2022年12月3日土曜日

2022年12月3日の聖句

主は、その聖なるいと高き所から見下ろし、天から地の上に目を注がれました。捕らわれ人のうめきを聞き、死に定められた者たちを解き放つために。(詩編102:20~21)
もし子があなたがたを自由にすれば、あなたがたは本当に自由になる。(ヨハネ8:36)

神様は聖なるお方。天にまします方。この世界の造り主。他に、この方に並び立つものは一つもないお方。ですから、神様の御前にある人々は皆畏れました。モーセは、燃える柴を前にして神と出会い、この方を畏れました。預言者イザヤは、天におられる神を見て、自分は滅びなければならないと言っておののきました。ソロモン王が建築した神殿の荘厳さは、聖なる神様の御前にある畏れを証言しています。
聖。それは神様の御性質です。私たちからは生まれません。だから、私たちには何が聖なのかが分からない。私たちに分かるのは汚れだけです。神様の御前にいる自分の汚れしか分からない。そして、この方は自分とは全く異なる聖なるお方だと知るとき、私たちは畏れます。恐れおののいて、神様の御前にひれ伏します。聖なる神様の御前で、礼拝が始まります。
しかし神様は、私たちからただ隔絶しているだけの方ではありません「主は、その聖なるいと高き所から見下ろし、天から地の上に目を注がれました。捕らわれ人のうめきを聞き、死に定められた者たちを解き放つために。」神は天から地に目を注いでくださる。そして、呻く捕らわれ人をご覧になってくださるお方です。
「見る」と言ってもいろいろな見方があります。最近はサッカーの話題が豊かですが、サッカーの試合を見ながら名解説を聞いていると、素人が全然気付きもしないような試合のポイントを見事に示してくれます。漫然と眺めていても気づかなくとも、見る人が見ると分かることがある。神様のまなざしは、呻く捕らわれ人に注がれます。私たちの誰も気づかない片隅にも、主の御目が注がれ散る。しかも、この方は聖なる方。何者も並び立つことのできない方。唯一の方。その方が、一人の捕らわれ人をご覧になって、解き放つために立ち上がってくださるのです。そしてそのために、主はご自分の独り子を呻く私たちのところへ送ってくださったのです。
「もし子があなたがたを自由にすれば、あなたがたは本当に自由になる。」私たちは、神の子イエス・キリストによって自由にして頂きました。そのために天から目を注いだ神様は、私たちのところへキリストを送ってくださいました。聖なるお方が私たちを救うためにここまで来てくださったのです。だから、あなたは救われた。神は共におられる。聖書はそう証言します。

2022年12月2日金曜日

2022年12月2日の聖句

主の民にあってはすべての人が預言者になり、主がご自身の霊を彼らの上に来たらせてくださることを神に願いなさい。(民数記11:29)
霊の火を消してはいけません。預言を軽んじてはいけません。すべてを吟味し、良いものを大切にしなさい。(1テサロニケ5:19~21)

普通、日本語で「よげん」と言うと「予言」という字を書きます。予め言うと書く字の通り、未来に起こる出来事を言い当てるという意味を持つ言葉です。しかし聖書では「よげん」は「預言」と書きます。すばらしい翻訳をしたと思います。言葉を預かる人を預言者という。誰の言葉か?もちろん、神様の言葉です。ですから聖書に登場する預言者は、神秘的な力を発揮して未来のことを言い当てる人ではありません。神様からのメッセージを証言し、伝える人のことです。預言者は、言い換えれば「証人」です。
「主の民にあってはすべての人が預言者になり、主がご自身の霊を彼らの上に来たらせてくださることを神に願いなさい。」すべての人が預言者であるように祈りなさい、と書かれています。すべての人。神を信じる人の誰もが預言者としての言葉を語ることができるよう神に願いなさい、と言っています。
新約聖書のコリントの信徒への手紙一第14章にこのような言葉があります。「皆が預言しているところへ、信者でない人か初心者が入って来たら、その人は皆から問いただされ、皆から批判されて、心の秘密が暴かれ、そのあげく、ひれ伏して神を拝み、『まことに、神はあなたがたの内におられます』と言い表すことになるでしょう。」これは、迷い込んできた初心者を皆で責めたて、詰問したり脅したりするということではありません。預言の言葉。イエス・キリストの福音の言葉を皆が語り合っているところに人が入ってきたら、その福音によって新しくされる。キリストの福音が必ずその人の心に届くはずだ、という意味です。ですから「預言」は、キリストの福音を語る言葉です。この言葉を誰もが語ることのできるよう祈りなさい!聖書はそのように言います。
今朝のテサロニケの信徒への手紙では「霊の火を消してはいけません」と言っています。民数記でも「主がご自身の霊を彼らの上に来たらせてくださること」と言っています。預言の言葉、福音の言葉は、神様ご自身の霊の力によらなければ語ることができない。聖霊が私たちに働いて、私たちが共に福音にあずかり、それを喜び、共にキリストの恵みを語り合う共同体になることができますように。私たちは祈ります。

