2024年5月17日金曜日

2024年5月17日の聖句

あなたは寄留者を抑圧してはならない。あなたがたは寄留者の気持ちが分かるはずだ。あなたがたもエジプトの地で寄留者だったからである。(出エジプト記23:9)
正しい人たちが王に尋ねた。「主よ、いつ、見知らぬ方にお宿をお貸ししたでしょうか。」王は答えた。「よく言っておく。この最も小さな者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである。」(マタイ25:37,38,40)

あなたがたは寄留者の気持ちが分かるはずだ、と神さまはおっしゃいます。私たちはエジプトの地で寄留者だった。よそ者、仮住まいの者、在留外国人だった。もちろん、私たちの肉の先祖ではない。私たちはユダヤ人ではない。しかし、私たちも同じ神を信じている信仰の祖は、エジプトの地で寄留者だった。よそ者として虐げあれ、奴隷の憂き目に遭っていた。何人であろうと関係ない。この事実が私たちの信仰の原点です。寄留者であり、よそ者である私たちを神が目に留めてくださり、その叫びを聞き、奴隷の家から救いだしてくださった。
「あなたは寄留者を抑圧してはならない。あなたがたは寄留者の気持ちが分かるはずだ。あなたがたもエジプトの地で寄留者だったからである。」
その原点に立ち返るとき、私たちには、寄留者を抑圧するという振る舞いをすることはもはや不可能なはずだ、と神さまはおっしゃいます。そのようなことはできないだろう、と。そして、同じまなざしを持って、目の前にいる「最も小さな者の一人」と相対するとき、そこでする私たちの業を、主はご自身への業として御心に留められます。「よく言っておく。この最も小さな者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである。」最も小さい者。寄留者。この人たちの共通点は、社会の中で軽んじられ、その存在が侮られているということです。そういう片隅に追いやられた人と共に神がおられる。そこで示す愛を決してお忘れになることはない。主なる神さまは、私たちにそうおっしゃいます。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...