確乎として一致しています。キリスト御自身が私たちの結び目なのです。
聖霊が同じ神への愛を私たちに抱かせてくださるから、私たちは一つです。この傷ついた世界の中にあって、共に一つの心で神を賛美する教会という家族は星のように輝き、この世界の慰めのしるしとなると私は信じています。

2022年1月19日の聖句

貧しい者を嘲る者は自分の造り主をそしる。人の災難を喜ぶ者は罰を免れない。(箴言17:5) 憐れみ深い人々は、幸いである。その人たちは憐れみを受けるからだ。(マタイ5:7) 今回のコロナのことで痛感させられたことの一つは、苦しむ人と私との差は何もない、ということです。いつ、どこで、...