2021年5月8日土曜日

2021年5月8日(詩編119:105〜112)

詩編119:105~112(ヌン)
あなたの言葉は私の足の灯
私の道の光。(105節)
私はひどく苦しんできました。
主よ、あなたの言葉どおりに私を生かしてください。(107節)
私は常に危険にさらされています。
しかし、あなたの律法を忘れませんでした。(109節)

あなたの言葉は私の足の灯。「私の足」が進む道、それは平坦でなだらかな道ではないようです。「私はひどく苦しんできました」と言っています。「私は常に危険にさらされています」と言っています。さらに110節では「悪しき者どもが私に罠を仕掛けました」とも言っています。そういう「私の道」を歩む足元を照らす灯、それが神さまの御言葉だと言っています。
この「灯」は、煌々と照る、真昼のように明るい照明ではないでしょう。小さな灯です。足元しか分からない。自分の一歩を小さく照らす光。ずっと先は分かりません。御言葉の光に照らされて一歩だけ進む。その先の次の一歩は、そこでまた足元を照らして、御言葉に導かれて踏み出します。
今、私たちの足元を照らしている光は、何でしょうか?私たちが確かだと思っている光は、御言葉の光でしょうか?もう一度確かめてみても良いのかも知れません。私たちは何を頼りにし、何に希望を見て生きているのでしょうか。
この詩編では「しかし、あなたの律法を忘れませんでした」とか、「しかし、あなたの諭しから迷い出ませんでした」と言っています。私たちの道は平坦ではなく、私たちは危険にさらされたり悪しき者に苦しめられたりします。だからこそ、私たちがどう生きるかが問われる。神さまの御言葉に従って生きることで、私たちは灯をもって確実な一歩を踏み出すことができます。
主イエスはご自分の言葉を聞いてこれに従う者を、岩の上に家を建てた人と呼びました。それとは逆に聞くだけで従わない人は砂の上に家を建てた人。岩の上の家は雨が降り、川が溢れ、風が吹いて家を襲っても倒れない。土台がしっかりしているからです。私の自分の足を主イエス様の足跡に重ねるようにして主の後に従っていきたい。そのように思わされました。

2021年5月7日金曜日

2021年5月7日(詩編119:97〜104)


詩編119:97~104(メム)
あなたの仰せは口の中でなんと甘いのでしょう。
私の口には蜜にもまさります。
あなたの諭しから私は分別を得ます。
それゆえ、偽りの道はいずれも憎みます。(103~104節)

主の仰せは口の中で甘く、蜜にもまさる!甘美な言葉です。主の仰せ、御言葉を愛し、日夜それを思い巡らす人の祈りの言葉です。この御言葉は「私を敵よりも賢くします」と言っています。神さまの御言葉による知恵です。敵というのは、恐らく神さまを信じていない人のことでしょう。神さまの御言葉に学ぼうとしない人。私は彼らよりも賢い、と言っています。
一歩間違うと傲慢になりかねない言葉です。相手を見下して、自分のほうが優れていると強弁するということになりかねない。しかしこの詩編が本来そのような意味でないことは明らかです。「私は悟りある者となりました」とこの詩編作者が言いうるのは、「あなたの定めを思い巡らしているからです」と言っているとおり、神さまの御言葉を思い巡らし、それを愛しているからです。神さまの御言葉の知恵に学んでいるのです。
ところで、アメージング・グレイスという讃美歌があります。直訳調にするとこのような歌詞です。「驚くべき恵み、なんと甘美な響き。この恵みが私のような惨めな者を救ったのだ。私はかつて失われていた。しかし、今や見出されている。私は盲だった。しかし今は見えている。」惨めな私を救った神の恵み、その響きは甘美だと言います。主の仰せ、それは、この恵みの言葉です。惨めな私を救う神の恵みによって、私は今や見出され、見えるようになった。だから、かつてのように今や生きることはない、という告白であると思います。
私は、神さまの御言葉によって与えられる知恵というのは、これだと思います。神の恵みを告げる御言葉によって与えられる知恵です。神の恵みを見る知恵です。そして、神の恵みによって開かれた目をもって隣人を見る。それこそ神に与えられた知恵なのではないでしょうか。私たちを生かす神の恵みの知恵によって、私たちは今日という一日を生きていきます。

2021年5月6日木曜日

2021年5月6日(詩編119:89〜96)

詩編119:89~96(ラメド)
もしも、あなたの律法が私の喜びでなかったなら
この苦しみの中で私は滅びたことでしょう。
とこしえにあなたの諭しを忘れません。
それによって私を生かしてくださったのですから。(92~93節)

