2021年9月20日月曜日

2021年9月20日の聖句

私は死ぬことなく、生き長らえて、主の御業を語り伝えよう。(詩編118:17)
生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。(ガラテヤ2:20)

今日の新約聖書の御言葉は、この部分だけではなく前後も一緒に読んだ方が良い箇所だと思います。このように書かれています。
「わたしは神に対して生きるために、律法に対しては律法によって死んだのです。わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。わたしは、神の恵みを無にはしません。もし、人が律法のお陰で義とされるとすれば、それこそ、キリストの死は無意味になってしまいます。」
律法にお陰で義とされるというのは、自分の正しい生き方に頼るということです。自分がちゃんとしているから、自分には価値がある。自分は努力しているから、自分を認められる。そういう考え方は、そういう自分を周りは認めて然るべきだとなるし、成果を残せていない人は努力をしていない駄目な人という周囲への傲慢を生みます。もし、人が、自分が、ちゃんとしているから価値があるのだとしたら、神の恵み、キリストの死は無意味になります。古いわたしはすでにキリストと一緒に十字架につけられました。自分の正しさを物差しにして優越感に浸ったり劣等感にさいなまれたりする古い自分はすでに死んだ。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。
だから、今キリストを信じる信仰によって生きているわたしは、無価値なわたしを無価値なままに受け入れ、愛し、わたしのためにキリストを与えてくださった神の愛を賛美します。神を礼拝するために、わたしは今生きている。それが私たちキリストを信じるものの確信です。今日、私たちは、キリストを与えてくださった神を礼拝し神を賛美するために、生きているのです。

2021年9月19日日曜日

2021年9月19日の聖句

怒りをやめ、憤りを捨てよ。憤慨するな、それにより悪を行わないためだ。(詩編37:8)
ご覧なさい。どんなに小さな火でも大きい森を燃やしてしまう。舌は火です。(ヤコブ3:5~6)

なんと耳が痛い聖句!怒っているとき、憤っているとき、心を支配している確信は「絶対に自分が悪い」ということです。「確かに自分も悪いけど」と口では言っても、心のどこかで思っていても、その何倍も自分の方が正しい、あるいは自分は被害者だと思えるから、怒ります。相手が悪いと言って憤ります。
聖書は、憤慨は悪につながると言います。「悪につながる」というよりも、直結しているとか、悪の虜になっているということだと言った方が良いかもしれません。それまでの主張が例え正しかったとしても、怒っているということそれ自体が悪の誘惑に他ならないと聖書は言います。
その悪の火事は、舌を通して燃え広がります。「ご覧なさい。どんなに小さな火でも大きい森を燃やしてしまう。舌は火です。」この言葉は深いと思います。この舌がどれほど悪を行い、どれだけたくさんの炎を燃やしてきたことか・・・。
罪は禍々しいです。ちょっと怒っちゃったとか、多少言葉を間違えたとか、誤解を与える表現だったとか、本当はそういうことではないのです。弘法も筆の誤りと言いますが、罪はそうではない。弘法も筆の誤りというのは普段すばらしい字を書ける人がした失敗ですが、罪を犯す私は、存在そのものが歪んでいる。怒りに支配される心、憤って口にすべきでない言葉を舌にのせる私は、存在の根本からねじれてしまっています。
主イエス・キリストに救って頂かなければ、私は救われようがありません。土台がくさってしまっては、リフォームではどうにもなりません。建て替えなくては。キリストの十字架は、私の存在を新しくしてくださいます。キリストの十字架の血で、私も洗って白くしてくださるのです。私はキリストに救って頂かなくてはどうにもならない。キリストの憐れみにすがりつつ、私はそのように告白します。

2021年9月18日土曜日

2021年9月18日の聖句

主が御顔を向けてあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように。(民数記6:25)
イエスは弟子たちに言われた。「あなたがたに平和があるように。父が私をお遣わしになったように、私もあなたがたを遣わす。」(ヨハネ20:21)

