2024年2月13日火曜日

2024年2月13日の聖句

(主の言葉)「私の聖なる名を汚してはならない。」(レビ22:32)
(イエスの言葉)「私を『主よ、主よ』と呼びながら、なぜ私の言うことを行わないのか。」(ルカ6:46)

心に突き刺さるような厳しい言葉です。「主よ」と私たちは祈ります。神さまを呼び求めます。教会でも、神さまのお名前を口にして語り合います。主イエスは悲しみと憤りを込めておっしゃいます。「私を『主よ、主よ』と呼びながら、なぜ私の言うことを行わないのか。」それはイエス様の聖なるお名前を汚していることに他ならない。厳しい指摘です。しかし恐らく私たちなどが考えるよりも主イエスはずっと厳しい思いでいらしたに違いない。主の聖なるお名前が、私たちの実際の生き方によって汚されていることを深く嘆いておられるに違いない。
主イエスは、「なぜ私の言うことを行わないのか」と言っておられます。私たちの実際の生き方が、聞いていることや祈っていることに矛盾している、裏切っていると指摘しておられるのでしょう。私たちは、信じているとおりに生きているのか。主の言葉に聞いているとおりに生きているのか。
そう言われると、私はすぐに言い訳を始めたくなりますし、なんとかして今のままでもいいような屁理屈をこねたくなります。ある牧師がこんな譬えを出していました。父親が子どもに「早く寝なさい」と言ったとき、子どもがこんなふうに考えたらどうだろう。「お父さんは僕に早く寝なさいと言った。お父さんは僕が寝不足で不健康になるのが嫌なんだ。つまりお父さんは僕が早く寝ることではなくて健康でいることを望んでいる。僕があたかも健康であるかのように生きることがお父さんの願いであって、僕が早く寝るかどうかは関係ないのだ。」父はこんな屁理屈は許しません。しかし、私たちは神さまに対して似たような屁理屈をこねくり回すところがあるのかも知れません。
主イエスは、私たちが単純に主に従って生きることを命じておられます。そうやって私たちが実際に主のお名前を聖なるものとして実際に崇めることを望んでおられます。私たちは主に従う道へと導き出されています。

2024年2月24日の聖句

私はあなたがたに以前にもまさる幸いをもたらす。こうしてあなたがたは私が主であることを知るようになる。(エゼキエル36:11) (パウロの手紙)あなたがたのところに行くときは、キリストの祝福に満ちあふれて行くことになると分かっています。(ローマ15:29) ありがたい言葉です。「私...