2022年12月1日木曜日

2022年12月1日の聖句

さあ、ベテルに上ろう。苦難の日に私に答え、私の行く道で共にいてくださった神のため、そこに祭壇を造ろう。(創世記35:3)
いつも、あらゆることについて、父なる神に感謝しなさい。(エフェソ5:20)

今日の旧約聖書の御言葉は、アブラハムの子であるイサク、そしてそのまた息子であるヤコブの言葉です。ヤコブにはエサウという双子の兄がいました。当時の社会は長男がすべてを相続します。ところがあるときヤコブはエサウの長子の権利をだまし取りました。
エサウは父イサクのお気に入りでした。一方ヤコブは母に肩入れされていた。母は一計を案じ、今度はエサウが受け継ぐはずだった神の祝福をヤコブにだまし取らせます。長子の権利ばかりか神の祝福までもだまし取られたと知ったエサウはヤコブを激しく憎み、殺そうと決断します。それで、母はヤコブを自分の生家に逃がしたのでした。
命からがら家を出たヤコブは荒れ野に一人、石を枕にして寝ました。彼は夢を見ました。先端が天まで達する階段が地に据えられていて、そこを神の使いが上り下りしていた。つまり、神は私のところにまで降りてきてくださっている、神は共にいてくださるとヤコブは知ったのです。神はヤコブに語りかけます。「私はあなたと共にいて、あなたがどこへ行くにしてもあなたを守り、この土地に連れ戻す。私はあなたに約束したことを果たすまで、決してあなたを見捨てない。」
目覚めたヤコブは枕にしていた石を柱として据え、油を注いで、その場所をベテル(神の家)と名付けました。やがて母の生家へ行って結婚し、子どもを与えられ、長い年月が経ってヤコブは兄エサウのもとへ帰ります。二人は和解することができました。その後、ヤコブは再びベテルへ行きます。「さあ、ベテルに上ろう。苦難の日に私に答え、私の行く道で共にいてくださった神のため、そこに祭壇を造ろう。」自分を見捨てず、どん底の日にも共にいてくださった神に礼拝を献げるために、彼はベテルに上りました。
今日の新約聖書の御言葉も言っています。「いつも、あらゆることについて、父なる神に感謝しなさい。」あなたにも分かるでしょう、と聖書は言います。神様はいつもあなたと共にいて、どんなときにもあなたを見捨てない。ヤコブがそうであったように、あなたのことも!ヤコブの物語は、私の物語。あなたの物語です。私たちも、神が共にいてくださるベテルにいるのです。だから、神に感謝しましょう。いつも、あらゆることについて。神様の深い恵みが、今日も私たちを生かしてくださっているのですから。

2022年11月30日水曜日

2022年11月30日の聖句

この方は疲れた者へ力を与え、
強さを貧しい者へ与えられる。(イザヤ40:29)
イエスは言う:私が命のパンです。私のところへ来る者は飢えません。また信じる者は、もはや決して渇くことがありません。(ヨハネ6:35)

