2015年6月7日日曜日

創世記第13章1から18節「ただ神を信頼して生きよ」

「小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。」主イエスの御言葉です。何と慰めに満ちた言葉でしょう!今日、主イエスさまを礼拝する私たちに語りかけてくださっているのです▼創世記第13章に登場するアブラムは、ちょうど私たちが日曜日の礼拝から次の日曜日の礼拝へと旅するのと同じように、礼拝から礼拝へと旅をします。ベテルとアイの間、彼が最初に祭壇を築いて主の御名を呼んだ場所(4節)から、ヘブロンにあるマムレの樫の木のところへ来て住み、そこに主のために祭壇を築きました(18節)。そして、私たちの誰もが礼拝から礼拝の間、即ち週日に経験することを、アブラムは私たちに先立って経験します。甥のロトとの利害関係の対立に苦しむのです。その時彼らはたくさんの財産を持っていて、それぞれの牧童たちの間に争いが起こり、一緒に生きることができなくなってしまいました。彼らを取り囲む世間(7節)には、自分で獲得した物の領分をもっと広くしようとする者がたくさんいました。ロトも同じように考えます。アブラムはそうは考えません。だから、ロトに提案します。「我々は互い親類なのだから、争うのは止めよう。ここで別れよう。我々のどちらが右に行くか左に行くかはお前が決めてくれ」、と。ロトはそう言われて、肥沃な地、しかも大都市ソドムとゴモラがある低地を選んで、そちらへ行きました。ロトの選択は合理的で冷静です。自分や家族や牧童の生活がかかっているのです。得になる方を選ぶのは当然です。せっかくここまで得てきた財産を殖やすために、ロトは最高の場所を選びました。まるでそこは「主の園のよう」だとロトは思いましたし、世間も同じ価値観でした。しかし、本当にそうなのでしょうか。肥沃で豊かな場所をロトは主の園のように見ました。主イエスはおっしゃいました。「小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。」まことの主の園、神の国は小さな群れに与えられると主は言われます。もっと自分の支配領域を獲得しなければならないとは言われないのです▼アブラムはロトとは違う判断をしました。アブラムは徹底して、自分が持っているものはただ神に与えられたものだという信仰を貫きました。財産だけではなく、ロトとの人間関係も同様です。だから、親類と呼びつつ今は別れる自由をも持っていました。やがてロトが窮地に陥ったときには親類として彼を助けに行きます。財産も人間関係も、神が下さったものだからです。アブラムには「さあ、目を上げて・・・(14-17節)」という神の約束しかありません。それだけで良い。神の国を下さる主の約束は、必ず実現するからです。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...