2024年2月24日土曜日

2024年2月24日の聖句

私はあなたがたに以前にもまさる幸いをもたらす。こうしてあなたがたは私が主であることを知るようになる。(エゼキエル36:11)
(パウロの手紙)あなたがたのところに行くときは、キリストの祝福に満ちあふれて行くことになると分かっています。(ローマ15:29)

ありがたい言葉です。「私はあなたがたに以前にもまさる幸いをもたらす。こうしてあなたがたは私が主であることを知るようになる。」神が私たちに幸いをもたらしてくださる。それによって、私たちはこの方こそまことの神だとよく分かるはずだ、と言ってくださいます。
普通、分からせてやろうとか知らせてやろうとか、そういう台詞が出て来るとしたら事態は逆だと思います。目に物を見せてやる、よく分からせてやる。そんな言葉が出て来るとしたら、相手がすごく嫌がることをして自分の優位を示してやろうという意味でしょう。別にそれは映画かお芝居だけの話ではない。親が子に、そのような思いを抱いてしまうこともあるかも知れません。上司が部下に、客が店に、発注元が受注側に・・・。どのような人間関係でも、起こりうることだと思います。
ところが神さまは違います。私たちが考えるようなセコいことはお考えにはならない。恵みの業を行い、私たちに幸いを与えることによって、御自分の神であることを知らせるとおっしゃいます。その幸いこそ、キリストを私たちのために下さったということに他ならないのです。神から私たちへの最大の贈り物、主イエス・キリスト、神の独り子でいらっしゃる方を下さったことによって、私たちはこの方こそ神でいらっしゃると知ったのです。
だから、パウロはその祝福を届けるために、たくさんの人と出会いました。神が下さった一方的な恵みの贈り物を一人でも多くの人に届けるために。私たちも、その恵みの贈り物をいただいて、今日を迎えたのです。

2024年2月23日金曜日

2024年2月23日の聖句

わが神、わが神、なにゆえ私をお見捨てになったのですか。
私は叫びます。
しかし、私の助けは遠いのです。(詩編22:2)
すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。(マルコ15:38)

主イエス・キリストが十字架にかけられたとき、この詩編の言葉をもって御自分の叫びとなさいました。「わが神、わが神、なにゆえ私をお見捨てになったのですか。」主イエスがこの言葉で叫ばれたとき、この詩編の意味が変わりました。
この世界に、主イエスほど深刻に神に棄てられた人は他にはいません。主イエスはまさしく、文字通りに神に棄てられました。私たちは使徒信条の信仰に従って洗礼を授けられました。その信仰を毎週日曜日に繰り返し口に上らせるし、また、毎日の祈りの言葉としてもこの信仰告白をぜひ用いていただきたいと願っています。この中で、主イエスが陰府に降られたと告白されています。主イエスが陰府に降ったとはいかなる意味か。それが、この叫びです。主イエスは神に棄てられた。その事実こそ、主イエスの陰府降下が意味するところです。
イエス・キリストは神に棄てられた。陰府に降って行かれた。「わが神、わが神、なにゆえ私をお見捨てになったのですか。」主イエスが神に棄てられたからには、ほかの誰も、主イエスと同じように神に棄てられることはありません。私たちにも、確かに神に棄てられたとしか考えられない現実に見舞われることはあるでしょう。しかし、それでもなおあなたは神に棄てられてはいない。あなたに代わってキリストが神に棄てられたからです。だから、あなたは神に棄てられていない。それは真実です。主イエスが息を引き取られたときに神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けたと書かれていますが、それは、キリストがあなたに替わって神に棄てられたということのしるしです。キリストが捨てられて、私たちと神との間を隔てるものはもはやなくなった。
ですから、私たちにとって、詩篇第22編の言葉の意味はもう変わりました。キリストが決定的に私のために捨てられたから、私たちは大いなる神の手の中でこの詩篇の言葉をもって自分の祈りとすることができるのです。「わが神、わが神、なにゆえ私をお見捨てになったのですか。私は叫びます。しかし、私の助けは遠いのです。」私たちは神に捨てられた者としてではなく、神の助けの中におかれた者として、そのように祈ることが許されている。神の手は私たちが思うよりも大きいのです。

2024年2月22日木曜日

2024年2月22日の聖句

喜びながら主に仕えよ。喜び歌いつつその前に進み出よ。(詩編100:2)
善を行い、気力を失わないでいましょう。怠ることなく励んでいれば、キリストの時に至り、私たちも刈り入れを迎えることになるのですから。(ガラテヤ6:9)