今日、私たちは招かれています。イエス・キリストによって。キリストご自身の御許へ。この方は私たちのための命のパンです。私たちが飢えていてもこの方から食べ、渇いていてもこの方から飲めば、私たちは救われる。そう宣言しながら、キリストは私たちを招いてくださっています。
私たちは必ずしも、毎朝、喜びをもって目覚められるわけではありません。朝起きた瞬間から心が曇っていることもあるでしょう。それどころか、思い患いのせいで夜眠れないことだって珍しくないかも知れません。今朝はどうでしたでしょうか。
キリストは、それぞれの思いで朝を迎えた私たちを、今日新しく招いておられます。「私が命のパンです。私のところへ来る者は飢えません。また信じる者は、もはや決して渇くことがありません。」このお方はご自身を命のパンとして差し出してくださいます。ご自分を私たちに分け与えてくださいます。コロナになってすっかりできなくなってしまいましたが、以前、私たちの教会では聖餐のときに一枚のパンを分け合っていました。最初は丸いパンを牧師が裂き、長老が礼拝者のところへ届けます。礼拝者はそれを小さくちぎって分け合います。全員が受け取ってパンが戻ってくると、ボロボロに小さくなって帰って来ます。私はそれが好きです。キリストは私たちにご自分を裂いて渡してくださいました。私たちのためにご自分の体をちぎって、ご自分の命そのものを与えてくださいました。キリストが分けてくださる命のパンによって、私たちは生きています。
この方は疲れた者に力を与えてくださる方です。この方は貧しい者に強さを与えてくださる方です。主イエス・キリストの下さる命によって、私たちは今日というこの新しい一日を生きていきます。

2022年11月29日火曜日

2022年11月29日の聖句

若者たちは疲れ果て男たちは躓いて倒れる、
しかし主を待ち望む者は、新たな力を得て鷲のように翼を拡げて舞い上がる、
彼らは走っても弱らない。(イザヤ40:30~31)
ですから、私の子よ、キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。(2テモテ2:1)

どんなに若くて力強くても、勇士のように勇ましくても、力が尽きてしまったり気力が萎え果ててしまうことがあるでしょう。誰にでもあります。もう何もすることができなくなってしまったり、立つこともできなくなってしまったりすることが。
若いときには、自分には人生経験が足りないからできないとか、周りの人に若造扱いされて認めてもらえないからできないとか、考えがちです。しかし年を取れば、自分はもう若くないから体力も気力も保たないと思いがちです。人間として私たちの目につくものは、私たちの最後の力を奮い立たせる理由にならない。本当に辛い状況に追い込まれたとき、若いからとか経験を積んだからとか、男だからとか女だからとか、体力があるからとか知力があるからとか、そういうことは最後の最後で支えにならなくなってしまうのではないでしょうか。
「しかし主を待ち望む者は、新たな力を得て鷲のように翼を拡げて舞い上がる、彼らは走っても弱らない。」聖書はそのように言います。主を待ち望む者。それがすべてです。それだけが、どんなときにも変わることがなく、どんなにときにも支えであり続ける事実です。私たちがどのような者かということに関わりなく、私たちが強いか弱いか、年をとったか若いかに関わらず、どんなに望みがなかったとしても力を与える泉です。主を待ち望む者、主イエス・キリストを望みとする者。その人には、どのようなときにも、最後の最後にいたるまで支えとなるよすががある。
「ですから、私の子よ、キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。」キリストの恵みがあなたを強める。どのようなときにも変わることのない恵みがあなたを支える。使徒パウロはそのように宣言します。主イエス・キリストの恵みと平和が、今日もあなたにありますように。

2022年11月28日月曜日

2022年11月28日の聖句

エルサレムよ、わたしはあなたの城壁の上に見張り番を置いた。終日終夜、彼らは一時も黙っていてはならない。(イザヤ62:6)
より確かに私たちは預言を持っています。だから夜が明けて明けの明星があなたがたの心に昇ってくるまで、その預言を、闇に輝く光として注意を払う方がいいのです。(2ペトロ1:19)