この詩編は90節と96節が見事な対比になっています。90節「あなたのまことは世々に及び、あなたが据えられた地は揺らぐことがありません」、そして96節「どれほど完全なものにも、私には終わりが見えます。あなたの戒めはすべてに及びます」。この詩編の冒頭に近い90節では、「あなたが据えられた地は揺らぐことがありません」と言って、この地が確かであること、完全なものであることへの信頼が歌われています。ところが最後の節である96節では一転して「どれほど完全なものにも、私には終わりが見えます」と言っています。完全なものであるこの大地も、いつか終わるときが来る。ところがそんな大地が揺らぐことがないと言いうるのは、これをお造りになったのが神さまであるからです。本当に揺らぐことがない確かなものは、神さまの御言葉の御業です。急所は、大地そのものへの信頼ではなく神さまへの信頼です。
そのことを知ると、私たちに襲ってくる苦しみが相対化されます。この苦しみは絶対なものではない。絶対的なのは神さまとその御言葉だけです。神さまの御言葉である律法を喜びとするものは、苦しみの中でも滅んでしまうことはありません。私自身は小さくて弱く、儚いものに過ぎませんが、こんなに小さな私を造ってくださったのが何よりも確かな神さまだからです。
「私はあなたのもの、私を救ってください」。私たちはそう祈ります。私が私自身のものではなく、私の真実な救い主、イエス・キリストのもの。そのことが私たちを生きているときにも死んでいくときにも確かな、ただ一つの慰めなのです。

2021年5月5日水曜日

2021年5月5日(詩編119:81〜88)

詩編119:81~88(カフ)
私の魂はあなたの救いに思い焦がれ
  絶え入りそうです。
あなたの言葉を待ち望んでいます。
私の目はあなたの仰せを思い焦がれ
  絶え入りそうです。
いつ私を慰めてくださるのか、と問いかけます。(81~82節)

あなたの救い、あなたの仰せに思い焦がれ、絶え入りそうです。そのように二度言葉を重ねています。「絶え入りそうです。」これは「終わる」という意味のある動詞で表現されています。私の魂が、私の目が、もうここで終わってしまうほどに思いを焦がしながら神の救いを求め、神の仰せを求めている。
ここで「私の目はあなたの仰せを思い焦がれ」と表現していることはとてもおもしろいと思います。普通、仰せを思い焦がれるのなら、耳であるはずです。ところがここでは目が仰せを思い焦がれている、と言っています。もしかしたら、神さまの仰せがこの世界を、歴史を形づくっていく、その出来事の目撃者となることを思い焦がれ、自分の目が終わりを迎えてしまうほどの思いでそれを待ち望んでいる、ということであるのかも知れません。私たちはそこまでの思いを持って神さまの仰せを思い焦がれているでしょうか。
もう一つ心を引かれるのは、83節で「煙の中の革袋のようになったときでも、私は、あなたの掟を忘れませんでした」と言っているところです。煙の中の革袋と言っていますが、どういう意味なのでしょう。私は実際に革を煙でいぶしたことはありませんが、恐らく、ひび割れてボロボロになっていくのではないかと思います。革袋としては使い物になりません。私自身が煙の中の革袋のようになってしまうとき、それでも私はあなたの掟を忘れませんでした、と告白しています。これも、やはり神さまの仰せを思い焦がれ、絶え入るほどにそれを求めているという意味なのでしょう。
それは「傲慢な者」が「偽りをもって私を迫害」したことで受けた苦しみと無関係ではないはずです。人に苦しめられていた。この人も、私たちとまったく同じ人間関係の悩みに苦しんでいました。その苦しみの中で神さまの御言葉、神さまの仰せこそ救いと信じてこれを求め、ここに救いがあると信じ続けた人の祈り。それがこの詩編です。私たちも共有する祈りの言葉です。

2021年5月4日火曜日

2021年5月4日(詩編119:73〜80)

詩編119:73~80(ヨド)
あなたの掟に照らして
  私の心に落ち度がありませんように。
私が恥を受けないために。(80節)

