2024年5月21日火曜日

2024年5月22日の聖句

主はその民を贖い、契約をとこしえに定めた。(詩編111:9)
この方(イエス・キリスト)こそ、私たちの罪、いや、私たちの罪だけではなく、全世界の罪のための宥めの献げ物です。(1ヨハネ2:2)

主が民をご自分のものとしてくださった。御言葉はそのように宣言します。私たちも神の民、神のものとして頂いた!
それは、1から10まで全部神さまがしてくださったことです。「この方こそ、私たちの罪、いや、私たちの罪だけではなく、全世界の罪のための宥めの献げ物です。」主イエス・キリストが私たちの罪のための宥めの献げ物になってくださった。私たちを神のものとするための供え物になってくださって、私たちを罪から救ってくださった。聖書は、私たちを救うために神が何をしてくださったのかを語ります。私たちが何かをしたからとか、私たちが少しはよくなれたからとか、そのようなことは一切語らない。神の救いの光の中に、この私も生かして頂いている!だから、私たちも神に救って頂いた。それが私たちのすべてです。
神さまは、私たちが信じたから罪を赦してくださったのではありません。神が先に私たちを赦してくださった。その事実が先です。だから、私たちもまた神を信じることができる。私たちは信じたから救われるのではなく、救われたから信じた。救って頂いていたことを知ったから、私たちはその救いの神を信じたのです。
「主はその民を贖い、契約をとこしえに定めた。」この契約は、アブラハム、イサク、ヤコブ、モーセ、ダビデ、イザヤやエレミヤ、そういった無数の信仰者たちと結んできた契約です。私もその契約の民の一人にして頂いた。神の民に加えて頂いた。キリストが私たちを迎えてくださいました。このキリストを、私たちは崇めます。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...