今日の旧約聖書の御言葉は、アロンの祝福と呼ばれる言葉の一部です。礼拝の最後の祝福の言葉として用いられることもあります。祝福の宣言によって私たちの一週間が始まります。
大学一年生から二年生になる春休みに、アメリカへ行きました。牧師にお願いして紹介して頂き、カンバーランド長老教会の教会にもいくつか訪問させて頂きました。楽しい旅でした。教会に伺ったので、たくさんの牧師たちと出会いました。教会に行って、会って、しばらく話して別れるとき、牧師たちは大きな手で握手をして、私にGod bless youと力強く言ってくださいました。祝福を告げる言葉で別れる。とても嬉しい経験でした。また、この旅で教わったのはgoodbyeという別れの挨拶も、もとはGod be with you、神さまがあなたと共にいますようにという祝福の言葉だということです。いずれも相手のための神の祝福を求めて別れる。美しい別れの挨拶です。
「主が御顔を向けてあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように。」私たちの今日という一日も、この祝福をもって始まります。私たちは神の御顔の光の中で、神の恵みの光の中で、今日という一日を生きていきます。
キリストは「あなたたちに平和があるように」と言われました。キリストの平和、キリストが宣言してくださった平和が、私たちの一日の歩みを追ってきます。そして、キリストがこの平和を告げてくださったのは、「父が私をお遣わしになったように、私もあなたがたを遣わす」という派遣の言葉と共に、キリストに遣わされる者への祝福の挨拶です。私たちの一日は、キリストに遣わされて歩む一日です。私たちは、キリストに派遣されて、人と出会い、今日するべきことをし、与えられた命を生きていきます。そのための平和の祝福を、キリストが今私たちに宣言してくださっているのです。

2021年9月17日金曜日

2021年9月17日の聖句

主に造られたものはすべて、主をたたえよ。主の統治されるところの、どこにあっても。私の魂よ、主をたたえよ。(詩編103:22)
人々は、東から西から、また南から北から来て、神の国の宴会の席に着く。(ルカ13:29)

東から西から、南から北から。世界中のどこからでも、ということになります。あらゆる人々、言語も文化も歴史も、これまで背負ってきたものはさまざまであり、状況も事情も異なります。多様で、種々雑多で、本当にいろいろな人がいる。そういう人々が一つの色に染められたり、多様性を失ったりするのではなく、東から来た者も西から来た者も、南から来た者も、北から来た者も、それぞれの東や西や南や北から来た者として、神の国の宴会の席に着くのです。
「主に造られたものはすべて、主をたたえよ」と言っています。主に造られた者です。主が、私たちをこのように造ってくださいました。男に造り、女に造り、この時代に造り、この国に造り、このような私に造ってくださいました。なかなか人には分かってもらえない私を、どこかに隠し持っているかも知れません。その「私」も、神が造ってくださいました。そのような私として、神に造られた者として、私たちは神をたたえます。すべての造られた者が神を賛美しますように、と、私たちも神さまをたたえます。
私たちが一つになれるとしたら、それはただ同じ神の愛の中に生かされているという事実の中でだけなのではないかと思います。人間が考えたり造り出したりする「一つ」は、多くの場合、「東から西から、また南から北から」という事実をなくしてしまう一つです。あるいは、人間が生み出す多様性は、「一つ」を放棄した多様性になってしまいます。まるで神さまがバラバラにされてしまったかのように。私たちは、ただ神の愛と憐れみの中でだけ、一つであることができます。神の国の宴会の席、それは私たちの努力や可能性の延長にあるのではなく、ただ神様だけがもたらすことのできる奇跡です。神さまの御許に、私たちの最高のしあわせがあるのです。

2021年9月16日木曜日

2021年9月16日の聖句

主よ、あなたは人をも獣をも救われる。(詩編36:7)
空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。(マタイ6:26)

この世界には、神さまの慈しみが満ちています。神さまは人も獣も救ってくださいます。神さまは、人間を愛し、大事にしてくださるのと同じように、獣や鳥や木々も、この世界のすべてを愛しておられます。「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」神さまが養ってくださるから、私たち人間も、この世界のすべても、保たれているのです。
従って、自然世界を闇雲に消費し、そこから収奪して好きに使うというのは、やはり罪といわなければならないのではないでしょうか。そうではなく、この世界は神が与えてくださった賜物であり、隣人や獣たちと分かち合うために私たちの手に預けられているものです。カンバーランド長老教会の信仰告白にこのような言葉があります。「クリスチャン・スチュワードシップ(キリスト者の管理の務め)は、すべての命と創造物は神から委託されたものであり、神の栄光と奉仕のために用いられるべきであると認知することである。それは、人間の技能や力を創造的に用いるだけではなく、天然資源を保護し責任をもって用いることでもある。これらの神からの賜物は、すべての人、特に貧しい人々と分かち合うものである。」
この点で、私たちの社会は間違いを犯してしまっていると言わないわけにはいかないと思います。貧しい人から奪い、自然から奪い、動物から奪い、自分が便利で豊かになることを追い求めて、ここまで来てしまいました。私たちは、この世界を好きなように使って、かなり壊してしまいました。将来の世代に責任ある仕方で世界を受け渡すには、かなりタイムリミットが迫っています。この責任を果たすためにも、私たちはこの世界を保持しておられる神さまの愛と憐れみに立ち帰る必要があります。この世界を造り、命を与え、今も保っていてくださる神さまの愛に、今こそ帰りましょう。

