2021年8月4日水曜日

2021年8月4日(コヘレトの言葉8:1〜17)

コヘレトの言葉8:1~17
地上に起こる空なることがある。
悪しき者にふさわしい報いを正しき者が受け
正しき者にふさわしい報いを悪しき者が受ける。
私は、これも空であると言おう。(14節)
私は神のすべての業を見た。太陽の下で行われる業を人は見極めることはできない。人を探し求めようと労苦しても、見極めることはできない。たとえ知恵ある者が知っていると言っても、彼も見極めることはできない。(17節)

ある程度社会が順調に進んでいるときには、何らかの意味で因果律が働きます。悪しき者には悪しき者としての報いがあり、正しき者には正しき者としての報いがある。言葉を換えれば、完全ではないにしてもおおよそ社会は公正であると言うことができる。しかし、そういう因果律を前提にできなくなってしまう時代もあります。例えば戦時です。あるいは疫病の蔓延が今よりもっとひどくなり、社会が崩壊してしまう事態に陥れば、そういう時にもやはり社会の公正さはこれまで以上に崩壊してしまうでしょう。私はコヘレトが見ていた社会は、因果律や公正さが崩壊した社会なのであろうと思います。「悪しき者にふさわしい報いを正しき者が受け、正しき者にふさわしい報いを悪しき者が受ける。」そしてそれは空だと言うのです。
同じような時代を背景としたものとしては、例えばヨブ記も挙げられると思います。ヨブは無垢な人で、神さま御自らがヨブについて「地上には彼ほど完全で、正しく、神を畏れ、悪を遠ざけている者はいない」とおっしゃっていました。しかし、まさにヨブは「悪しき者にふさわしい報いを正しき者が受け」たのです。何の謂われもなく不幸な目に遭いました。子どもたちを失い、家財産をすべて失い、本当にひどい皮膚病に冒されたのです。ヨブの妻は「神を呪って死んでしまいなさい」と言わざるを得なかった。あまりに不公正な目に遭っているからです。
コヘレトが見つめているのも、同じような不公正な社会、正しき者への報いが期待できず、悪しき者が栄える社会です。デタラメな社会です。そんな社会の中でもコヘレトは信仰を失わず、神さまを信頼します。太陽の下で行われる神の業のすべてを見極めることはできない、だからそれを神に委ねるのです。従って、人間にふさわしいのは「太陽の下では食べ、飲み、楽しむことよりほかに人の幸せはない」とここでも繰り返し言います。神がそれを与えてくださったのだから、と。
私たちの目に映る「現実のゆえに」神を信じるのではなく、「それにもかかわらず」神を信じるということが問われます。世界の不条理を本当に甘んじて受け、不公正な苦しみを苦しんだのは、本当はキリストご自身です。このお方が与えてくださった今日一日の命を誠実に、また楽しく生きるところに価値を見るコヘレトのまなざしは、真実なものです。

2021年8月3日火曜日

2021年8月3日(コヘレトの言葉7:23〜29)

コヘレトの言葉7:23~29
ただし、見よ、これを私は見いだした。
神は人間をまっすぐに造ったのに
人間はさまざまな策略を練ろうとするのだ。(29節)

神は、人間をまっすぐに造った。これが聖書の基本的な人間観です。そもそも人間はまっすぐなもの、良いものとして造られた。「私たちは神の作品であって、神が前もって準備してくださった善い行いのために、キリスト・イエスにあって造られたからです」(エフェソ2:10)。それなのに、まっすぐに造られたはずの人間がさまざまな策略を練ろうとし、その策略のためにさかさまな者になってしまっている。コヘレトは人間が自滅的に生み出した悲惨をつぶさに見てきたのです。
私はこの言葉を読んで、ハイデルベルク信仰問答の言葉を思い出しました。ハイデルベルク信仰問答では、聖書の中で最も大切な戒めは、主イエスが教えてくださった神への愛と隣人への愛、すなわち「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」と「隣人を自分のように愛しなさい」という言葉であると言います。ところが、私たちは「生まれつき、神と隣り人とを憎む傾向にある」、愛し得ない現実があるといいます。そこでこのように問います。「神が人間を、そんなに悪く、さかさまなものに、お造りになったのでしょうか。」私は今日のコヘレトの言葉を読んで、この「さかさまなもの」という言葉を思い出しました。生まれつき神を愛することにも隣人を愛することにも失敗し続けてきた私は、そもそも神にさかさまにつくられたのか?愛に生きることなんて最初から不可能な悪い存在なのか?ハイデルベルク信仰問答はこう答えます。「いいえ、神は、人間を、よいもの、つまり、まことにご自身の姿に似せて、正しい聖いものに、お造りになったのでありますから、人間は、神を、自分の造り主として正しく知り、心から愛し、神とともに永遠の祝福の中に生き、神をほめたたえるようにしてくださっているのであります。」そしてそのためにこそイエス・キリストが来てくださり、十字架にかかってくださったのだという話をしていきます。
神さまは私たちをまっすぐに造ってくださいました。良いもの、神のかたちに造ってくださいました。私たちが神に造られた者として、まさに「私らしく」生きるために、キリストが私たちのところへ来て、十字架へと進んでくださったのです。

