2024年4月2日火曜日

2024年4月2日の聖句

わたしは、高く聖なる所に住み、
砕かれた人、へりくだった人とともに住む。
へりくだった人たちの霊を生かし、
砕かれた人たちの心を生かすためである。(イザヤ57:15)
弟子たちがイエスに、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いています」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるために家に入られた。(ルカ24:29)

2000年前の最初のイースターの昼過ぎのこと。エマオ村にある自分たちの家まで歩いていた二人の弟子たち。二人は主イエス・キリストの十字架と復活の出来事を受け止めることができず、いやそもそも理解することもできず、暗い顔をして歩いていました。しかし主ご自身が二人と共に歩んでくださり、聖書の御言葉を説き明かしてくださった。もはや、彼らは自分でも気付かぬうちに心が燃やされ、新しい歩みを始めたのです。
「一緒にお泊まりください。」二人は、共に歩んでくださったのが主イエスだと知らずに、ここまで共に歩んできた同伴者に願いました。「一緒にお泊まりください。」私たちも、そう願う。御言葉を自分に説き明かしてくれる人、福音の言葉を自分に告げてくれる人を私たちも求めています。
「わたしは、高く聖なる所に住み、砕かれた人、へりくだった人とともに住む。」神は、私たちと共にいてくださいます。主イエス・キリストは、今ここで起こっている出来事を理解することができず、戸惑い、暗い顔になるばかりの私たちと共に住んでくださって、私たちが福音に生きることができるように、いつも親しく語りかけてくださっています。実は、私たちの周りにはキリストの福音を証しするさまざまな人や出来事があるのです。この恵みの事実に私たちの心は燃やされている。主イエスさまは私たちを生かすために、私たちと共に歩んでくださいます。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...