2022年9月28日水曜日

2022年9月28日の聖句

主がその民を慰め、エルサレムを贖われた。(イザヤ52:9)
闇が過ぎ去り、すでにまことの光が輝いているからです。(1ヨハネ2:8)

何と明るく、希望に満ちた言葉なのでしょう!
主なる神さまは、私たちにまことの光を照らしてくださいました。私たちは自分のいる所は闇の中だと思い込んでいるかも知れません。しかし、それは事実ではないのです。「闇が過ぎ去り、すでにまことの光が輝いているからです。」この「すでに」という小さな言葉が本当に大切な一言です。すでに、まことの光は輝いている!もう、私たちは暗闇の中にいない。光の中にいる。聖書はその事実に気づかせます。
でも、それは、具体的に言ってどういうことなのか?私を包んでいる暗闇に光が輝いているというのはどういうことなのか。聖書にそう書いてあるというのは分かったけれど、実際には何を意味しているのか?
すでにまことの光が輝いている。その光は、主イエス・キリストに他なりません。暗闇そのもののこの世界に、すでに主イエス・キリストという光は訪れて、入ってきてくださった。あの2000年前のクリスマスの日に始まったことです。主が地上を歩いた30年間のことです。主が十字架にかけられたあの日、復活をした三日目のあの日、まことの光がこの暗闇の世界に輝きました。この光は今も消えていない。今も、私たちを照らし続けています。
「主がその民を慰め、エルサレムを贖われた。」この「贖う」という言葉には、家族としての責任を果たすという意味があります。借金で身売りしなければならない家族を買い戻す。もう一度家族として迎える。「贖う」というのはそういう意味です。神さまは私たちの家族として、私たちを買い戻してくださいました。だから、私たちは光の中にいます。私たちは罪の力や暗闇の力に、もはや支配されていません。キリストの光の中に生きています。
今日も、主イエス・キリストの祝福がありますように。心から祈っています。

2022年9月27日火曜日

2022年9月27日の聖句

自分の神を知る者は強くなり、それにふさわしく行動する。(ダニエル11:32)
信仰によって、モーセは成人したとき、ファラオの娘の子と言われるのを拒んだ。(ヘブライ11:24)

モーセはヘブライ人の子でしたが、エジプトで生まれました。彼が生まれたころ、エジプトではヘブライ人の人口が増え、エジプト人たちは脅威を感じるようになってきました。そこでファラオはヘブライ人を奴隷にし、過酷な労働を課しました。しかしヘブライ人はますます増えていく。そこで、ファラオはいよいよヘブライ人を嫌悪し、男児が生まれたらすぐに殺すようにと助産師たちに命じたのです。ところが助産師たちは神を畏れていたのでファラオの命令に背いた。そこで、ファラオは次に全国民に対して、男児が生まれたらナイル川に放り込むように命じた。
そんなときに一人の男児が生まれました。母は生まれたばかりの我が子のかわいくて、川に放り込むことなんてできませんでした。パピルスでかごを作り、葦の茂みに置いた。するとそこへファラオの王女が水浴びに来て赤子を見つけ、不憫に思って自分で引き取って育てたのです。王女はその子にモーセと名前を付けました。こうしてモーセはヘブライ人でありながらエジプトの王女の子として育てられることになったのです。
しかし、やがて成長したモーセはその立場を良しとはしませんでした。「信仰によって、モーセは成人したとき、ファラオの娘の子と言われるのを拒んだ。」なぜか。同胞ヘブライ人たちがエジプト人らに過酷に追い使われているのを目の当たりにしたからです。自分一人がファラオの娘の子として、王宮で安穏と暮らしていることを拒んだのです。しかし、ここはエジプトです。ファラオの娘の子であれば、エジプト中のすべての富みは意のままであり、権力もあり、好き勝手に生きることができます。力のある立場です。ファラオの娘の子と呼ばれるのを拒むというのは、この世の力を手放すということです。モーセはそれらを手放しました。
「自分の神を知る者は強くなり、それにふさわしく行動する。」私たちは、信仰によって、モーセと同じようにこの世の力を手放すことができるのでしょうか。本当に大切なことは何か、本当に私たちの力になるのは何なのか。私たちは静やかな心で識別し、選び取りましょう。主を喜ぶこと、主に依り頼むこと、主を信じることこそ、私たちの力なのです。