2021年8月2日月曜日

2021年8月2日(コヘレトの言葉7:1〜22)

コヘレトの言葉7:1~22
幸せな日には幸せであれ。
不幸な日にはこう考えよ。
人が後に起こることを見極められないように
神は両者を造られたのだ、と。(14節)

とても卑近な例ですが、この一週間私は腰痛に悩まされていて、小さな不幸の日々を過ごしています。腰が痛くなると「腰」というこの漢字はよくできているといつも思います。コヘレトにとっては幸せな日に幸せを楽しむのはふさわしいことですし、逆に不幸な日の過ごし方も知っているのだ、と言うのです。不幸な日には「人が後に起こることを見極められないように、神は両者を造られたのだ、と」考えよ、と言います。私たちはいつ、何が、どう起こるのかは分かりません。後に起こることについて私たちは無知です。後になって振り返ってみることしかできません。そして、後になって振り返ったときに、不幸だと思っていた出来事が奇貨となって別のよい意味を持つことがあるのです。神さまがどの出来事をどのように用いるのか、私たちには分かりません。それは神さまの範疇なのだから、幸か不幸かで一喜一憂するのではなく、神さまにお任せして今を楽しんで生きよ、とコヘレトは言います。


あなたは義に過ぎてはならない。
賢くありすぎてはならない。
どうして自ら滅びてよかろう。
あなたは悪に過ぎてはならない。
愚か者であってはならない。
あなたの時ではないのに、どうして死んでよかろう。(16,17節)

私はこの言葉が好きです。聖書が教える人間関係の極意、という感じさえ受けます。義に過ぎたり悪に過ぎたりしてしまうのは、自分が絶対だという思い込みから始まるのかも知れません。本当は「あなた自身が何度も他人を呪ったことを、心は知っているはずだ(22節)」と言うとおりで、私は絶対でも何でもなく、正しくないのです。今日の御言葉は、神さまの前にある私たちの小ささを気付かせる言葉だと思います。

2021年8月1日日曜日

2021年8月1日(コヘレトの言葉6:1~12)

コヘレトの言葉6:1~12
太陽の下、私はある災いを見た。それは人間に重くのしかかる。神が富と宝と栄誉を与えて、望むものは何一つ欠けることのない人がいた。だが、神はそれを享受する力をその人に与えず、他の人がそれを享受することになった。これも空であり、悪しき病である。(1~2節)
空である短い人生の日々に、人にとって何が幸せかを誰が知るのだろう。人はその人生を影のように過ごす。その後何が起こるかを、太陽の下、誰も人に告げることができない。(12節)

