2024年6月4日火曜日

2024年6月3日の聖句

主は言われた。「私の臨在が先立って進み、あなたを安息へ導く。」(出エジプト33:14)
したがって、安息日の休みは、神の民にまだ残されています。(ヘブライ4:9)

主ご自身が私たちと共にいて、そして先立って進み、私たちの行く道を導いてくださいます。私たちは旅人。信仰者は旅する神の民です。この旅は行く当てのないの旅ではありません。私たちには目指すべき行く先があります。私たちは神の国を目指して旅をしている。神の国、それは私たちにとっては全き安息です。私たちは安息に至るための旅を続けている。安息を目指して私たちは今生きている。聖書はそう言うのです。
主の臨在がいつでも、どんなときにも私たちに先立ってくださるというのは、本当にありがたいことです。私たちは神さまと関わりの無いところに向かっていくのではない。必ず神が共にいてくださいます。
しかしそれは、私たちにとって都合の好いことが必ず起こると約束するものではないし、私たちの困難がいつでも取り除かれると保証するものでもない。今は忍耐のときです。神の国へ導き入れられるときを、私たちは忍耐して待たねばならない。神はどうして何もしてくださらないのだとか、神は私をお見捨てになったのかとか、そう思ってしまうことは私たちにも起こるでしょう。しかし、十字架にかけられたキリストはどのようなところにも共にいてくださいます。私たちは神と共に、しかし都合の好い奇跡を当てにせずに生きていきます。全きキリストへの信頼をもって。悲しみの淵にも臨在しておられるキリストの導きに従って。
私たちの旅路の目指す場所には、全き安息があります。それは確実なことです。ですから、神を信じ、キリストを信頼して今日の日を生きていきましょう。キリストが導き入れてくださる安息を待ち望みつつ、今日の日を生きていきましょう。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...