2021年9月15日水曜日

2021年9月15日の聖句

虐げから遠ざかれ、恐れなくても良いからだ。恐れからも遠ざかれ。それが近づくことはない。(イザヤ54:14)
イエスは言われる:私は、平和をあなたがたに残し、私の平和を与える。私はこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。(ヨハネ14:27)

「私は、平和をあなたがたに残し、私の平和を与える。」主イエス・キリストは私たちに平和を与える、と言われます。「平和」という言葉は、平和と訳しても良いし、平安と訳すこともできます。キリストは私たちに平安を与えてくださる。しかも世が与えるように与えるのではなく、キリストにしかできない仕方で私たちに平安を与える、と言われるのです。
私たちにはどうしても平安でいられないことがあります。どうしても不安で心がかきむしられて、もうどうにもならないということが、私たちにはある。キリストはそんな私たちに平安を与えてくださいます。この言葉はいわゆる最後の晩餐の席上で語られたものです。翌日、イエスは十字架にかけられる。しかし三日目の日曜日のことです。「その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。」主イエスは平安をなくした私たちのところへ来て、「あなたがたに平安があるように」と語りかけてくださいます。世が与えるように与えるのではない。それは、十字架にかけられ、復活したイエスが与える平安だ、ということに他ならないのです。
「虐げから遠ざかれ、恐れなくても良いからだ。恐れからも遠ざかれ。それが近づくことはない。」私たちは、虐げから遠ざかって良いのです。恐れから離れて良い。その点で無理する必要はありません。逃げていい。私たちを救ってくださるキリストのもとに、私たちは逃げていい。キリストの与えてくださる平安に逃げ込んで良いのです。

2021年9月20日の聖句

私は死ぬことなく、生き長らえて、主の御業を語り伝えよう。(詩編118:17) 生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。(ガラテヤ2:20) 今日の新約聖書の御言葉は、この部分だけではなく前後も一緒に読んだ方が良い箇所だと思います。このように...