2022年1月14日金曜日

2022年1月14日の聖句

主は私たちに大きな業を成し遂げてくださった。私たちは喜んだ。(詩編126:3)
私たちの主イエス・キリストの父なる神が、ほめたたえられますように。神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくださいました。(エフェソ1:3)

主なる神様は、今日も、私たちに大いなる祝福をくださっています。私たちは神が祝福してくださっているという事実の中を生きています。これが私たちの喜びの源泉、私たちの存在の確乎たる土台です。
「神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくだしあました」と言っています。ここにある「あらゆる霊の祝福」というのは、何のことなのでしょうか?「霊の祝福」の反対は、恐らく「肉の祝福」ということになるのだと思います。そうなると、きっと極めて現世的で、あるいは御利益的な祝福を意味することになると思います。
私たちには、商売繁盛や家内安全を求めて祈ることも許されています。仕事ができなければ食べていかれませんし、家族の幸せを願うのは、神が与えてくださった存在を愛おしむ尊い願いです。しかし必要以上に金持ちになることや、自分たち家族以外はどうでも良いという祈りは、神さまはお喜びにはならないでしょう。それに、当座は不幸としか考えられない出来事の中からも神さまは私たちに語りかけておられます。その小さな声を聞き取る耳を持つことは、とても大切です。苦難の中で出会う聖書の御言葉は、何にも替えがたい宝です。それは、キリスト御自身が私たちのために苦しんでくださった方だからです。神さまは苦しむ者と共にいてくださいます。
「私たちの主イエス・キリストの父なる神が、ほめたたえられますように。神はキリストを通して、天上で、あらゆる霊の祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」神は、私たちをキリストを通して祝福してくださいました。霊の祝福を下さいました。霊の祝福は、もしかしたら私たちの目にはっきり見えないこともあるかも知れません。しかし、神さまはあらゆる祝福をキリストにあって私たちに下さっています。キリストの命という祝福です。十字架にかけられたキリストがそのしるしです。「主は私たちに大きな業を成し遂げてくださった。私たちは喜んだ。」主なる神様が私たちのためにしてくださった大きな業、すなわちキリストを私たちに下さった御業、そこに現れた神の大いなる霊の祝福をたたえて、私たちは喜んで今日の一日を歩んでいきます。

2022年1月19日の聖句

貧しい者を嘲る者は自分の造り主をそしる。人の災難を喜ぶ者は罰を免れない。(箴言17:5) 憐れみ深い人々は、幸いである。その人たちは憐れみを受けるからだ。(マタイ5:7) 今回のコロナのことで痛感させられたことの一つは、苦しむ人と私との差は何もない、ということです。いつ、どこで、...