2021年4月11日日曜日

2021年4月11日(詩編105)

詩編105
主に感謝し、その名を呼べ。
もろもろの民に主の業を知らせよ。
主に向かって歌い、主をほめ歌え。
すべての奇しき業を語れ。
主の聖なる名を誇れ。
主を求める者たちの心は喜べ。(1~3節)

主の聖なる名を誇れ、と言います。そして、この詩編は主なる神様がした「奇しき業」を思い起こします。すなわち、主がアブラハムと結んだ契約をとこしえに守り、イスラエルの人々を救ってきてくださったことを思い起こすのです。ヨセフの時代から、やがてエジプトで奴隷となった人々を救い出し、荒れ野の旅路を守ってくださったことが言及されています。神さまの救いの御業を思い起こし、それゆえに、主の聖なるお名前を誇ろうと呼びかけているのです。
新約聖書では、パウロも同じようなことを言っています。「このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りとしています。そればかりでなく、苦難をも誇りとしています。苦難が忍耐を生み、忍耐が品格を、品格が希望を生むことを知っているからです。この希望が失望に終わることはありません。」キリストは、私がまだ罪人であったときに私のために死んでくださった。正しい人やいい人のためにキリストが死なれたのではなく、罪人である私のために。だから私には希望がある。この希望は決して失望に終わらない。私はこの希望を誇っている。それどころか苦難をも誇っている。キリストにあって、苦難は苦難のまま終わることがないから。
パウロは、今日与えられている旧約聖書の詩編と同じ信仰に立っています。神さまのしてくださったこと、奇しき神さまの御業、つまりキリストの救いの御業を思い起こすとき、それを誇らないわけにはいかなくなる。罪人を愛してくださった神の愛を、私の誇りとする。そのように言うのです。
私たちも、誇りましょう。このキリストに愛して頂いていることを。神さまが私を愛してキリストを下さったことを。誇りを持って、神を賛美しましょう!

2021年4月10日土曜日

2021年4月10日(詩編104)

詩編104
主の栄光がとこしえにあるように。
主がご自分の業を喜ばれるように。(31節)

大いなる自然、そこに生きる動植物、遙かな天も大きな海も、すべてのものを見つめながら神を賛美します。これらがすべて神の御手の業によって造られたものであり、これをお造りになったかの素晴らしさ、偉大さ、大いなる御手の御業によるものであることを深く知り、神を崇めています。
神さまがお造りになった世界は、完全です。完全な神さまの配慮と善意によってこの世界は造られました。例えば、このように書いてあります。

あなたは泉を湧き上がらせて川とし
山々の間に流れさせる。
野のすべての獣はその水を飲み
野ろばも渇きを癒やす。
空の鳥は水のほとりに巣を作り
こずえの間からさえずり歌う。(10~12節)

神さまのご配慮は、この世界のすべてのものに及びます。野の獣の飲み水も、巣を作るための木も、神さまの善意の中で準備されています。さらに興味深いのは「こうして主は地からパンと、人の心を喜ばせるぶどう酒を生み出し、油で人の顔を輝かせる」と言っていることです。私たち人間が食べる物もぶどう酒も、すべては神さまの善意の中で準備されたのだ、と言うのです。
なんとすばらしい世界観!私たちの命は神さまの愛の中で支えられている。この世界は神の善を映し出すすばらしいものだという確信がここにはあります。
そうであるからこそ、私たちはこの世界を大切に守らなければなりません。この世界は一部の人のために準備されたものではありません。力ある者が自分のために収奪したり、独占したり、奪い取ったりすることは、完全な善である神さまのよしとなさらないことです。それに、将来の世代から奪い取ることも許されない。将来世代に付けを残すしかたで自然世界から搾取することは、悪です。
私たちの命は、神さまの善意によって支えられています。今日も、神さまが私たちに慈しみをもって新しい一日を与えてくださいました。主を愛し、隣人を愛する一日を送りたいと願います。

2021年4月9日金曜日

2021年4月8日(詩編103)

詩編103
天が地よりも高いように
主の慈しみは主を畏れる者をはるかにしいのぐ。
東が西から遠いように
主は私たちの背きの罪を遠ざける。(11~12節)

