2014年8月10日日曜日

創世記1:1-2:4a「世界は安息に向かう」

聖書の最初の巻の最初の言葉に、聖書のメッセージが凝縮されているように思います。「初めに、神は天地を創造された。」神が創造されたこの天と地には神の祝福が充ち満ちています。神は光を造り、空と陸を造り、草木を造り、天体を造り、水の中の生き物と空の鳥を造り、それぞれの生き物を造り、人を造ったとき、御自分が造ったものをご覧になって、「良し」とされました。それは極めて良かったとおっしゃいました。この「良い」という言葉には目的に適った美しさという意味があります。神は私たちをご覧になって「美しい」とおっしゃるのです。皆さんはご存知でしょうか、ご自分の美しさを。あなたは美しいのです。神がそうおっしゃっています。神があなたを祝福しておられるのです。神が祝福してくださっているということは、私たちが神のものだということです。その事実を確認するのが、七日目に訪れる安息日の祝福です。「この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された」とある通りです。私たちには6日間の仕事があります。それどころか6日間では足りなくて、もっとたくさん働かなくてはならないこともしばしばです。日曜日に礼拝を献げること、そのために神さまに時間を献げることにはある戦いが伴います。娑婆の生活が聖日を凌駕するかのようです。しかし、聖書の初めの言葉に聞くと、事情は変わってしまうのです。「第七の日に、神はご自分の仕事を完成され、第七の日に、神はご自分の仕事を離れ、安息なさった。」安息の日をもって、神は6日間の仕事を完成なさいました。6日間の娑婆の生活を完成されたもの、聖なるものとするのは、7日目の安息の日の祝福です。私たちの一週間はすべて丸ごと神のものです。神が祝福してくださっているのです。その事実を、私たちは安息日に知ります。勿論、日曜日に必ずしも休むことができない仕事はたくさんありますし、私たちの社会はそういう仕事によって支えられています。だからこそ、今ここで7日目の神の安息を覚えて時間を献げる人がいることは尊いことです。この世界はきれい事だけでは済みません。神がお造りになった世界には、光だけではなく、闇もありました。夜も残されていました。敢えて言えば、蛇もいる世界でした。極めて良いこの世界で、しかし、神を失ってしまうと神の光を失ってしまいます。その時、私たちの罪は深く、その深淵は混沌としています。神に光を灯して頂かなくては生きられないのです。私たちは娑婆の深淵から十字架を見上げます。私たちは神のもの。この祝福の事実を私たちが決して忘れることのないために。

2024年7月14日の聖句

今週の聖句: あなたがたは、もはやよそ者でも寄留者でもなく、聖なる者たちと同じ民であり、神の家族の一員です。(エフェソ2:19) 今日の聖句: 地とそこに満ちるもの、世界とそこに住むものは主のもの。(詩編24:1) ですから、あなたがたは、もはやよそ者でも寄留者でもなく、聖なる者...