2021年9月12日日曜日

2021年9月12日の聖句

主よ、あなたは必ず御覧になって、御手に労苦と悩みをゆだねる人を、顧みてくださいます。(詩編10:14)
病気の子どもの父親はイエスに、「おできになるなら、私どもを憐れんでお助けください」と言った。(マルコ9:22)

この子どもは汚れた霊に苦しめられていました。幼い頃からです。「霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました」と、父親は訴えています。どんなに苦しかったことでしょう。その子も、そして父親や、心配しながら待っていたのであろう母親も。子どもが自分を傷つけている姿は、本当につらかったに違いない。息子を苦しめる汚れた霊を、しかし、これまで誰も追い出すことができなかった。イエスの弟子にもできなかった。それで、父はわらにもすがる思いでイエスに言うのです。「おできになるなら、私どもを憐れんでお助けください。」
すると、イエスは父親に言いました。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」すると父はすぐに叫んで言いました。「信じます。信仰のないわたしをお助けください」と。
私は、信じるというのはこういうことなのだと思います。堂々と、胸を張って「信じます」ということではない。最後の晩餐の席上でのペトロは、そうだったのかもしれません。胸を張って「たとえ、御一緒に死なねばならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決して申しません」と言いました。しかし、その自信はその夜の内に砕かれました。私たちには堂々とイエスさまに宣言できる信仰なんて、ないのかもしれない。しかし、主イエスは「信仰のない私をおたすけください」と訴える信仰を無下にはなさらないのです。イエスはこの息子をいやしてくださいました。
「主よ、あなたは必ず御覧になって、御手に労苦と悩みをゆだねる人を、顧みてくださいます。」それは、自分の不信仰さえも神さまにゆだねる人のことです。自身一杯に神さまの前に立てない私を、そのままに神さまにお委ねする人を、神さまは決して捨てません。あなたの労苦も悩みも、神さまが助けてくださいます。だから、大丈夫です。

2021年9月20日の聖句

私は死ぬことなく、生き長らえて、主の御業を語り伝えよう。(詩編118:17) 生きているのは、もはや私ではありません。キリストが私の内に生きておられるのです。(ガラテヤ2:20) 今日の新約聖書の御言葉は、この部分だけではなく前後も一緒に読んだ方が良い箇所だと思います。このように...