「私の魂よ、主をたたえよ」と、この詩編の最初と最後に書かれています。主をたたえよ、と自分自身の魂に語りかける。自分の存在の内奥、そのいちばん深いところから、神を賛美します。
なぜ神を賛美するのか、ということがとてもはっきりした詩編です。「主はあなたの過ちをすべて赦し、あなたの病を癒やす方」。私たちの過ちや罪。神がそれを赦してくださる。そのことを賛美しています。罪は、まるで病気のように私たちの存在に食い込みます。最初から「どうせできもしない」と諦めるのではなく、本気で罪を退け、キリストに倣って生きようとするならば、私たちは本当に深い挫折を味わわざるを得ない。何か聖書の言葉を、たった一つでも本気でそれに生きようとするならば、自分がいかにキリストから遠く離れているかをまざまざと見せつけられます。一体どうしたら私たちは罪から自由になることができるのか。
神に赦して頂く以外の道はないのではないでしょうか。主の慈しみは、天が地よりも高いように、私たちを遙かにしのぎます。主は、私たちを背きの罪から遠ざけてくださいます、東が西から遠いほどに。私たちの心がけや努力ではなく、神さまが私たちから試みを去らせてくださる。だから、私たちも新しくなることができるのです。
私たちは、弱くてもろい一人の人間に過ぎません。「主は私たちが造られた様を知り、私たちが塵に過ぎないことを覚えておられる。」私たちは草のように枯れ、消えてなくなる儚い存在です。「しかし、主の慈しみは、いにしえからとこしえまで主を畏れる者の上に」あるのです。私たちは弱いですし、何よりも罪深いです。しかし、神さまはそのような私たちに慈しみを見せてくださいます。
だから、神を賛美しようとこの詩編は呼びかけます。私たちも、心を合わせて言いましょう。「私の魂よ、主をたたえよ」と。時には自分の思いや感情に逆らってでも。キリストからの罪の赦しの圧倒的な福音宣言を、時に私たちが実感できず、納得できず、喜べなかったとしても。それでも神はもうすでに私たちを赦してくださっています。だから、主をたたえましょう。私の魂よ、主をたたえよ!

2021年4月8日木曜日

2021年4月8日(詩編102)

詩編102
主はすべてを失った者の祈りを顧み
その祈りを軽んじられませんでした。
このことは後の世代のために書き記されるべきです。
新たに創造される民は主を賛美するでしょう。
主はその聖なる高き所から目を注ぎ
天から地を見ました。
これは、主が捕らわれ人の呻きを聞いて
死に定められた子らを解き放ち
人々がシオンで主の名を
エルサレムでその賛美を語り伝えるためです。(18~22節)

1節の表題に「苦しむ人の祈り。弱り果て、主の前に嘆きを注ぎ出すときに」と書かれています。2節以降を読むと、まさにそういう祈りの言葉が書かれています。「この叫びがあなたに届きますように。苦難の日に、御顔を隠さず、私に耳を傾け、呼び求める日に、速やかに応えてください。」そして、苦しみ呻く言葉が続きます。
私は、こういう嘆きの詩編は、私たち自身の嘆きの時に本当に大きな力を持つと実感を込めて申し上げたい。自分の苦しみの日、嘆く言葉も見つからないようなときに、この詩編の言葉を朗読すると、それだけで何かが癒やされます。この場合、朗読することが大切です。声に出すことには意味があります。
そして、そのような嘆きの祈りを、神さまは決して軽んじることがありません。人間は、しばしば逆です。「すべてを失った者」を軽んじます。まるで、不幸な人と一緒にいると自分にもそれが伝染するかのようにして。罪深いことです。しかし人間の現実です。ところが神さまはそうではない。すべてを失った者の祈りを軽んじることがない。それどころか、天から呻きを聞くために目を注ぎ、耳を傾けていてくださるというのです。私たちが祈るのは、本当に慈しみに満ちた方です。
私たちの生涯は短く、私たちは弱い存在です。しかしそのような私たちの祈りを聞いてくださる方がいる、そのような私たちを軽んじないで愛してくださる方がいる。それはなんと慰めに満ちた事実でしょう。だから、私たちは安心して祈ることができるし、この方に向かって嘆き、呻くことができるのです。

2021年4月7日水曜日

2021年4月7日(詩編101)

詩編101
慈しみと公正を私は歌い
主よ、あなたに向かってほめ歌います。
私は全き道を悟ります。
あなたはいつ、私のところに来られるのか。
私は全き心をもって
わが家の内を歩みます。(1~2節)

神に従い、慈しみと公正に生きるという信仰の表明の詩編です。全き道を悟り、そこを歩んでいくこと、神の御前に生き、神の慈しみと公正を求めること。それはとても尊い、神さまへの応答です。神を信じ、その恵みと慈しみに生かされていることを知ったとき、私たちの生き方は変革されます。神さまに喜んで頂くことを求めます。神を愛し、神に仕えて生きる新しい人生を生き始めます。
「私は邪悪なことを目の前に置かず、主に背く行いを憎みます」と言っています。邪悪なこと、すなわち神さまを無視する生き方、神に与えられた隣人を蔑ろにした利己心、そういうものを「目の前に置かず」と言います。目の前に置かないということが大事なのだと思います。例えば5節では「隣人をそしる」ということが考えられている。人の悪口ほど楽しいことはない。そういう言葉が口に上ると後で罪悪感を覚えるが、その時は快感です。陰口だけには限らず、私たちは弱い存在です。誘惑に弱く、利己的です。
だから、主イエス様は「我らを試みに遭わせず、悪より救い出し給え」と祈ることを教えてくださいました。主イエスは、私たちが目の前の悪に打ち勝つ強靱な精神力をもつようにとはお求めになりませんでした。神さまに「助けてください」と祈ることを教えてくださいました。神さまに誘惑を退けてください、と祈るように主イエスは言ってくださったのです。
邪悪なことから話した目をどこに向けるのか?この詩編は言います、「私はこの地の誠実な者に目を向けます」。誠実に生きている人に目を向け、その生き方を真似るというのは、信仰生活の具体的なあり方です。神に従う誠実な人、真摯に神と隣人との前に生きている人。その歩みに倣って、私も神と隣人を愛する者にならせてください。そう祈る一日でありたいと願います。

