2023年1月27日金曜日

2023年1月27日の聖句

義しい人は小川のほとりに植えられている木のようで、
時が来ると実を結び、
その葉は枯れることがない。(詩編1:3)
パウロの手紙:私はこう祈ります。あなた方の愛が知識とあらゆる体験にあって、ますます豊かになり、イエス・キリストによる義の実りで満たされて、神に栄誉と賛美がもたらされますように。(フィリピ1:9,11)

「あなた方の愛が知識とあらゆる体験にあって、ますます豊かになり」と書かれています。愛の豊かさは、知識とあらゆる体験に深く関わる。そのように言っています。愛は単に好きとか好ましいとか気に入っているという感情の延長にあるのではない。知識や体験が重要な役割を果たしている、ということではないでしょうか。
ここで言う「知識」は、人間に対する深い洞察や相手への姿勢、理解、知りたいという関心、そういったいろいろなことを含んでいるのではないかと思います。愛するというのは、相手の心を想像することです。相手がどのようなことを喜び、どのようなことを悲しみ、何を大切にし、何を欲し、また本当に必要なのか。相手の言葉や態度に隠れた、もしかしたら本人も気付いていない痛みや歴史があるのではないか。そういったことを想像し、相手の喜びを共に喜び、悲しみを共に悲しむ。そういう意味での想像力。それが愛の力です。別の言葉で言えば、思いやりです。
「あらゆる体験」とも言われています。ただの体験ではなく、あらゆる体験。私のとても尊敬している牧師が、かつてこのようなことをおっしゃっていました。幼少期から大人になるまで、ずっと苦労してこられた方です。そのことでもって、牧師になろうとしたとき、よく「あなたは苦労してきたからいい牧師になりますね」と言って頂いたそうです。しかしその先生はおっしゃっていました。苦労は時に人の心を固くする。自分の苦労なんて誰にも分からないとか、相手よりも自分の方が苦労してきたとすぐに思い込んでしまう。むしろそれよりも、相手のことを思う心、愛が大事だと考えている。
パウロが言う「あらゆる体験」というのは、やはりここでも相手への想像力を言っているのではないかと思います。自分のあらゆる体験から相手を想像し、また、自分の体験を超えた相手の体験をおもんぱかる。自分の体験に閉じこもるのではなく、そこから更に開かれて、相手の体験への思いを抱く。そこで愛が磨かれるのだと思います。
愛は、神が与えてくださる賜物です。私たちはとても小さくて視野も狭窄ですが、神は私たちに愛を与え、思いやりの人として新しくしてくださる。そのことを信じ、愛する愛をくださいと祈りたいと願います。

2023年1月26日木曜日

2023年1月26日の聖句

あなたは喜びを私の心にくださいます。それは穀物と新しい葡萄酒が豊かにあるときにもまさっています。(詩編4:8)
神の国は飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。(ローマ14:17)

穀物と新しい葡萄酒。それはどちらも生きるために必要なものです。葡萄酒は今では嗜好品ですが、当時のイスラエルでは生きるための必需品です。日本のように湿潤ではない場所ですし、衛生環境も悪く、ぶどう酒は大切な役割を果たしていました。ですから、穀物が無事に生育し収穫できたとき、そして、ぶどうをワインにして新しい葡萄酒ができあがったとき、それは大きな喜びだったと思います。これで、やっと次の一年を生きることができる。そういう命の喜びです。
しかし、そのような穀物や新しい葡萄酒の喜びに優って、神が下さる喜びを楽しんでいます。「あなたは喜びを私の心にくださいます。それは穀物と新しい葡萄酒が豊かにあるときにもまさっています」。なぜなら「神の国は飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜び」だから。飲み食いに優る喜びがここにある、と聖書は私たちに訴えています。
聖霊によって与えられる義と平和と喜び。どうして、義と平和と喜びという三つがここで数えられているのぜでしょうか。「義」というのは、神の義という意味に違いありません。神ご自身が打ち立てられる義、そして、神さまが私たちと結んでくださる正しい関係。聖書はそれを「義」と呼びます。何か抽象的で絶対的な正しさみたいなものがあるというのではなく、「義」は神さまとの関係の中で考えられています。
「平和」もやはり神さまがキリストにあって私たちと和解してくださったこと。そして、神さまが私たちとの間を平和にしてくださったことに基づいて私たちが互いに愛し合うこと。そこに平和が生まれる。従って「平和」も関係の中で考えることです。
そう考えると、最後の「喜び」も、一人で楽しくやってるとか面白がっているということではなくて、神さまとの関わりにおける喜び、神が与えてくださる喜びであり、また神の愛を共に喜ぶ私たち相互の喜び、あるいはキリストがしてくださったように互いに仕え合うときに生まれる喜びです。
すなわち、聖霊が私たちに与えてくださる義と平和と喜びは、どれも関わりの中で考えられることです。神さまとの関わりであり、神様にある隣人との関わり。共に生きる喜びです。それは、穀物にも新しい葡萄酒、つまり自分の飲み食いの安定や安心にまさる喜び。神さまはご自分を信じる者を、格別な喜びへ招いてくださっています。