2021年9月15日水曜日

2021年9月15日の聖句

虐げから遠ざかれ、恐れなくても良いからだ。恐れからも遠ざかれ。それが近づくことはない。(イザヤ54:14)
イエスは言われる:私は、平和をあなたがたに残し、私の平和を与える。私はこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。(ヨハネ14:27)

「私は、平和をあなたがたに残し、私の平和を与える。」主イエス・キリストは私たちに平和を与える、と言われます。「平和」という言葉は、平和と訳しても良いし、平安と訳すこともできます。キリストは私たちに平安を与えてくださる。しかも世が与えるように与えるのではなく、キリストにしかできない仕方で私たちに平安を与える、と言われるのです。
私たちにはどうしても平安でいられないことがあります。どうしても不安で心がかきむしられて、もうどうにもならないということが、私たちにはある。キリストはそんな私たちに平安を与えてくださいます。この言葉はいわゆる最後の晩餐の席上で語られたものです。翌日、イエスは十字架にかけられる。しかし三日目の日曜日のことです。「その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。」主イエスは平安をなくした私たちのところへ来て、「あなたがたに平安があるように」と語りかけてくださいます。世が与えるように与えるのではない。それは、十字架にかけられ、復活したイエスが与える平安だ、ということに他ならないのです。
「虐げから遠ざかれ、恐れなくても良いからだ。恐れからも遠ざかれ。それが近づくことはない。」私たちは、虐げから遠ざかって良いのです。恐れから離れて良い。その点で無理する必要はありません。逃げていい。私たちを救ってくださるキリストのもとに、私たちは逃げていい。キリストの与えてくださる平安に逃げ込んで良いのです。

2021年9月14日火曜日

2021年9月14日の聖句

いかに幸いなことでしょう、弱いものを受け入れる人は。災いの降りかかるとき、主はその人を助けてくださいます。(詩編41:2)
憐れみ深い人々は、幸いである。その人たちは憐れみを受ける。(マタイ5:7)

「いかに幸いなことでしょう、弱いものを受け入れる人は」と、聖書は言います。「弱いもの」というのは、どういう存在なのか?聖書にはその代表的な存在として、外国人寄留者、寡婦、孤児などが登場します。彼ら・彼女らは社会の中で生きる基盤が非常に弱く、貧しいことも多く、とても弱い立場にいました。それは、聖書の時代から何千年もたった今でも同じです。
新約聖書の時代になると、「弱いもの」として、徴税人や罪人と呼ばれる人々も数えられていると思います。徴税人の多くは金持ちでしたので、ある意味では強いものです。ところが社会の中では尊敬されていなかった。というよりも見下げられ、蔑まれて、つまはじきにされていました。あるいは「罪人」と呼ばれている人々がどういう人たちだったのか、の全貌はよく分かりませんが、そこには例えば売春婦も含まれていたようです。彼女たちも、とても激しく差別されていました。それも、現代でも同じです。
あるいは、今聖書を読んで徴税人や売春婦を差別するファリサイ派を眺めながら、「ファリサイ派っていやだな」と言っている私たちを御覧になって、主イエスは言われるかも知れません。私はファリサイ派のような弱いもののために来たのだ、と。私たちの正義感が叩き潰す人々、あの人は非難されて然るべきだとみんなが思い込んでいる「悪い人」、群衆の陰口の標的になっている人。彼らは一見すると弱いようには見えなくても、主イエス様の目には、救うべき弱い人と映っているのではないでしょうか。
「憐れみ深い人々は、幸いである」と主イエスは言われます。そのように言う主イエスさまこそが、本当に憐れみ深いお方です。キリストこそ、私たちへの無限の憐れみを見せて、哀れな罪人である私たちを救ってくださいました。キリストの憐れみが私たちを生かしてくださいます。私たちも憐れみの人として生きるようにと、主イエスが私たちを温めてくださっています。

2021年9月20日の聖句

私は死ぬことなく、生き長らえて、主の御業を語り伝えよう。(詩編118:17) 生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。(ガラテヤ2:20) 今日の新約聖書の御言葉は、この部分だけではなく前後も一緒に読んだ方が良い箇所だと思います。このように...