2023年3月24日金曜日

2023年3月24日の聖句

主の言葉:私が繰り返し語り続けてきたのに、あなたがたは聞き従わなかった。(エレミヤ35:14)
イエスの言葉:幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である。(ルカ11:28)

主イエスは私たちの間に神の国をもたらしてくださいました。キリストこそ神の国そのものです。神がここにおられ、神が治める新しい世界が始まっています。キリストは、神の国を神の愛の実りとして見せてくださいました。私たちは神を仰ぎ、神を礼拝し、神の愛の中に生かされていることに気付き、神を愛していきたいと願っています。
「幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である」と主イエスは言われます。ただ聞くだけで終わらせてしまうのではなく、神の言葉を聞いてこれに従うようにと主イエスは言われるのです。なぜなら、主イエスが語りかける御言葉に神の国が始まっているからです。神の愛の国がキリストの言葉の内にもう始まっているから。だからここに生きよ、と主は言われます。
「私が繰り返し語り続けてきたのに、あなたがたは聞き従わなかった。」これは、預言者エレミヤを通して告げられた神様の激しい悲しみの言葉です。なぜ、あなたたちは私に聞き従おうとしないのか、と主は言われます。もう既に、ここに始まっている神の国になぜ生きないのか。主はそのように、悲痛な叫びを上げておられます。
それでは、主なる神様が聞き従えとおっしゃる「言葉」とはどのような言葉でしょうか。預言者エレミヤは、例えばこのように言います。「彼らは姦淫し、偽りの中を歩み、悪をなす者の手を強め、誰も自分の悪から立ち帰らない。(23:14)」ここで言う「姦淫」は、恐らく偶像礼拝のことです。偶像礼拝とは、私たちの欲望を神とすることです。欲望を神としたときに悪が大手を振るい始める。そうすると、孤児や寡婦や在留外国人といった弱者が軽んじられ、強い者におもねり、不正が横行する。そのような悪の根は、まことの神を神としないことです。つまり、私たちがどう生き、またどういう社会を形成するかというのは、私たちがどのように神を畏れ、うやまい、礼拝するかということと一つのことです。だからこそ、神様はわたしの言葉を聞き従えと繰り返しおっしゃるのです。そうでないと、私たちも私たちの社会も壊れてしまうから。
キリストは、私たちの間に神の国をもうすでに始めてくださいました。今日の御言葉はとても厳しい響きを持ちます。しかしそれは、神の国がもう始まっている、神の愛の支配がもうすでにここにあることの裏返しだと思います。キリストは私たちをたった一人でも失うことなく神の国に生かそうと、私たちに御言葉を語り続けてくださっているのです。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...