2023年1月25日水曜日

2023年1月25日の聖句

義は命へと導く。しかし悪を追求することは死へと導く。(箴言11:19)
義に飢え渇くものは幸いです。その人たちは満ち足りるからです。(マタイ5:6)

昔、ボーイスカウトに所属していました。5年生の秋から入団してしばらく経って、小学校6年生か中学校1年生かのころのことです。毎年春と夏に何泊かのキャンプをしていましたが、夏のキャンプのとき、その最終日。テントを片付け、いよいよ帰ろうとバスに向かいました。テントを張った野営場は、確か川の側だったかと思いますが、バスに乗るために急な斜面を登らなければなりませんでした。すごく暑い日でした。何泊分もの重いキャンプ用具を背負って坂を登って、本当に暑くて喉が渇いて仕方がなかった。水筒も空っぽ、喉が渇いても飲むものもない。あの夏の日の喉が渇いて仕方がなかった記憶が、今でも鮮明に残っています。
「義に飢え渇くもの」と言っています。渇くというのはとても辛いことです。喉が焼けるようになって、カサカサで、苦しくて仕方がない。たった一杯の水でもいいから、飲ませてほしい。そうやって飢え渇く、しかも義に飢え渇くものは幸いだ、と主イエスは言われます。水を求めるように義を求める。神さまの義、神さまの義しさ、正義を求める。
思えばこの世界には理不尽なことがたくさんあるし、デタラメな出来事がたくさんあります。神さま、どうしてですかと問わねばならないこともたくさんあります。そんなとき、私たちは渇いているでしょうか。もっと正確に言えば、義に渇いているでしょうか。何か神さまとは別のものでその渇きを満たしたつもりになってはいないでしょうか。
本当に喉が渇ききって焼けてしまったとき、ビールを飲んでその渇きを満たそうとしても、その渇きは本当には癒やされません。お酒は却って脱水を促してしまいます。飲んだ瞬間は潤った気持ちになれても、根本的な渇きの解決にはならない。結局、自分でも知らない内にもっと渇いてしまいます。渇きを満たすためには水が必要です。そして私たちの魂の渇きは、神さまの義以外のものでは満たされないのです。
「義に飢え渇くものは幸いです。その人たちは満ち足りるからです。」義を求め、義に渇くもの。その人たちこそが本当に満ち足りるのだ、と主イエスは言われます。神さまはご自分を求めるものを決して放ってはおかれないのです。義は私たちを命へと導く。主なる神さまこそが、私たちを潤すまことの救いです。

2023年1月24日火曜日

2023年1月24日の聖句

いと高き方はあなたの避けどころ。(詩編91:9)
イエスの言葉:あなたがたは心を騒がせてはなりません。神を信じ、また私を信じなさい。(ヨハネ14:1)

