2022年8月5日金曜日

2022年8月5日の聖句

私の神によって城壁を飛び越えることができます。(詩編18:30)
神は私たちに、臆病の霊ではなく、力と愛と慎みの霊を与えてくださいました。(2テモテ1:7)

今日の旧約聖書は詩編第18編の言葉です。表題として「主がダビデをすべての敵の手、またサウルの手から助け出した日、彼はこの歌の言葉を主に語った」となっています。サウルはダビデの前のイスラエルの王ですが、たいへん嫉妬深い人物で、王である自分よりも人望の篤いダビデを執拗に妬み、追い回し、命を狙っていました。ダビデはただただ神さまに助けを求めていました。
そのダビデの祈りの言葉です。「私の神によって城壁を飛び越えることができます。」サウルは城壁に守られた場所に住んでいます。ダビデは命からがら、野宿をしながら落ち延びていました。兵力は圧倒的に負けていますし、何よりも相手は王です。しかしダビデは言います。どんなに高い城壁も、どんなにたくさんの軍勢も、私は神にあって飛び越えることができる。神は必ず私を助けてくださる。そのことを固く信じていたのです。
使徒パウロは言います。「神は私たちに、臆病の霊ではなく、力と愛と慎みの霊を与えてくださいました。」神さまが私に与えてくださったのは、臆病の霊ではない。様々な不安が鳥のように私たちに飛んできます。ダビデが陥ったように、非常につらい状況に追い込まれることもあるし、そういう周囲の状況のために意気消沈してしまうことも私たちにはあります。臆病の霊は私たちの中に巣を作って、住み着こうとします。そのようなとき、私たちは神さまの霊のもとに逃れます。力と愛と慈しみの霊です。神さまは私たちを強くいて、愛を下さいます。力強く、慎みをもって他者を愛することができるのは、神さまの霊が私たちの内に働いていてくださるからです。
臆病と愛は対立する。パウロは言います。神が私たちにお与えになったのは臆病の霊ではない、愛の霊だ。神への信頼と、意欲とをもって私たちは隣人を愛する。それこそが、苦難の日に生きる秘訣だからです。
ダビデも、自分を激しく攻撃するサウロを憎むのではなく、神がお立てになった王として尊重し続けました。この人は、愛する勇気を持っていたのです。私たちも同じ神の霊をいただいています。

2022年8月15日の聖句

義しいものの小屋で喜びをもって勝利が歌われる。「主の右の手は挙げられた。主の正しさは勝利を得た。」(詩編118:15,16) 私の魂は主を称え、私の霊は神、私の救い主を喜びます。(ルカ1:46~47) 今日の新約聖書の御言葉は、主イエスさまを胎に宿した母マリアの賛歌です。「私の魂...