太陽の下、コヘレトがみたある災い。これは第4章などで「私は再び太陽の下で行われるあらゆる虐げを見た」と言っているのに対応しています。この社会の虐げや不正を見たコヘレトが、今度は災いを見つめている。人間に重くのしかかるその災いとは、いかなるものなのか。このように言います。
「神が富と宝と栄誉を与えて、望むものは何一つ欠けることのない人がいた。だが、神はそれを享受する力をその人に与えず、他の人がそれを享受することになった。」
神さまがせっかく富と宝と栄誉を与えてくださったのに、その人はそれを享受する力を持たなかった。結局、他の人がそれを享受することになった、と言います。何を言っているのでしょうか?小友聡というコヘレトの言葉の研究をしておられる先生によると、この言葉の背景には「黙示批判」がある。私なりに言い換えると、死後の救いばかりに心を奪われて極端な禁欲をし、この世の楽しみをまったく否定する人たちがいた。コヘレトは彼らの考え方の誤りを指摘している。小友先生がおっしゃっているのはそういうことだと思います。
コヘレトは食べたり飲んだりする楽しみを肯定します。「人の労苦はすべて口のためである。」ただし、ただ美食を楽しんで放埒に生きるというのでもない。「だが、それだけでは魂は満たされない。」それではどうしたら良いのか?「空である短い人生の日々に、人にとって何が幸せかを誰が知るのだろう。」ある人たちはよの楽しみを否定し、あるいはその価値を認めずに禁欲に心を傾けます。しかし食べる物も飲むものも神が造った良いものであって、神に与えられたものとして感謝して受けるのであれば、すべては良いものであるはずです。だからコヘレトは言います。「神が富と宝と栄誉を与えて・・・」と。神が与えてくださったものとして感謝して受けるということが大切なのです。神に与えられた人生の中で、神に与えられた楽しみを喜ぶ。コヘレトはその尊さを私たちに伝えます。神さまに頂いたものとして、私たちの小さな楽しみも神の祝福の内にあるのです。

2021年7月31日土曜日

2021年7月31日(コヘレトの言葉5:7〜19)

コヘレトの言葉5:7~19
銀を愛する者は銀に満足することがなく
財産を愛する者は利益に満足しない。
これもまた空である。(9節)
たらふく食べても、少ししか食べなくても
  働く者の眠りは快い。
富める者は食べ飽きていようとも
  安らかに眠れない。(11節)
見よ、私が幸せと見るのは、神から与えられた短い人生の日々、心地よく食べて飲み、また太陽の下でなされるすべての労苦に幸せを見いだすことである。それこそが人の受ける分である。(17節)

コヘレトは太陽の下にあるこの世界にはびこる数々の不幸を見つめてきました。権力者と金持ちが横暴に振る舞ったり、本人は優秀でも後継者に恵まれなかったり、虐げられる者がいわれのない苦しみを受けていたりする。世界の現実を見つめ、コヘレトは嘆きます。「銀を愛する者は銀に満足することが泣く」というのも、そういうこの世界の不幸の一つです。お金自体が目的になってしまうと、どんなに金持ちになっても絶対に満足できない。それは真理です。しかし、その真理に気付いている人はあまりいません。
却って、しっかりと働いて毎日の労苦を担い、夜には疲れた体を休め、心地よく食べたり飲んだりして心や体をリラックスさせる。そういう毎日の繰り返しを神さまは私たちのために備えてくださったのではないか、とコヘレトは言います。そして、それを一人で味わうのではなく、仲間と共に分け合うということではないでしょうか。「一人よりも二人のほうが幸せだ。共に労苦すれば、彼らには幸せな報いがある(4:9)」。
教会は、家族です。肉の家族を越えた、それ以上の家族です。ここには共に生きる兄弟がおり、姉妹がいます。私たちは主イエス・キリストにあって一つの家族です。銀を求めるよりも、働く必要もないほどの金持ちになるよりももっと大切でもっと幸せなことは、共に生きる仲間を持つことです。キリストが私たちを呼び集めてくださったのです。そして、この方が私たちに言われます。「貧しい人々は、幸いである。神の国はあなたがたのものである(ルカ6:20)」。キリストの言葉を聞き、キリストが招く幸いを分かち合う私たちは、一つです。

2021年7月30日金曜日

2021年7月30日(コヘレトの言葉4:13~5:6)

コヘレトの言葉4:13~5:6
神の前に言葉を注ぎ出そうと
焦って口を開いたり、心をせかしたりするな。
神は天におられ、あなたは地上にいるからだ。
言葉を控えよ。
仕事が増えれば夢を見
言葉が増せば愚かな者の声になる。(5:1~2)

