2021年2月23日火曜日

2021年2月23日(詩編63)

詩編63
命のあるかぎり、あなたをたたえ
その名によって、手を高く上げよう。
極上の食物にあずかるように
私の魂は満ち足り
唇は喜び歌い、口は賛美の声を上げます。
私が床であなたを思い起こし
夜回りのとき、あなたに思いをはせるなら
あなたは必ずわが助けとなってくださる。
あなたの翼の陰で、私は喜び歌います。(5~8節)

この詩編は生活者の祈りの言葉だなと思います。私たちと同じようにおいしいものを食べれば嬉しいですし、疲れれば床に入って眠りますが、眠っていられない夜もある。そういう毎日の生活の中で神さまを賛美し、神さまを愛して生きる人の祈りの言葉です。
「極上の食物にあずかるように、私の魂は満ち足り、唇は喜び歌い、口は賛美の声を上げます。」とっても良い言葉です。そうやって神さまを喜び、賛美し続けていきたいと願います。満ち足りた魂で賛美を歌う。まるで極上の食べ物を頂いたときのような満ち足りた心で!神さまは心からの喜びを献げることを、嬉しく思ってくださる方です。
「私は床であなたを思い起こし、夜回りのとき、あなたに思いをはせるなら、あなたは必ずわが助けとなってくださる。」夜、床に入ったときに神さまを思う。床に入っていられるときだけではありません。夜、育児や介護のために起きて世話をする。そういうときに下の世話をしながら神さまを呼ぶ。その祈りを神は聞いていてくださって、わが助けとなってくださる。
神さまを信じると生き方が変わる。箸の上げ下げのしかたも変わる。そう言っている人がいました。おいしいものを食べたときのような喜びで神を賛美し、夜寝るときにも夜中に起きるときにも神さまを呼び求める。私たちの生活の隅々までも神さまに献げ、神さまを私たちの生きている場にお迎えする。それが、私たちの祈りです。

2021年2月27日(詩編68)

詩編68 神に向かって歌え。 その名をほめ歌え。 雲を駆って進む方をたたえよ。 主の名によって、その前に喜び踊れ。 みなしごの父となり やもめの裁き手となるのは 聖なる住まいにいます神。(5~6節) この詩編は、例えば「神の山、バシャンの山、峰を連ねた山、バシャンの山」といった大...