今日の新約聖書には「預言」という言葉が出てきます。少し唐突な感じを受けるかも知れませんが、聖書を開いて前後を読んでみると、主イエスが洗礼を受けたときに天から響いた声である「これは私の愛する子、私の心に適う者」という言葉を意味しているようです。つまり、主イエス・キリストを証しする聖書の言葉のことを言っている。主イエス・キリスト。この方こそ神の子、救い主。この事実が、そしてこの事実を証しする聖書の預言の言葉が、闇の中に輝く光だと言うのです。
夜が明けて、輝く明けの明星が私たちを照らす。私たちはキリストという光に照らされている。私たちはもはや暗闇の中にいるのではなく、キリストの光に包まれている。それが聖書の見ている現実です。
「私はあなたの城壁の上に見張り番を置いた」と書かれています。昼も夜も見張り番はそこに立ち、敵が攻めてくれば仲間たちにそのことを知らせます。しかし、このイザヤ書第62章に登場する見張り番は、敵を待ち構えているのではありません。救いを待ち望んでいる見張りです。主が来てくださることを待っている。花嫁が花婿を待ちわびるように、救い主キリストが来てくださることを待ち続ける見張りです。昼も夜も待ち続ける。黙ることはできません。救いの良き知らせを証しし続ける。キリストの光が既に照っている。私たちは輝く明けの明星、キリストの光に照らされている。闇が深まり、もう朝の光が射している。この福音を語り続けます。
礼拝は、この福音に私たちが触れる何よりのときです。私たちは朝の光であるキリストの光に包まれている。真夜中であっても、キリストの光が私たちを照らししている。この現実を、どうかご覧になってください!今自分は闇に包まれていると誤解しないでください。どこを探しても希望がないと思い込まないでください。もうすでに明けの明星が輝いているのです。キリストが私たちの闇の中に来てくださったのです。だから、もう大丈夫。救いは来たのです。

2022年11月27日日曜日

2022年11月27日の聖句

あなたたちは注意して、あなたたちの神、主があなたたちと結ばれた契約を忘れず、
あなたの神、主が禁じられたいかなる形の像も造らぬようにしなさい。(申命記4:23)
キリストは見えない神の似姿であり、すべての被造物の長子です。(コロサイ1:15)

「見えない神の似姿」というのは、とても興味深い言葉です。「見えない」のに「似姿」と言うのです。見えないのにどうして似ていると分かるのか、と言ったら屁理屈でしょうか。キリストが見えない神の似姿でいらっしゃるとは、いかなることなのか。
そもそも、神が見えないお方でいらっしゃるとは何を意味しているのでしょう。旧約聖書では、繰り返し刻んだ像を造ってこれを拝むなということを厳しく命じています。今日の聖句でも「あなたの神、主が禁じられたいかなる形の像も造らぬようにしなさい」、そのことによく注意しなさいと言っています。見えないはずの神を像を刻んでこしらえるというのは、神様に対するイメージの押しつけです。我が家では、毎晩寝る前に子ども聖書を読んで祈りをしています。今ちょうど、イスラエルの人たちがモーセと共にエジプトを脱出し、シナイ山に行ったところを読んでいます。モーセは山に登って十戒をいただきました。ところがその間、民はモーセを待つことができず、金の子牛の像を造ってこれを礼拝し始めていました。金の子牛は、自分たちの不安の埋め合わせです。あるいは、不便な荒れ野暮らしの便利さを整える象徴です。つまり、安心で便利な生活を求める民の願望の押しつけです。ところがまことの神様は、全く自由なお方です。私たちが神様のお姿やお顔を決めつけて押しつけることは許されません。まったくできないこと、してはならないことです。
しかし、私たちは神様を知ることができます。いかなるお方なのか。どのように私たちのことをお考えなのか。それは、イエス・キリストを通して知らされました。神は、私たちにイエスというご自分の独り子をお与えになるほどに私たちを愛してくださいました。神は、イエスというお方によって、私たちを罪の中に捨て置かずに福音を届けてくださいました。イエス・キリストが神の愛を明らかにしてくださいました。私たちのための神様の情熱を示してくださいました。キリストは私たちに、神を慈しみに満ちた父として紹介してくださいました。この神のお姿は私たちの願望の押しつけではなく、神ご自身がお遣わしになったキリストが見せてくださったものです。
キリストは見えない神の似姿です。この方を見つめれば、私たちにも神様がいかなるお方なのかが分かる。そして、キリストを私たちに見せ証言するために、聖書が私たちのところへ届けられたのです。

2022年12月3日の聖句

主は、その聖なるいと高き所から見下ろし、天から地の上に目を注がれました。捕らわれ人のうめきを聞き、死に定められた者たちを解き放つために。(詩編102:20~21) もし子があなたがたを自由にすれば、あなたがたは本当に自由になる。(ヨハネ8:36) 神様は聖なるお方。天にまします方...