今、心が騒いではいませんか?心配事や悩み事に心が覆われてはいませんか?主イエスさまは、そんな私たちにおっしゃいます。「心を騒がせてはなりません。神を信じ、また私を信じなさい。」心を騒がせてはならないと主イエスがおっしゃるとき、ちゃんとその根拠もおっしゃってくださいます。「神を信じ、また私を信じなさい。」神を信じ、キリストを信じるとき、私たちは心を騒がせないで済む!主イエスはそう宣言なさいます。
今日の旧約はこのように言っています。「いと高き方はあなたの避けどころ。」いと高き方、天の父なる神、この方こそが私の避けどころ。「避けどころ」と言うからには、避けて良いということになります。私たちは逃げてよい。心を騒がせることから逃げてよいのです。
主イエスは、主の祈りの中で「我らを試みに遭わせず、悪より救い出したまえ」と祈ることを教えてくださいました。救ってください、助けてください、試みに遭わせないでください。私たちはそう祈っていい。どんな試みにも耐えうる強靱な精神力を持て、と主イエスはおっしゃいませんでした。試みに遭わせないでください、私たちを救ってください、助けてください。私たちはいと高き神を避けどころとし、助けを求める祈りをささげることが許されている。
それは、私たちにとって罪の力がそれだけ強いからだとも言えると思います。私たちを覆う時代の精神、悪の力、空中に勢力を持つ力は強い。悪から救いだしてくださいと祈らなければ、私たちはそれに打ち勝つことができない。主ご自身が私たちの避けどころとなってくださる。私たちの罪との戦いのための避けどころに。
心が騒ぎ、その心騒がせる事柄に心が支配されてしまうとき、私たちは神さまを忘れます。その意味で、心騒がせる事柄は私たちにとっては試みです。罪との戦いです。しかしその戦いの中で、救ってくださいとたった一言祈るとき、私たちは既にキリストご自身の勝利に連なっている。私たちはそう信じて、主ご自身が教えてくださった祈りを口ずさみつつ今日一日の旅路に出て行きます。

2023年1月23日月曜日

2023年1月23日の聖句

私が潰れないようにしてください、私はあなたを信頼しております。(詩編25:20)
雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を襲っても、家は倒れませんでした。岩の上に土台が据えられていたからです。(マタイ7:25)

「私が潰れないようにしてください。」今日の旧約聖書の御言葉です。この詩編の言葉は、ドイツ語の聖書を日本語訳したもののようです。聖書協会共同訳で読むと、受ける印象がずいぶんと違う翻訳をしています。しかし、このドイツ語訳もいいなと思います。
「私が潰れないようにしてください。」とても現代的な祈りだと思います。心や体が参ってしまうことを「潰れる」と表現することが多くなりました。そういう事態を「潰れる」と言い表すのは、自分の上に乗っかっているプレッシャーがとても重いからだと思います。ひどい重圧が自分の上にのしかかっていて、もう潰れてしまう。だから、私たちは祈ります。「私が潰れないようにしてください、私はあなたを信頼しています。」神さまを信頼し、神さまに依り頼んで、どうぞ私が潰れないように守ってくださいと祈る。これはそういう祈りです。
主イエスはおっしゃいます。「雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を襲っても、家は倒れませんでした。岩の上に土台が据えられていたからです。」家が潰れてしまうのはなぜか。地盤が軟弱だからだ。砂のような柔らな地面に家を建てると、建てるときには確かに楽だけれども雨が降って洪水が押し寄せ、風が家を襲ってきたら耐えることができない。地盤が軟らかすぎて、家を支えることができない。結局、砂の上に建てた家はすぐに潰れてしまう。
岩の上に土台を立てる。それは、主イエスさまの御言葉に従うことを意味します。主イエスの言葉を聞いて終わらせるだけではなくて、実際にそれに従う。それこそが岩の上に家を建てることに他ならない。先ほどの旧約の詩編でも、主への信頼をもって、私が潰れないようにしてくださいと祈っていました。主を信頼し、主に聞き、主に従う。そこに私たちの立ち続けうる確かさがある、と主は言われます。
今日、どれか一つ、主イエスさまの御言葉に従ってみませんか。主イエスのおっしゃった言葉を聞くだけではなく、従って、今日一日の歩みへと踏み出してみましょう。そうすれば私たちが潰れてしまうことは決してありません。

2023年1月22日日曜日

2023年1月22日の聖句

今週の聖句:人々が東からも西からも、また南からも北からも来て、神の国で食卓につきます。(ルカ13:29)

今日の聖句:
あなたには、主よ、並ぶ者がいません。あなたは偉大で、あなたの名前は偉大です。あなたが御業で証明します。(エレミヤ10:6)
だれも、すでに据えられている土台以外の物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。(1コリント3:11)