この詩編は最後で「私が恥を受けないために」と書かれています。恥をかくというのはできれば避けたいことです。ですから私たちは社会常識からあまりに外れたことは自重しますし、世間体からして恥ずかしいことはしないように自制します。しかし一度立ち止まって考えてみると、何を恥とするかという基準は、それほど確かなものではないようにも思います。世間の常識って、一体何でしょうか?人目といってもその「人」というのは誰のことなのでしょうか。もしかしたら、本当はそれほど確かな実態があるわけではないものが、いつの間にか力を持って私たちの社会を支配しているのではないかとさえ思ってしまいます。
この詩編では「恥」の基準が極めてはっきりしています。「あなたの掟に照らして、私の心に落ち度がありませんように」。あなたの掟、神が与えてくださった律法を基準にして、そこに対する落ち度があれば私は恥ずかしい思いをしないわけにはいかない。あるべき私の姿から遠く離れてしまっているということになるからです。基準ははっきりしているのであって、世間だったり常識や人目といった実態のよく分からないあやふやなものではない。いやただ単に「あやふや」というだけではなく、常識を造る人目は罪深い私たち人間の目ですから、そもそも「常識」が基準となり得るのかという問題があるのだと思います。ところが神の掟はそうではない。とこしえに変わることのない神の御心に従って生きることこそ、私たちの美しい生き方です。
この詩編では、「あなたを畏れる」とか「傲慢な者らが恥じ入りますように」とか言っています。神を畏れ、神の前にへりくだるというところに、神の掟に従う生き方を見ているのではないでしょうか。そして「あなたの憐れみが私を訪れ、私を生かしてくださいますように」と言っています。神の憐れみにすがり、神に生かして頂く。そういう神の憐れみの事実と神の掟は別々のものではありません。神の憐れみにすがるものは、他の誰かから何を言われることがあろうとも、神に恥じ入ることはないのです。私たちにはそもそも神に誇るべきところは何一つありません。誇るとすればただ一つ、私を憐れんでくださる神がこの私でさえも救ってくださっていることをこそ誇ります。この神の前で、私は恥じ入ることがないのです。キリストの憐れみのゆえに!

2021年5月3日月曜日

2021年5月3日(詩編119:65〜72)

詩編119:65~72(テト)
苦しみに遭ったのは私には良いことでした。
あなたの掟を学ぶためでした。
あなたの口から出る律法は私には良いもの。
幾千の金や銀にまさります。(71~72節)

「苦しみに遭ったのは私には良いことでした」とありますが、なかなか「アーメン、その通りです」とは言えない言葉です。苦しみは苦しみです。それ自体は良いものではありません。私たちには避けがたいことではあります。これも神さまの手の内にあると信じたいけれど、なかなか感情が付いていかないということもあるのではないでしょうか。
どうして、それでもなお「苦しみに遭ったのは私には良いことでした」と言いうるのか。この詩編は言うのです。それは「あなたの掟を学ぶためでした」と。苦しみの中で神の掟、つまり御言葉を学んだ。だから、この苦しみには意味があった、これはわたしにとってよいことだった、と言います。
それがいかなる掟だったのか、どのような言葉だったのかは具体的に書かれていません。しかし、書く必要がなかったのかもしれません。私たちにも、それぞれに、苦しみの時に出会った神様の御言葉があるのではないでしょうか。そして、それは時として、「掟」とここで言っているとおりに私たちを新しい生き方へ招く御言葉であったのではないでしょうか。
使徒パウロは言います。「苦難が忍耐を生み、忍耐が品格を、品格が希望を生むことを知っている」と。なぜなら、キリストが私のために苦しんでくださったことを知っているから。だから、私は苦難を誇りとする。苦難の中で忍耐が生まれ、その忍耐は私の品性を練り清め、そこで磨かれた品格は希望を生む。キリストの苦しみにあずかる希望を。
あるいはパウロはこのようにも言います。「今私は、あなたがたのために喜んで苦しみを受けており、キリストの体である教会のために、キリストの苦難の欠けたところを、身をもって満たしています」(コロサイ1:24)。私のこの苦しみは、キリストの苦しみにつながっている。隣人のための苦しみ、他者の罪を負う苦しみを、私は喜んで引き受ける、と言います。キリストにあって、苦しむことの意味が変革されたのです。キリストが私にしてくださったように隣人のために苦しむ事へと、私たちは招かれている。苦しみの中でキリストと共にある。だから、私には希望がある。パウロはそのように言います。

2021年5月2日日曜日

2021年5月2日(詩編119:57〜64)

詩編119:57~64(ヘト)
主は私の受ける分。
あなたの言葉を守ると約束しました。
心を尽くして願い求めます。
仰せのとおり、私を憐れんでください。(57~58節)