2022年9月26日月曜日

2022年9月26日の聖句

私を帰らせてください。そうすれば、帰ります。主よ、あなたは私の神だからです。(エレミヤ31:18)
イエスはトマスに言う。「あなたの指をここに当てて、私の手を見なさい。あなたの手を伸ばして、私の脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」(ヨハネ20:27)

主イエス・キリストは、トマスにおっしゃいました。「あなたの指をここに当てて、私の手を見なさい。あなたの手を伸ばして、私の脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」彼が、自分の指をイエスの手の釘の後に入れなければ、この手を槍で刺されたイエスの脇腹に入れなければ決して信じないと言ったからです。しかも、主イエスは、怒りを込めてこのようにおっしゃったのではありません。トマスがいる部屋に入ってきて、「あなたがたに平和があるように」と言って、その上であのように言ってくださいました。何と深い愛でしょう!何と優しい方でしょう!
そして、主イエスは何と深くへりくだったお方でしょう。トマスの言葉は、とても失礼です。主イエスの手の釘の跡も、脇腹の槍の跡も、トマスや私たちのために負った傷跡です。そこに手を入れなければ信じないだなんて、本当に失礼な言葉です。ところがイエスさまはそれを優しく受け入れ、トマスに手を差し伸べてくださいました。こんなにも優しい主イエスさまが、私たちの神さまなのです。本当にありがたいことです。
「私を帰らせてください。そうすれば、帰ります。主よ、あなたは私の神だからです。」この祈りの言葉は、私が神さまの御許に帰ることができるとしたら、それはあなたが帰らせてくださるからです、という意味です。私たちは自分の力で神さまのところに帰りうる立派な信仰をもっているのではない。神さまが招いてくださり、神さまが信仰を与えてくださるから、神さまの御許に帰ることが初めてできる。主イエスがトマスの前にご自分の釘打たれた手を差し出すように、神さまは私たちのために帰る道を備えてくださっています。
今日も、私たちの歩む道が神さまの御許へ帰るための道でありますように。祝福を祈ります。

2022年9月25日日曜日

2022年9月25日の聖句

主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。(詩編121:3)
私たちの主イエス・キリストは、あなたがたを最後まで堅く保ってくださいます。(1コリント1:7~8)

神学生のとき、渋沢教会で一年間の研修を受けました。今さがみ野教会で毎週ご一緒に礼拝を献げている浜崎孝先生が当時の牧師でした。礼拝前、奉仕者が集まって祈りを捧げます。そのとき、浜崎先生はよくこのように祈っておられました。「今日もあなた様の寝ずの番をいただいて朝を迎え・・・。」神さまは私たちのために寝ずの番をしてくださっています。主に守られて、私たちは眠りから覚め、朝を迎えます。
出エジプト記には、過越の夜、ヘブライ人たちがエジプトを脱出するために主なる神さまが寝ずの番をしてくださった、と書かれています。「その夜、主は、彼らをエジプトの地から導き出すために、夜通し見張りをされた」(出12:42)。今も、主なる神さまは私たちのための寝ずの番をして、私たちを奴隷の家から導き出してくださっています。
「主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。」まどろむことなく、私たちの足元を守ってくださる方です。私たちの信仰の足はこのお方のお陰でよろけることがありません。いや、よろけて転んでしまったと思うときにも、実は神さまが支えてくださっています。転がった私を抱き起こしてくださいます。そのために、神さまはまどろむことなく、夜通し守っていてくださいます。
「私たちの主イエス・キリストは、あなたがたを最後まで堅く保ってくださいます。」最後まで、という力強い言葉が書かれています。イエスさまは、私たちを堅く保つことを途中で放り出してしまうことがない。最後まで。しかも「堅く」保つというのも、やはりとても力強い言葉です。私たちには恐ろしいことやよろめいてしまうことも起きます。私たちは人間として、とても弱い存在です。しかし、主が味方なら恐れはありません。主が昼も夜も、まどろむことなく守ってくださっています。今日も、主の寝ずの番にあずかって、私たちはこの朝を迎えたのです。