偉大な方、偉大なお名前をもつ方。この方には他の誰も並び立つ者がない。私たちの信じる神様はそういう方です。この世界を造った方、この世界の王でいらっしゃる方。どのような人間も、自然の事物も、歴史の出来事も、この神さまに並ぶことはできない。例えそれがどんなに偉大な業績を残した人物であろうと、有名であろうと、権勢を誇ったのであろうと、すさまじい宗教的指導者であろうと。
「だれも、既に据えられている土台以外の物を据えることはできない」と使徒パウロは言います。パウロには、実際に教会に既に据えられた土台であるキリスト以外の何かを土台にしようとしている事態が見えていたのでしょう。コリントの信徒への手紙の一節ですから、コリント教会にそのようなことが実際に起こっていたに違いありません。そうすると、エレミヤ書が言っている、他に誰も並び立つことのできない神の偉大さということが、空文化してしまいます。意味のないお題目になってしまいます。つまり、神さまが偉大だとか、唯一の神だとか、並び立つ者のない方だとか、この天と地をお造りになった方だとか、そういうことはどれも実際的な意味を持たなければ仕方がないことだということだと思います。
私たちの実際の生活にとって、神が偉大な方だという事実はどのような意味を持っているでしょうか。私たちの毎日の生活は、神の偉大さを前にして膝をかがめるものになっているのでしょうか。コリントの信徒への手紙では、キリストこそ土台という話をするにあたって、とても丁寧にそのキリストは十字架にかけられた方だという話をしています。十字架にかけられ、私たちのために死なれた方が私たちの土台。私たちのために弱くなってくださった神の子が私たちの土台。その他にこの方に並び立つ者はいない。私たちの今日一日を意義あるものとする土台は、十字架にかけられたキリストです。その事実を前に、驚きつつ新しい一日を始めましょう。

2023年1月21日土曜日

2023年1月21日の聖句

わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。(ヨブ1:21)
主イエス・キリストを身にまといなさい。(ローマ13:14)

私たちが毎日読んでいる『日々の聖句』では、旧約と新約から一箇所ずつの御言葉が割り振られています。旧約に従って、新約の御言葉が選ばれているようです。今日の二つの御言葉の組み合わせは、私はこれまで考えたことがありませんでした。しかし、すばらしいと思います。目が開かれるような思いになりました。
今日の旧約聖書はヨブ記の御言葉です。ヨブは無垢な正しい人でしたが、身に覚えのない数々の不幸に見舞われました。子どもたちを全員失い、財産も失いました。そして自分自身、全身にひどい皮膚病が起こって苦しめられました。実は、サタンが神に、あのヨブのような無垢で正しく見える人も、神が彼に恵みを与えて幸福な人生を送らせているから神を信じているにすぎない、不幸に陥ればすぐに神を呪うと言った。そこで神が、お前の思うとおりに彼にしてみろとおっしゃって、ヨブは苦しむことになりました。しかしそのようなことをヨブ自身は知りません。ヨブは全く理由も分からない、理不尽な苦しみにさいなまれた。しかし彼は「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう」と言い、神を呪いませんでした。
「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。」それは、本当のことです。すべてを奪われ、考えられないほどの不幸に襲われながら、何も持たず裸で死のうとヨブは言います。私たちが生まれてから得たものは、自分で獲得したような気持ちになっていてもすべては神の恵みによって与えられたものです。ところがすぐに自分のもの、自分だけのものと思い込んでしまいます。しかし、裸で生まれた者なのだから、何も持たずに死ぬことが本当のことです。
私たちは、生まれたときも死ぬときにも、無力です。何も持ってくることも、持っていくこともできません。自分の生まれることも死ぬこともどうすることもできません。それなのに、神さまは私たちにキリストを着せてくださいました。洗礼を受けたとき、私たちはキリストを着ました。何とその衣は、私たちが死んでも朽ちません。いつまでも着たままです。火葬されても土葬されても、その衣だけは腐ってしまうことがない。なぜなら、私たちは何も持たず無力ですが、私たちを覆うキリストは墓から復活なさった方だからです。私たちは死を越えて輝くキリストを自分の衣として着ている。
ですから、私たちは安心して裸で死ぬことができます。何も持っていなくても大丈夫です。神さまが私たちにキリストを着せてくださっているのですから。

2023年1月27日の聖句

義しい人は小川のほとりに植えられている木のようで、 時が来ると実を結び、 その葉は枯れることがない。(詩編1:3) パウロの手紙:私はこう祈ります。あなた方の愛が知識とあらゆる体験にあって、ますます豊かになり、イエス・キリストによる義の実りで満たされて、神に栄誉と賛美がもたらされ...