気力を失ってしまいそうになること、私たちにもあるのではないでしょうか。善を行うこと、愛を行うことに疲れ、その気力を失ってしまうことが私たちにもあります。そんなとき、一体どうしたら良いのか。
「善を行い、気力を失わないでいましょう。怠ることなく励んでいれば、キリストの時に至り、私たちも刈り入れを迎えることになるのですから。」
聖書は、私たちに思い起こすように言います。「怠ることなく励んでいれば、キリストの時に至り、私たちも刈り入れを迎えることになる」。刈り入れの時を迎える。私たちの労苦は無駄ではない。ただ、それはこの世での報い、この世での豊かさではありません。キリストの時、つまり世界が完成するとき、神の国が来るときです。神が私たちに報いてくださる。神が与えてくださる栄冠を目指して走って行こう、と言うのです。
私たちが気力を失ってしまうことのないように、私たちは神がくださる報いに目を上げます。神の下さる栄光を見上げます。神のところから、私たちへの答えが返ってくる。それだけが私たちの希望であり、私たちの慰めです。神だけは、決して変わることのないお方だからです。
「喜びながら主に仕えよ。喜び歌いつつその前に進み出よ。」神ご自身が必ず報いてくださる。そのことを信じ、喜んで主に仕えましょう。飽きずに善を行い、主イエスさまへの愛をもって、この世で仕えていきましょう。

2024年2月21日の聖句

だれが、「私は自分の心を清めた。私は罪から離れ、きよくなった」と言えるだろうか。(箴言20:9)
イエスは、彼らの考えを知って、お答えになった。「何を心の中で考えているのか。」(ルカ5:22)

「何を心の中で考えているのか。」恐ろしい言葉です。主イエスさまにそう言われて、堂々と申し開きすることのできる人がいるのでしょうか?隠しておきたい心の仲間でもご存じのお方にそう問われて、一体何とお答えすれば良いのでしょうか。
「だれが、『私は自分の心を清めた。私は罪から離れ、きよくなった』と言えるだろうか。」
本当にその通りです。「私は清くなった、すでに罪から離れた。」どうしてそのようなことが言えるでしょう。全然罪から離れていないことは私自身が一番よく知っています。いや、私自身よりも深く私のことをご存じのお方の前で、どうしてそのようなことが言えるのでしょうか。
今、私たちは受難節を迎えています。主イエス・キリストは十字架にかけられた。私たちがかけました。神の子でいらっしゃる方を、十字架に。私たちのすべてをご存じでいらっしゃる方を、私たちが十字架にかけた。まことの神でいらっしゃる方を、十字架にかけたのです。私たちの心の中にあるものは、このお方を十字架にかけるに至る罪の思いばかりで覆い尽くされています。
しかし、キリストはそのような私の全部をご存じの上で、そのような私を愛し抜いてくださいました。すべてをご存じのお方が私のために歩んでくださった。その事実だけが私たちの救いであり、望みです。キリストにこそ私たちのための神の愛が込められている。主イエス・キリストを仰ぎます。私たちのために十字架にかけられているキリストのお姿を、私たちは今日も仰ぎます。

2024年2月20日火曜日

2024年2月20日の聖句

(エリヤへの主の言葉)「私はイスラエルに七千人を残す。すべて、バアルに膝をかがめず、これに口づけをしなかった者である。」(列王記下19:18)
しかし、愛する人たち、あなたがたは最も聖なる信仰の上に自らを築き上げ、聖霊によって祈りなさい。神の愛の内に自らを保ち、永遠の命を目指して、私たちの主イエス・キリストの憐れみを待ち望みなさい。(ユダ20~21)

預言者エリヤへの主なる神さまの御言葉が今日私たちに与えられています。
エリヤの時代、イスラエルにはアハブという王がいました。妃の名はイゼベル。イゼベルは外国から輿入れしてきましたが、自分の国の宗教を持ち込み、イスラエルはバアルという神への信仰に支配されていました。エリヤはたった一人で450人のバアルの預言者と対決をし、勝利を収めた。しかしエリヤに対するイゼベルの怒りはすさまじく、エリヤは命からがらの逃亡生活を余儀なくされました。やがてエリヤは疲れ果て、文字通りに生きる気力を失ってしまいました。
そんなエリヤに神さまはもう一度新しく出会ってくださり、彼を力づけます。そのようなときの神さまの語りかけが、今日与えられている聖句です。「私はイスラエルに七千人を残す。すべて、バアルに膝をかがめず、これに口づけをしなかった者である。」
エリヤが生きる気力まで失ってしまった理由はいろいろあると思います。その小さくない理由の一つに、孤独感があったのではないかと思います。たった一人で戦うことへの途方もない疲れ。励まし合える仲間がおらず、もはや力が湧いてこないという失意。しかし、神さまはエリヤのために仲間を残してくださっていました。バアルに膝をかがめず、ただ神だけを礼拝する仲間を。私たちは決して一人では生きられないし、一人では信仰を守り抜くことができません。神は私たちのために共に生きる仲間を残してくださっている。あなたは孤独ではない。主がそう言ってくださっています。