2021年4月6日火曜日

2021年4月6日(詩編100)

詩編100
全地よ、主に向かって喜びの声を上げよ。
喜びながら主に仕えよ。
喜び歌いつつその前に進み出よ。
主こそ神と知れ。
主が私たちを造られた。私たちは主のもの。
主の民、その牧場の羊。

感謝して主の門に進み。
賛美しつつ主の庭に入れ。
主に感謝し、その名をほめたたえよ。
主は恵み深く、主の慈しみはとこしえに。
そのまことは世々に及ぶ。(1~5節)

主こそ神と知れ!詩編100はそのように高らかに歌います。私たちも、今日こそ深く知りましょう。主こそ神であると!主イエス・キリストの父である神、主と呼ばれるすべてのものの主、あらゆる神と思われているものの神。そのようなすべてのものを造ったのは、このお方です。主こそ神、私たちはこのお方を崇め、賛美を献げ、礼拝を献げます。
この方を、詩編は牧者と呼びます。「私たちは主のもの。主の民、その牧場の羊。」私たちは主なる神様に養われている羊です。昨日、家族でイースターのお祝いをしました。雨が降っていたのですが、愛川の牧場へ行きました。羊も牛も、すべての家畜はキチンと屋根のある場所に休んでいて、牧場の人が世話をしていました。餌をやり、床をきれいにしていました。羊飼いは羊のために雨の日も晴れの日も世話をします。羊が生きるために必要なものを備え、羊を危険から守ります。私たちは主のもの、主の民、主に養われる牧場の羊。これほどありがたいことがあるでしょうか。
私たちは感謝をもって主の門へ進み、賛美をもって主の庭に入る。主のそば近くで主を崇め、主と共に生きていきます。主の恵みと慈しみを信じて。今日の私たちの歩みが主のお名前を賛美するものであり、主に仕える業でありますように。キリストを愛し、隣人を愛して、主に仕え、隣人に仕える者として、主イエス・キリストご自身が整えてくださいますように。主の御名が崇められますように!

2021年4月5日月曜日

2021年4月5日(詩編99)

詩編99
主は王となられた。
もろもろの民は震えよ。
主はケルビムの上に座しておられる。
地は揺れよ。
主はシオンにおられる偉大な方。
主はすべての民の上に高くおられる。
彼らが偉大な畏るべきあなたの名を
  ほめたたえるように。
主は聖なる方。(1~3節)

主は王となられた!そのように宣言し、そして訴えます。「もろもろの民は震えよ」と。主は偉大な方、王、聖なる方。このお方を前に、民は震えよと言います。神さまの「聖」についてのこの感覚を、私たちは失ってはならないのだと思います。
主イエスが甦られたとき、墓でそれを知らされた女の弟子たちについて、マルコはこのように伝えています。「彼女たちは、墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、誰にも何も言わなかった。恐ろしかったからである。」これが、キリストの復活という神の御業に直面した人間の反応です。これ以外に一体何と応えられるのでしょうか?
神さまの御業に直面したとき、神さまの臨在を知ったとき、私たちは人間として震え上がるしかない。この方が聖なる方だからです。私たちだけではない。大地さえも揺れます。天も地も、私たちの力の範囲の外にある大きなものですが、自然世界がどんなに大きくても、それをお造りになった神さまの御手はなおのこと大きく、偉大です。地も神の前には揺れる。
「主はケルビムの上に座しておられる」と言っています。このケルビムの上というのは、十戒が納められた契約の箱の蓋の上のことです。贖いの座と言われることもある。神殿の一番奥の至聖所、年にたった一回だけ大祭司が入って礼拝をする場所。そこに神の座があると信じられてきました。もちろん、きらびやかな祭壇であれば神を納めることができるということではなく、神がその聖なるお名前をここに留めてくださるということを畏れをもって信じていた。つまり、この「主はケルビムの上に座しておられる」という言葉は、神さまの御前での礼拝を思わせる言葉です。
私たちは神さまの御前に震えます。神を畏れる。そして、私たちは神を礼拝します。神を礼拝するとき、私たちは神の御前にいる。そのことを畏れをもって信じ、御前にひれ伏して神を賛美し、礼拝の民として生きるのです。

2021年4月11日(詩編105)

詩編105 主に感謝し、その名を呼べ。 もろもろの民に主の業を知らせよ。 主に向かって歌い、主をほめ歌え。 すべての奇しき業を語れ。 主の聖なる名を誇れ。 主を求める者たちの心は喜べ。(1~3節) 主の聖なる名を誇れ、と言います。そして、この詩編は主なる神様がした「奇しき業」を思...