2022年9月24日土曜日

2022年9月24日の聖句

わたしは、ぶどう酒のかすの上によどみつつ、心の中で「主は良いことも、悪いこともしない」と言っている者どもを罰する。(ゼファニヤ1:12)
あなたは、「私は裕福で、満ち足りており、何一つ必要なものはない」と言っているが、自分が惨めな者、哀れな者、貧しい者、目の見えない者、裸の者であることが分かっていない。そこで、あなたに勧める。豊かになるように、火で精錬された金を私から買うが良い。自分の裸の恥をさらさないように、身にまとう白い衣を買い、また、見えるようになるために目に塗る薬を買うが良い。(黙示録3:17~18)

「心の中で『主は良いことも、悪いこともしない』と言っている者ども」というのは、一言で言って、神さまを嘗めていることに他ならない。自分が何をしたって、神さまはどうせ何もしないし遠くから眺めているだけなのだから、どうだっていい、と嘯いている。あるいは、心の中で神さまを小さく見積もっている。これは預言者ゼファニヤを通して語られた神さまの御言葉です。この預言者は、そうやって神さまを嘗めている人を「ぶどう酒のかすの上によどみつつ」というイメージで表しました。どういうことなのでしょうか。ぶどう酒のかすというのは、実を搾った後に残る皮とか種とか軸など、本来は取り除くべきゴミのことだろうと思います。どうしても入り込んでしまうが、そのまま残してしまうと、せっかく作ったぶどう酒の味が落ちてしまいます。それがよどんでいる。私たちの心の有り様のことなのかも知れません。本当のぶどう酒の価値を損なうかすが残ったままになってしまっている。それが、「どうせ神さまなんて・・・」というつぶやきになって現れているのかも知れません。
そんなとき、実は、私たちは自分自身の姿にも気づけなくなっている、と今日の新約の御言葉はいっています。自分が本当は惨めな者、哀れな者、貧しい者、目の見えない者、裸の者であるのに、十分満ち足りていると満足してしまっている。確かに外面的には本当に裕福です。毎日不自由なく食べられています。しかし、神さまの前に、どうなのでしょうか。
それが見えるようになるために、目に塗る薬を買え、と言っています。ぶどう酒のかすを取り除けということでしょう。しかしそのためには、神様ご自身に取り除いて頂かなくては、どうしようもない。主イエスは、何度も繰り返し、聖霊を受けなさいと弟子たちにお命じになりました。聖霊、それは神様ご自身の霊です。神さまご自身を頂かなくては、私たちは自分で自分を清めること、見えるようになること、かすを除くことができないからです。しかしキリストは、私たちが神のものとして生きるために必要な聖霊を与える、と約束してくださいました。私たちが祈るとき、既に、私たちはその霊にあずかっているのです。

2022年9月23日金曜日

2022年9月23日の聖句

主は、あなたがたをご自分の民とすることを良しとされた。(サムエル上12:22)
あなたがたは恵みにより、信仰を通して救われたのです。それは、あなたがたの力によるのではなく、神の賜物です。(エフェソ2:8)