2024年2月19日月曜日

2024年2月19日の聖句

主よ、あなたの業はなんと大きく
あなたの計らいはいかに深いことか。(詩編92:6)
全能者である神、主よ
あなたの業は偉大で
驚くべきもの。
諸国の民の王よ
あなたの道は正しく、かつ真実です。(黙示録15:3)

私たちは神さまを賛美します。神さまが大きく、素晴らしい力を振るって、私たちを救ってくださったからです。「あなたの業は偉大で、驚くべきもの。」
生物学者のレイチェル・カーソンさんが『センス・オブ・ワンダー』という本を書いています。センス・オブ・ワンダー。直訳すると「驚きへの感覚」といった意味でしょうか。本の亡いように即して言うなら、「自然に触れて深く感動する力」ということになる。良い言葉です。小さな頃に野山で遊んで、水の冷たさや太陽の日差し、木々の匂いの中でワクワクして過ごした感性を、センス・オブ・ワンダーという言葉で言い表した。
「あなたの業は偉大で、驚くべきもの。」この言葉には、神の恵みに驚くみずみずしい感性が込められています。この美しい自然を、不思議な命の神秘を創り出した神の御業を驚き、その偉大さをほめたたえる信仰の感性を、私たちも磨きたいと願います。
そして「主よ、あなたの業はなんと大きく、あなたの計らいはいかに深いことか」と語られているとおり、この世界を支える驚くべき神の御業は、この私にも向いている。私たちはそのことをも驚きを持って信じています。神が偉大な御力をもってこの私をも支え、愛してくださっている。今日も私たちはこの神の御力の中で、新しい一日を迎えているのです。

2024年2月18日の聖句

今週の聖句:
神の子が現れたのは、悪魔の働きを滅ぼすためです。(1ヨハネ3:8b)

今日の聖句:
正しい人は神の前に喜び祝い、心の限りに楽しむ。(詩編68:4)
主人は言った。「よくやった。良い忠実な僕だ。お前は僅かなものに忠実だったから、多くのものを任せよう。主人の祝宴に入りなさい。」(マタイ25:21)

神が喜んでくださることこそ、私たちの目指していることです。私たちの愛する主なる神さまが「よくやった」と喜んでくださる。その事実を私たちも喜ぶ、神へのこよなき愛に生きていきたい。そう願います。
「お前は僅かなものに忠実だった」と神さまはおっしゃいます。神さまが私たちそれぞれの人生にお預けになったものは、それぞれに違います。大きく見えるものも、小さく見えるものもあります。ところが神様からご覧になれば、それらはすべて「僅かなもの」です。私たちにはそういうものの大小がすごく気になってしまったり、比較をして苦しくなってしまったり、すぐに心が揺れてしまいます。しかし神さまからご覧になれば、それらはすべて僅かでしかない。その事実は、私たちに本当に深い平安をもたらすのではないでしょうか。「私はお前に僅かなものを任せた。」神さまはそうおっしゃいます。だから私たちに大事なことは、自分がお預かりしているものの大小を計算することではなく、任されたものに忠実であることです。神が喜んでくださること、ただそのことだけを心にかければ良い。他には何も必要ありません。
「正しい人は神の前に喜び祝い、心の限りに楽しむ。」神様の御前に、喜びと賛美を献げましょう。主イエス・キリストを呼び求め、神の御顔を仰ぐ祈りの一日を、今日、過ごしていきましょう。祝福を祈っています。

2024年2月24日の聖句

私はあなたがたに以前にもまさる幸いをもたらす。こうしてあなたがたは私が主であることを知るようになる。(エゼキエル36:11) (パウロの手紙)あなたがたのところに行くときは、キリストの祝福に満ちあふれて行くことになると分かっています。(ローマ15:29) ありがたい言葉です。「私...