2016年5月19日木曜日

詩編第19篇「天地を創造された神があなたにも働かれる

「天は神の栄光を物語」と始まる前半と「主の律法は完全で」と始まる後半は一見すると別々の詩編であるかのようだ。自然を賛美する前半の詩編と、律法を賛美する後半の詩編、というように。しかし、作者には矛盾していない。なぜか。この人は天や大空を見て、本気で驚いているのだ。その御業に。主の御言葉は、同じ驚きをもたらす。「主の戒めは清らかで、目に光を与える。」どうか私を奢りから引き離し、悪から救ってください、と祈る。

2024年6月17日の聖句

新しい歌を主に歌え。まことに主は奇しき業を成し遂げられた。(詩編98:1)  私たちは皆、この方の満ち溢れる豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを与えられた。(ヨハネ1:16)   私たちの主を賛美する新しい歌は、主の奇しき業から始まります。主がなしてくださった御業に応えて、私た...