若いころ、初めて海外を旅行したときに、パスポートを落としてしまったことがありました。米国のアトランタ空港の乗り換えのときに出して、その後、うまくしまえておらずに落としてしまったようです。ローカル線に乗り込んで、いよいよ目的地に着くぞというときに手荷物を確認してみたら・・・中にパスポートが入っていなかったのです!青ざめるというのはああいうことを言うのでしょう。何しろまだ20歳にもなっていない若者の一人旅の最中です。本当に生きた心地がしませんでした。
「主は、あなたがたをご自分の民とすることを良しとされた」と書かれています。ご自分の民。自国民ということです。例えば海外旅行中にパスポートをなくせば、領事館の人はその人のために骨を折ってくださることでしょう。それは、その人が自国民だからです。もっとひどいトラブルに巻き込まれれば、地元警察と協力をして救出のために尽力してくれるのだと思います。彼が自国民だからです。神さまは、私たちをご自分の民としてくださいました。私たちは神さまのもの。それは、神さまが私たちをご自身のものとして守ってくださる、ということです。
私たちはこの世を旅する神の民です。神の国の民です。この旅には困難もありますが、それ以上に大きな喜びがあります。私たちの旅は天の本国を目指す旅だからです。私たちは自分の力によってではなく、神さまの力によって天の国の民にして頂きました。神さまの恵みが私たちを神の国に招き入れているのです。「あなたがたは恵みにより、信仰を通して救われたのです。それは、あなたがたの力によるのではなく、神の賜物です。」
結局、私の落としたパスポートは数日後に見つかりました。私を迎え入れてくださった教会の方が尽力してくださいました。そうです。私は最初から、キリストの教会という一番頼りになるふるさとに守られていたのです。
今日も、あなたに祝福がありますように。

2022年9月22日木曜日

2022年9月22日の聖句

万軍の神、主よ、誰があなたに並びえましょうか。
力強い方、主よ、あなたのまことがあなたを囲みます。(詩編89:9)
私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、あなたがたに知恵と啓示の霊を知らせてくださいますように。(エフェソ1:17)

今日の新約聖書の御言葉には、このような句が続きます。
「そして、あなたがたが神を深く知ることができ、心の目が照らされ、神の招きによる希望がどのようなものか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか、また、私たち信じる者に力強く働く神の力が、どれほど大きなものかを悟ることができますように。」
私たちが神さまを知ることも、神さまが下さる希望を知り、どんなに豊かな恵みをいただくのか、神さまの力がどれほどすばらしく私たちを守ってくださるのかを悟ることも、すべて神さまが下さる啓示の霊によるのだ、と言います。神様ご自身が私たちにご自分の恵み深さを知らせてくださるのだ、というのです。
主イエス・キリストの神、栄光の父。この方を知り、信じ、この方の恵みに生かされるのは本当に幸いなことです。この方は深いまことの愛のお方であり、私たちに命を与え、今日も保ってくださっています。私たちが悪の虜になることのないように、主イエス・キリストを与えてくださいました。
今日の旧約聖書の詩編の御言葉はこのように言っています。「万軍の神、主よ、誰があなたに並びえましょうか。力強い方、主よ、あなたのまことがあなたを囲みます。」ここで特に注目したいのが、「あなたのまことがあなたを囲みます」という言葉です。神様ご自身のまことが、神さまを取り囲んでいる。まことの中に神さまがおられる。神さまはそのまことに満ちた御心を私たちに知らせてくださいました。私たちは神さまの慈しみとまことによって、いつどのようなときにも、神さまのものです。
今日一日の私たちの歩みも、私たちがどこに行こうとも、何をしようとも、キリストが私たちの慈しみ深い神でいてくださいます。だから、今日も、平安の内へと出かけて行きましょう。

2022年9月28日の聖句

主がその民を慰め、エルサレムを贖われた。(イザヤ52:9) 闇が過ぎ去り、すでにまことの光が輝いているからです。(1ヨハネ2:8) 何と明るく、希望に満ちた言葉なのでしょう! 主なる神さまは、私たちにまことの光を照らしてくださいました。私たちは自分のいる所は闇の中だと思い込んでい...