「私の受ける分」という言葉があります。取り分とか分け前という意味がありますが、旧約聖書ではとても大切にされている言葉です。イスラエルの人々がエジプトから脱出して40年の荒れ野の旅をし、ついに約束の地に入る。その時、部族毎、さらに氏族毎、家族毎に土地が割り当てられました。この割り当て地、相続地は神さまに与えられた地です。この割り当てを指す言葉が、この「私の受ける分」というのと同じ字なのです。
この詩編では主ご自身が私のうける分、相続地だ、と言います。土地分配の時に、主ご自身が分け前として分配された人々がいました。レビ人、祭司の一族です。「そのため、レビ人には、兄弟たちのような割り当て地や相続地がない。あなたの神、主が語られたとおり、主ご自身がその相続地だからである」(申命記10:9)。レビ人には土地の割り当てがないので、畑を耕して作物を得ることができません。彼らは社会的には弱者になります。それで、同じ申命記の14:29~30には「あなたは、三年の終わりごとに、その年の収穫の十分の一をすべて取り分け、町の中に置かなければならない。あなたのような割り当て地や相続地のないレビ人や、あなたの町の中にいる寄留者、孤児や寡婦がやって来て食べ、満足するようにしなさい」と書かれています。主ご自身が割り当てというのは、何の寄る辺もない、他者の善意によって生きる以外の道がない、ということを意味します。
「仰せのとおり、私を憐れんでください」とこの詩編では言っています。主の憐れみにすがって生きるというのは毎日の生活のこと、実際的な事柄です。私たちは、他者の手を通して主の憐れみを経験します。隣人の愛に信頼することなしに、主に頼るということは不可能です。主イエス様ご自身、あのサマリアの井戸で、見知らぬサマリアの女の善意にすがって一杯の水を求めました。自分の弱さをさらけ出し、他人の善意に信頼することは、特に現代のような世界にあっては意味があることなのではないでしょうか。
今日の御言葉は、不思議です。私たちを不思議な神の愛の世界に招きます。私は他者の愛によらなければ生きることのできない存在。私たちは主への愛と信頼を持ってそのことを告白し、神と隣人の愛を信じるという信仰委の冒険に踏み出します。

2021年5月1日土曜日

2021年5月1日(詩編119:49〜56)

詩編119:49~56(ザイン)
この仮の宿では
あなたの掟が私の歌でした。
主よ、夜に御名を思い起こし
あなたの律法を守りました。(54~55節)

私たちは神さまが備えてくださった故郷、天の故郷を目指す旅人です。アブラハムから始まり、聖書は至る所で信仰者の姿を旅人になぞらえています。
「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束のものは手にしませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声を上げ、自分たちが地上ではよそ者であり、滞在者であることを告白したのです。彼らはこのように言うことで、自分の故郷を求めていることを表明しているのです。」(ヘブライ11:13)。彼らが憧れ、求めていたのは、天の故郷です。そのためにこの地上では旅人、滞在者、よそ者として生きました。出てきたところよりももっとよい場所を求めていたからです。
この旅のための歌があります。「この仮の宿では、あなたの掟が私の歌でした。」歌があると旅が楽しくなります。神さまのくださった愛の掟が私たちの歌です。「掟」というと、私たちの持っているイメージからすると、あまり喜ばしいものではないように感じてしまいます。しかし神さまの掟は、私たちの旅路を導くマーチのリズムです。周囲にはほかのリズムが響いています。そのリズムは、しばしば「自己責任」だとか「消費主義」だとか、そういった響きを立てています。ところが私たちは神さまが響かせておられるリズムに合わせて旅を続けます。神のリズムは、神と隣人への愛のリズムです。キリストという神の究極の自己犠牲のリズムです。このようなリズムが私たちの旅路を彩ります。
私たちの生きる仮の宿で、今晩眠るときには、神さまの御名を思い起こしましょう。主の御名によって祈りましょう。神のリズムに自分は生きた一日であったのか、思い起こしてみましょう。感謝の祈りを献げ、悔い改めの祈りを献げ、神の愛が奏でるリズムに自分の歩調を合わせる喜びを噛みしめて、一日を終わりたい。そう願いつつ、新しい一日を始めます。

2021年5月8日(詩編119:105〜112)

詩編119:105~112(ヌン) あなたの言葉は私の足の灯 私の道の光。(105節) 私はひどく苦しんできました。 主よ、あなたの言葉どおりに私を生かしてください。(107節) 私は常に危険にさらされています。 しかし、あなたの律法を忘れませんでした。(109節) あなたの言葉...