今日の箇所は内容が前半と後半に分けています。前半は4:13~16で、ここでは統治者に対する言葉。後半は4:17~5:6で、こちらは神殿礼拝に対する言葉です。
前半の言葉はかなりラディカルな社会批判です。「貧しくても知恵ある少年のほうが、もはや忠告を聞き入れない老いた愚かな王よりまさる。」かなり痛烈な王に対する批判です。例としては少し卑近すぎるかも知れませんが、私たちの国で言えば二世・三世の代議士が当然のように偉くなって権力の座に居座ることよりも、どこの馬の骨かも分からない貧しい人の方が良い、ということでしょうか。貧しい馬の骨はいくら知恵があっても、結局大衆は変化を好まないので、ほとんど門戸が開くことはありません。私たちには「老いた愚かな王」を好むところがあります。その結果が昨日も読んだ4:1の「太陽の下で行われるあらゆる虐げ」なのかもしれません。権力は必ず腐敗するからです。
後半は神殿での祈りに注目します。神の前で焦って口を開き心をせかして軽率な言葉を重ねるな、と忠告します。「神は天におられ、あなたは地上にいるからだ。言葉を控えよ。」この警告は、祈りのこころの大切な事柄を私たちに教えます。神の御前で畏れ、取り繕ったり言葉数を多くしたりするのではなく、へりくだって真実な心をお献げすることを私たちに教えます。さらに6節には
「夢が多ければ、ますます空しくなり
言葉も多くなる」
と書かれています。これも印象的です。自分の願望や要求を神さまに押しつける祈りに終始してはいないかと問われているのではないでしょうか。「神を畏れよ」とここでも繰り返していることを心に留めたいと思います。
この世の統治権力のことを考えるときにも、祈りを考えるときにも、主を畏れ、神さまの前に真実に生き、また祈るための道を求めていきたいと願います。

2021年7月29日木曜日

2021年7月29日(コヘレトの言葉4:1~12)

コヘレトの言葉4:1~12
私は再び太陽の下で行われるあらゆる虐げを見た。
見よ、虐げられる者の涙を。
  彼らには慰める者がいなかった。
また、彼らを虐げる者の手には力があった。
  彼らには慰める者がいなかった。(1節)

コヘレトはこの社会の中で、力が無く、弱く、虐げられている人々の現実に目を向けます。虐げられる者たちは涙を流し、彼らを虐げる者たちの手には力がある。虐げられる者たちを慰める人は誰もいない。コヘレトの時代であっても我々の時代であっても、同じことが起こっていると言わねばならないのではないでしょうか。そして、コヘレトはこのような悪が横行していることを見つめ、この悪を見ないで済むもう死んだ人々、そしてまだ生まれていない人たちは幸いだ、とまで言います。本当に激しく、厳しい絶望です。
とは言っても、その虐げは特別に悪い意図の下に行われているわけではないと思います。4節ではこのように言います。「また、私はあらゆる労苦とあらゆる秀でた業を見た。それは仲間に対する妬みによるものである。これもまた空であり、風を追うようなことである。」あらゆる労苦とあらゆる秀でた業は、普通であれば手放しにたたえられるべきです。労苦して働き、磨き上げて熟練した秀でた業はすばらしい「職人芸」です。ところが、そのような労苦や秀でた業の背後には「仲間に対する妬み」があるとコヘレトは指摘します。なんと悲観的な見方なのかとさえ思います。しかしコヘレトの言うとおり、一見良いことも実は良くない意図の下に行われているというのが、私たち人間の現実なのかも知れません。
8節では孤独な男の話をします。彼の労苦に果ては無く、富にも満足できない。そこで、コヘレトは仲間と共に生きることの幸いに目を向けさせます。「一人より二人のほうが幸せだ。共に労苦すれば、彼らには幸せな報いがある。たとえ一人が倒れても、もう一人がその友を起こしてくれる。」私たちの世界には不正がはびこり、弱い者が虐げられ、仕事の労苦もその動機付けまで遡れば妬みに満ちている。そういう社会のつらい現実を一人で孤独に生きることには私たちは耐えられない。コヘレトはそう言います。一人ではなく二人で生きよう。仲間と共に生きよう。倒れたときに起こしてくれる友と共に生きよう。コヘレトはそう呼びかけます。これは真理です。キリストは私たちにとってのまことに憐れみ深いサマリア人になってくださったのです。この虐げに満ちた世界だからこそ、共に生きる祝福に、私たちは招かれています。

2021年8月4日(コヘレトの言葉8:1〜17)

コヘレトの言葉8:1~17 地上に起こる空なることがある。 悪しき者にふさわしい報いを正しき者が受け 正しき者にふさわしい報いを悪しき者が受ける。 私は、これも空であると言おう。(14節) 私は神のすべての業を見た。太陽の下で行われる業を人は見極めることはできない。人を探し求めよ...